94件中 41 - 50件表示
  • スーパーペガサス

    スーパーペガサスから見た帯広競馬場帯広競馬場

    以後はチャンピオンカップをはじめ北見記念、岩見沢記念を連覇。さらに北斗賞とばんえい記念では3連覇した。ばんえい記念の3連覇は当時史上最強といわれていたキンタローさえも成し得なかった大偉業である。また帯広記念は2005年に制覇した。旭川、岩見沢、北見、帯広の4つの競馬場で行われる記念レースすべてを制覇したのはタカラフジに次いで2頭目の記録である。スーパーペガサス フレッシュアイペディアより)

  • 帯広厚生病院

    帯広厚生病院から見た帯広競馬場帯広競馬場

    1945年(昭和20年)、北海道農業会が帯広市西1条南9丁目にあった「島田病院」を買収して病院を開設した。1948年(昭和23年)に「農業協同組合法」制定に伴い、北海道厚生農業協同組合連合会(JA北海道厚生連)が事業継承して現在に至る。度重なる増築などによる施設の狭あい化と老朽化のため、帯広競馬場南側へ移転新築する予定になっている。帯広厚生病院 フレッシュアイペディアより)

  • ホロトマイケル

    ホロトマイケルから見た帯広競馬場帯広競馬場

    1987年(旧3歳)6月25日に帯広で行われた新馬戦でデビュー。9月には札幌で2連勝を飾る。1988年(旧4歳)には北斗盃で母の無念を晴らすと、王冠賞では2冠を達成。騎乗した佐々木一夫、管理調教師の黒川武、馬主の住吉正は前年のホロトウルフに続いて王冠賞2連覇となった。北海優駿では3着に敗れて3冠はならなかった。11月には初遠征となるダービーグランプリに挑んだが、4着に敗れた。1989年(旧5歳)は重賞2勝(ステイヤーズカップ、金杯)を含む5連勝を決め、第1回ブリーダーズゴールドカップでは3番人気に推されるが、9着に敗れる。1990年(旧6歳)は金杯で2連覇を達成し、ステイヤーズCも2連覇を懸けて挑んだが、タキノニシキ・ホロトウルフの3着に敗れる。2年連続挑戦となったブリーダーズGCでは前年と同じく3番人気に推されるが、6着に敗れる。赤レンガ記念では1番人気に応え、重賞6勝目を挙げる。その後は低迷するが、1993年(旧9歳)の赤レンガ記念で久々の勝利(重賞7勝目)を挙げる。同年引退。ホロトマイケル フレッシュアイペディアより)

  • ササノコバン

    ササノコバンから見た帯広競馬場帯広競馬場

    1992年(旧3歳)5月7日に帯広で行われた新馬戦でデビュー。4戦目の旭川で1番人気に応え、初勝利を挙げる。秋の岩見沢では2連勝を決めた。1993年(旧4歳)は王冠賞・北海優駿の2冠を含む4連勝を決め、ブリーダーズゴールドカップでは地元の期待を集めたが、8着に敗れる。その後は堂山芳則厩舎へ移籍し、初遠征のダービーグランプリで4着と健闘。1994年(旧5歳)から1995年(旧6歳)がピークとなり、常に脚部不安を抱えて万全な仕上げが出来ない中で、11戦連続連対で7勝(重賞6勝:瑞穂賞・道営記念2連覇、ステイヤーズカップ・旭岳賞)を挙げる。この間、第6回ブリーダーズGCを除く10戦はいずれも1番人気に推された。そのブリーダーズGCは中央勢5頭が上位人気を独占したため、ササノコバンは北海道勢最上位の6番人気であった。レースは逃げる3番人気のカリブソングが1番人気のマキノトウショウを競り落として完勝かと思われる中、馬群から1頭だけ猛然と追い詰めて2着に入った。1995年はライブリマウントと人気を二分したが、当日になって持病である左前脚の不安で無念の取消。2年ぶりに参戦した1996年(旧7歳)は地元・地方勢最上位の5番人気に推されたが、ピークを過ぎていたのか5着に終わった。それでも地元勢を含む地方勢最先着となり、連覇を狙ったライブリマウント(8着)に先着。その後は赤レンガ記念で1番人気に推されるも、9歳馬のオースミダイナーから1.5秒離された7着に終わる。このレースを最後に引退。ササノコバン フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木国明

    佐々木国明から見た帯広競馬場帯広競馬場

    1995年10月3日に帯広競馬場で初騎乗、同年11月1日に初勝利。2001年の栄冠賞で重賞初勝利、2005年の北海道2歳優駿でダートグレード競走初勝利。佐々木国明 フレッシュアイペディアより)

  • タキノニシキ

    タキノニシキから見た帯広競馬場帯広競馬場

    1988年(旧3歳)4月20日に帯広で行われた新馬戦でデビュー勝ちを飾ると、8月の岩見沢で2勝目を挙げる。北海道3歳優駿では後にJRAに移籍して皐月賞馬となるドクタースパートの6着。1989年(旧4歳)は北斗盃2着の後、特別戦2連勝を挟んで王冠賞は3着。北海優駿はレコードタイムで勝利し、重賞初制覇を飾る。特別戦2連続2着を挟んで挑んだ道営記念は3着だった。1990年(旧5歳)はステイヤーズカップで2着のホロトウルフを5馬身ちぎって重賞2勝目を挙げると、ブリーダーズゴールドカップではプレジデントシチー(JRA)と接戦を繰り広げ、地元勢を含む地方勢最先着の2着と健闘。1991年(旧6歳)は十勝賞から始動。10頭中9番人気と評価を落としたが、ホロトマイケル・ホロトウルフの3着に入る。旭岳賞をレコードタイムで勝った後、2連覇を狙ったステイヤーズCは4着に敗れ、中央初挑戦となったオールカマーでは11着に大敗。2年連続挑戦となったブリーダーズGCでは12頭中11番人気と低評価だったが、カミノクレッセ・スイフトセイダイの3着に入り、地元勢最先着となった。1992年(旧7歳)は連覇を狙った旭岳賞で2着。3年連続挑戦となったブリーダーズGCで地元・地方最先着の5着に入り、このレースを最後に引退。タキノニシキ フレッシュアイペディアより)

  • 岩見沢記念

    岩見沢記念から見た帯広競馬場帯広競馬場

    岩見沢記念(いわみざわきねん)は、帯広市が帯広競馬場で開催するばんえい競馬の重賞競走。岩見沢記念 フレッシュアイペディアより)

  • 銀河賞

    銀河賞から見た帯広競馬場帯広競馬場

    銀河賞(ぎんがしょう)は、帯広市が帯広競馬場で開催するばんえい競馬の重賞競走である。銀河賞 フレッシュアイペディアより)

  • 馬場状態

    馬場状態から見た帯広競馬場帯広競馬場

    ばんえい競馬では、馬場状態をパーセンテージによる数値(含水率)で「馬場水分」として発表しており、帯広競馬場内の着順掲示板や場内モニターによって周知している。馬場状態 フレッシュアイペディアより)

  • 距離 (競馬)

    距離 (競馬)から見た帯広競馬場帯広競馬場

    ばんえい競走は日本独自の競走である。2013年現在は、公式競技(帯広競馬場1か所のみ)では一律200メートルである。距離 (競馬) フレッシュアイペディアより)

94件中 41 - 50件表示

「帯広競馬」のニューストピックワード