101件中 31 - 40件表示
  • 平井堅

    平井堅から見た私が恋愛できない理由

    私が恋愛できない理由 第1話(フジテレビ、2011年10月17日) - 本人役平井堅 フレッシュアイペディアより)

  • 平井堅

    平井堅から見たゴールドディスク大賞

    ゴールドディスク大賞「ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」(THE CHANGING SAME)平井堅 フレッシュアイペディアより)

  • 平井堅

    平井堅から見たラジかるッ

    インターネット上で、一青窈の歌のピッチを下げると平井堅が歌っているように聞こえることが話題となった。この事は「トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜」「ミュージックステーション」「ラジかるッ」でも紹介され、更に「世界一受けたい授業」では前述のピッチを下げた一青の曲と『瞳をとじて』を使い、音速を上げると一青の歌声になる逆ヴァージョンの紹介もされた。また、ニンテンドーDSiでピッチが変更できる機能が紹介される時にその事が話題となることがある。平井堅 フレッシュアイペディアより)

  • 平井堅

    平井堅から見たFNS27時間テレビ

    2003年の『FNS27時間テレビ〜みんなのうた』内の『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜サザンオールスターズスペシャル』では、桑田・原と共にサザンの『栞のテーマ』をハモり、夢の共演を果たした。さらに、2ndシングル『片方ずつのイヤフォン』の歌詞には“Southern All Stars”が登場し、アルバム『Ken's Bar』ではKUWATA BANDの『ONE DAY』を、『Ken's Bar II』では、桑田佳祐の『白い恋人達』をカバーしている。平井堅 フレッシュアイペディアより)

  • 平井堅

    平井堅から見たベストドレッサー賞

    2001年に第30回ベストドレッサー賞(芸能部門)受賞、2005年にはデビュー10周年を記念し、初の写真集『歌バカ一代』を学研より10万部限定で発売している。平井堅 フレッシュアイペディアより)

  • 平井堅

    平井堅から見たミリオンセラー

    アーティストとして遅咲きではあったが、「楽園」で高まった注目度と「瞳をとじて」などのヒットもあり、ベストアルバムを含め、4作のアルバムがミリオンセラーを記録した。これは男性ソロアーティストとしては、歴代1位の記録である。また、同じ年に発売したシングル・アルバム両方が年間1位になったのはDREAMS COME TRUE、宇多田ヒカル、嵐と平井だけであり、また、年間ランキングでシングル、アルバム共に1位になったアーティストは、この4組とMr.Childrenのみである。平井堅 フレッシュアイペディアより)

  • 平井堅

    平井堅から見たタモリ倶楽部

    タモリ倶楽部(テレビ朝日、2011年5月14日)平井堅 フレッシュアイペディアより)

  • 平井堅

    平井堅から見た研音グループ

    しかし2000年、これが売れなければ契約打ち切りという背水の陣でリリースした8枚目のシングル「楽園」のテレビCMに同じ研音所属の江角マキコが出演した(平井本人からの依頼を受けたもの)ことで問い合わせが殺到し、スポーツ新聞・ワイドショーなどに大きく取り上げられた。このCMは同年1月18日から北海道・福岡県限定で放送されていたものだったが、この反響により全国放送が決定し、またFM各局でも楽曲が注目されて大ヒット。以後ヒット曲を多数リリースする。平井堅 フレッシュアイペディアより)

  • 平井堅

    平井堅から見た三重エフエム放送

    大学在学中から横浜市関内のライブハウス専属の歌手等で活動する傍ら、Sony Music Entertainment Auditionに自作ビデオを応募し、入選したのをきっかけに1993年よりソニーレコードと契約。1995年にCDデビュー。1枚目のシングル「Precious Junk」はフジテレビドラマ『王様のレストラン』(三谷幸喜作品)のタイアップであったものの、オリコン最高50位と振るわなかった。その後も目立ったヒット曲に恵まれず、一時期はシングルの出荷枚数が1万枚以下という時期さえあった。この間は、地元FM三重の番組でパーソナリティをつとめたり、デビュー翌年には『オールナイトニッポン』のジングルを担当していたこともあった。平井堅 フレッシュアイペディアより)

  • 平井堅

    平井堅から見たニッポン放送

    平井堅のオールナイトニッポン(2008年3月10日、ニッポン放送平井堅 フレッシュアイペディアより)

101件中 31 - 40件表示