36件中 11 - 20件表示
  • 平井将生

    平井将生から見た伊藤博幹

    地元の徳島県でサッカーを始め、高校進学の際プロサッカー選手になるべく、中学まで過ごした故郷の徳島を離れ、ガンバ大阪のユースチームでプレーするために単身大阪へと渡った。ユース時代の3年次には前十字じん帯断裂という大怪我に見舞われるが、クラブは将来性と才能を見込んでトップ契約を結び、2006年にガンバ大阪ユースからトップチームに昇格。この年に同時に昇格した6人組(平井、安田理大、横谷繁、植田龍仁朗、伊藤博幹、岡本英也)にはクラブによって「G6」という愛称がつけられていた。平井将生 フレッシュアイペディアより)

  • 平井将生

    平井将生から見た徳島市

    平井 将生(ひらい しょうき、1987年12月4日 - )は、徳島県徳島市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。ポジションはフォワード。平井将生 フレッシュアイペディアより)

  • 平井将生

    平井将生から見たヴィッセル神戸

    Jリーグ初出場 - 2008年4月27日 J1第8節 vsヴィッセル神戸 (ホームズスタジアム神戸)平井将生 フレッシュアイペディアより)

  • 平井将生

    平井将生から見たFUJI XEROX SUPER CUP

    2007年、当時の西野朗監督から一番好きだという背番号「14」を与えられ、メディアからは「浪速のアンリ」と呼ばれるようになる。この年、ゼロックススーパーカップに出場したが、リーグ戦では出場機会を得られなかった。2008年にリーグ戦初出場を果たし、7月2日のナビスコ杯準々決勝横浜F・マリノス戦で公式戦初ゴールを挙げた。将来のエースストライカー候補としてクラブからの期待は大きく、2009年に5年間の長期契約を結んだ。平井将生 フレッシュアイペディアより)

  • 平井将生

    平井将生から見たアルビレックス新潟

    2012年よりアルビレックス新潟へ期限付き移籍。しかし新潟ではなかなか結果を出せずにチームも低迷。開幕当初は先発出場も多かったが次第に途中出場が多くなり、最終的にリーグ戦21試合に出場(うち先発4試合)して無得点に終わった。残留争いが佳境に入った25節以降の出場時間はわずか3分、30節以降の終盤4試合はベンチ入りメンバーからも外れた。この成績から新潟社長の田村貢からも「今年のFW補強は失敗」と断言されるが、本人は「試合には出られなかったが充実していた」とコメントを残した。平井将生 フレッシュアイペディアより)

  • 平井将生

    平井将生から見たベガルタ仙台

    Jリーグ初得点 - 2010年3月28日 J1第4節 vsベガルタ仙台 (万博記念競技場)平井将生 フレッシュアイペディアより)

  • 平井将生

    平井将生から見た阿波踊り

    徳島県出身であることから、ゴールパフォーマンスは阿波踊り平井将生 フレッシュアイペディアより)

  • 平井将生

    平井将生から見た2009年

    2007年、当時の西野朗監督から一番好きだという背番号「14」を与えられ、メディアからは「浪速のアンリ」と呼ばれるようになる。この年、ゼロックススーパーカップに出場したが、リーグ戦では出場機会を得られなかった。2008年にリーグ戦初出場を果たし、7月2日のナビスコ杯準々決勝横浜F・マリノス戦で公式戦初ゴールを挙げた。将来のエースストライカー候補としてクラブからの期待は大きく、2009年に5年間の長期契約を結んだ。平井将生 フレッシュアイペディアより)

  • 平井将生

    平井将生から見た2008年のJリーグカップ

    2007年、当時の西野朗監督から一番好きだという背番号「14」を与えられ、メディアからは「浪速のアンリ」と呼ばれるようになる。この年、ゼロックススーパーカップに出場したが、リーグ戦では出場機会を得られなかった。2008年にリーグ戦初出場を果たし、7月2日のナビスコ杯準々決勝横浜F・マリノス戦で公式戦初ゴールを挙げた。将来のエースストライカー候補としてクラブからの期待は大きく、2009年に5年間の長期契約を結んだ。平井将生 フレッシュアイペディアより)

  • 平井将生

    平井将生から見た徳島県

    平井 将生(ひらい しょうき、1987年12月4日 - )は、徳島県徳島市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。ポジションはフォワード。平井将生 フレッシュアイペディアより)

36件中 11 - 20件表示

「平井将生」のニューストピックワード