118件中 61 - 70件表示
  • 平原綾香

    平原綾香から見た惑星 (組曲)

    2003年(平成15年)12月17日、イギリスの作曲家・ホルスト(G. Holst)の組曲「惑星」の第4曲「木星 快楽をもたらす者」 (Jupiter,the bringer of Jollity) を原曲としたシングル「Jupiter」(作詞:吉元由美、編曲:坂本昌之)でデビュー。この楽曲はTBS系列ドラマ「3年B組金八先生(第7シリーズ)」の挿入歌などとして使われた。なお、CDデビューにあたって、ホルストの原曲に日本語の歌詞をのせて歌うことを提案したのは平原綾香自身である。また、歌詞の一部には、平原綾香自らが書いた言葉“私の両手で何ができるの?”“ありのままでずっと愛されている”“いつまでも歌うわあなたのために”などが織り込まれている。平原綾香 フレッシュアイペディアより)

  • 平原綾香

    平原綾香から見た四日間の奇蹟

    2005年(平成17年)には、音楽大学に通いながら、ファーストコンサートツアーを実施し、全国の主要都市でライブを行なった。同年12月31日、第56回NHK紅白歌合戦に「明日」で出場。同曲は、テレビドラマ「優しい時間」の主題歌でもある。原作者の倉本聰自らがこの曲を耳にしたことから起用が決まった。このことがきっかけで、作詞:倉本聰、作曲:平原綾香というコラボレーションで、「あの道で」という曲が完成した。同年5月、映画「四日間の奇蹟」の主題歌として「Eternally」をリリースした。平原綾香 フレッシュアイペディアより)

  • 平原綾香

    平原綾香から見た第59回NHK紅白歌合戦

    2008年(平成20年)12月31日に行われた第59回NHK紅白歌合戦に5回連続出場を果たし、英語詞である「ノクターン」を歌い、字幕では日本語訳が放送された。また、歌唱直前には「風のガーデン」が遺作となった俳優・緒形拳の追悼シーンも流れ、「名優・緒形拳さんに捧げる歌声」と表示された。平原綾香 フレッシュアイペディアより)

  • 平原綾香

    平原綾香から見たバレエ

    平原は6歳の時からバレエを始め、松山バレエ団に11年間所属し、ステージでクラシックバレエを踊った経験もある。13歳の時にアルトサックスを手にし、高校の音楽科でクラシックのサックスを学んだ。デビューのきっかけは、高校の文化祭の時に、ミュージカル・「天使にラブソングを2」でリタ役を演じ「Joyful Joyful」を歌い、ドリーミュージックの社長の目に留まったことからである。平原綾香 フレッシュアイペディアより)

  • 平原綾香

    平原綾香から見たドラマ

    2003年(平成15年)12月17日、イギリスの作曲家・ホルスト(G. Holst)の組曲「惑星」の第4曲「木星 快楽をもたらす者」 (Jupiter,the bringer of Jollity) を原曲としたシングル「Jupiter」(作詞:吉元由美、編曲:坂本昌之)でデビュー。この楽曲はTBS系列ドラマ「3年B組金八先生(第7シリーズ)」の挿入歌などとして使われた。なお、CDデビューにあたって、ホルストの原曲に日本語の歌詞をのせて歌うことを提案したのは平原綾香自身である。また、歌詞の一部には、平原綾香自らが書いた言葉“私の両手で何ができるの?”“ありのままでずっと愛されている”“いつまでも歌うわあなたのために”などが織り込まれている。平原綾香 フレッシュアイペディアより)

  • 平原綾香

    平原綾香から見た詩島

    また、父・まことはさだまさしのバックメンバーも務めたことがあることから、さだのファンでもあり、さだ司会のNHKの深夜番組へスケジュールを押してまで参加するほどである。さだによれば子供の頃には、親子でさだが所有する詩島に遊びに来ていたとのこと。2006年8月6日のさだまさしの平和祈念コンサート「夏・長崎から ファイナル」にも出演し、さだの「向い風」などを歌ったほか、さだのデビュー35周年記念トリビュート・アルバムにも参加している。さだ以外にも、父の縁で小田和正や谷村新司などのミュージシャンとも知己の関係である。平原綾香 フレッシュアイペディアより)

  • 平原綾香

    平原綾香から見たトランペット

    父・平原まことは現役マルチリード奏者。祖父・平原勉はトランペット奏者。母方は広島の出身。姉・aika(平原愛花)も歌手・サックス奏者。平原綾香 フレッシュアイペディアより)

  • 平原綾香

    平原綾香から見た日本

    平原 綾香(ひらはら あやか、1984年5月9日 - )は、日本の女性シンガーソングライター、サックス奏者である。所属レコード会社はドリーミュージック。平原綾香 フレッシュアイペディアより)

  • 平原綾香

    平原綾香から見た山古志村

    2007年(平成19年)12月、新潟県中越地震をモチーフにした映画「マリと子犬の物語」が公開された。この主題歌を依頼され、「今、風の中で」を作詞し、CDリリースとともに長岡市山古志地区でも歌った。「Jupiter」に続き、同地区を中心とした新潟の被災者にもエールをおくり続け、復興に際し精神的なサポートとなっている。同年12月31日に行われた第58回NHK紅白歌合戦では、同地区からの中継を交え、「Jupiter」のアレンジバージョンを歌った。平原綾香 フレッシュアイペディアより)

  • 平原綾香

    平原綾香から見た歌詞

    2003年(平成15年)12月17日、イギリスの作曲家・ホルスト(G. Holst)の組曲「惑星」の第4曲「木星 快楽をもたらす者」 (Jupiter,the bringer of Jollity) を原曲としたシングル「Jupiter」(作詞:吉元由美、編曲:坂本昌之)でデビュー。この楽曲はTBS系列ドラマ「3年B組金八先生(第7シリーズ)」の挿入歌などとして使われた。なお、CDデビューにあたって、ホルストの原曲に日本語の歌詞をのせて歌うことを提案したのは平原綾香自身である。また、歌詞の一部には、平原綾香自らが書いた言葉“私の両手で何ができるの?”“ありのままでずっと愛されている”“いつまでも歌うわあなたのために”などが織り込まれている。平原綾香 フレッシュアイペディアより)

118件中 61 - 70件表示

「平原綾香」のニューストピックワード