38件中 11 - 20件表示
  • 佐々重

    佐々重から見た平和不動産平和不動産

    2007年(平成19年)10月に、建て替えの必要がでてきた自社ビルを平和不動産に売却し、長年営業を続けた大町を離れることになった。佐々重ビルは一番町平和ビルと改称され、再開発の対象となり、跡地に「新・一番町平和ビル(仮称)」が建築される予定になった。解体・基礎工事が進まなかったこともあり、当初予定から遅れることとなり、2011年8月竣工を予定していたが、東日本大震災の影響により2012年1月竣工・2月プレオープン・3月ショッピングエリアフルオープンとなった。佐々重は平和不動産からの賃借で2009年(平成21年)1月31日まで旧店舗で営業を続け、その後本町に店舗を移して2月20日に営業を再開した。その後、2009年6月に佐々重はサンシティから広瀬通りに面した更地を購入した。用途は未定だが、売却はいわゆる「仙台ミニバブル」の頂点で、購入はその下落後である。佐々重 フレッシュアイペディアより)

  • 山吉証券

    山吉証券から見た平和不動産平和不動産

    破綻に至る端緒は、1990年から1991年にかけての平和不動産の仕手戦に巻き込まれた(約15億円の株式買付代金が回収できなかった)ことによる。その後、1991年と1993年に大株主の第一勧業銀行、大和証券からの役員派遣、増資を受けたが、折からの株価下落による手数料収入の低下により業績は回復しなかった。山吉証券 フレッシュアイペディアより)

  • 角谷正彦

    角谷正彦から見た平和不動産平和不動産

    2006年(平成18年)6月 平和不動産株式会社監査役角谷正彦 フレッシュアイペディアより)

  • ラブレター (2008年のテレビドラマ)

    ラブレター (2008年のテレビドラマ)から見た平和不動産平和不動産

    ロケ協力 - 香川県小豆島町、土庄町、鹿島荘グループ、瀬戸内観光汽船、香川フィルムコミッション、千葉県南房総市、館山市、館山市布良漁業協同組合、館山市相浜漁業協同組合、東京都福生市、福生市立中央図書館、二十四の瞳映画村、平和不動産、シーサイドウェディング リビエララブレター (2008年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 是川銀蔵

    是川銀蔵から見た平和不動産平和不動産

    相場師として市場で話題となったのは、すでに晩年となった昭和50年代に入ってからで1976年の日本セメント、1979年の同和鉱業、1982年の不二家、1983年の丸善石油、平和不動産の株買い占め、仕手戦で名前が知られた。最も良く知られたものは1981年から1982年にかけての住友金属鉱山の仕手戦であった。是川銀蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県立宇治山田高等学校

    三重県立宇治山田高等学校から見た平和不動産平和不動産

    井阪健一 - 前大阪経済大学理事長、元野村証券副社長、元東京証券取引所副理事長、平和不動産相談役・前社長三重県立宇治山田高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • セントライズ栄

    セントライズ栄から見た平和不動産平和不動産

    名古屋証券取引所が入っていた旧名古屋証券ビルと名古屋証券会館跡地の再開発プロジェクトとして平和不動産によって建設された複合ビルで安藤忠雄と三菱地所設計が設計を担当。名古屋市建築物環境配慮制度(CASBEE名古屋)の最高ランクであるSランクを取得している。セントライズ栄 フレッシュアイペディアより)

  • 林輝太郎

    林輝太郎から見た平和不動産平和不動産

    1948年(昭和23年)集団売買の時代に平和不動産株10株を92円50銭で買い、利益をあげたのが相場師としての始まりとなる。林輝太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 東京証券ビル本館

    東京証券ビル本館から見た平和不動産平和不動産

    同所は第二次世界大戦中に日本証券取引所として統合されたので同所の所有となることを経て、連合国軍最高司令官総司令部の命による同所解散後はその施設を引き継がせる趣旨より設立された平和不動産会社が所有・運営にあたることとなった。また1946年(昭和21年)6月よりは同指令部が接収の上、当初はエクスチェンジホテルとして、後には極東海軍総司令部となしていたのであったが、1952年(昭和27年)12月27日解除となったので、接収中に破壊された設備等を修理の上、同所を引き継いだ東京証券取引所が翌1953年(昭和28年)6月1日より賃借する運びとなったのであった。東京証券ビル本館 フレッシュアイペディアより)

  • 布佐平和台

    布佐平和台から見た平和不動産平和不動産

    なだらかな丘陵地域であったが、平和不動産株式会社により開発・造成され、1976年(昭和51年)9月より宅地分譲が、1977年3月に戸建住宅分譲が開始された。総開発面積約52万平方メートル、総住宅戸数は1,847戸(戸建住宅1,400戸、マンション447戸)である(2006年現在)。分譲時には以下の4つの条件が提示され住民はこれに同意して購入するという方法がとられた。その条件とは、布佐平和台 フレッシュアイペディアより)

38件中 11 - 20件表示