前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示
  • 朝庭

    朝庭から見た平城宮平城宮

    朝庭に常置されていた版位とは、朝政の際、官司(官庁および官人組織)内での日常的な執務や官司相互の連絡などにあたって、朝堂内の朝座に着座している他の官人に対して報告したり、上司にあたる官の指示や命令を受けたりするさい、官人たちが立ち定まるべき位置を示すために設けられたものであった。平安宮(大内裏)の場合、朝堂は12堂あったが、『延喜式』(927年(延長5年)完成、967年(康保4年)施行)によれば、親王たちの朝座のある延休堂をのぞく他の11堂の前や後ろに、それぞれの官司ごとに「公事」「私事」と記された版位が1枚ずつ2枚1組で置かれることとなっていた。平城宮跡からは、朝庭からではなく「磚積官衙」(せんづみかんが)と呼ばれる遺構から出土した2点の黄褐色の磚(煉瓦)で、それぞれ上面に「公事」「私事」と刻された一辺の長さがおよそ24センチメートルから27センチメートル程度(推計)の正方形の面をもつ直方体の一部が出土している。これは朝堂院外の「曹司」と呼ばれる役所の版位と思われるが、橋本義則は『年中行事絵巻』(宮内庁所蔵)に描かれた版位も参照して、朝庭の版位もだいたい似たようなものではなかったかと推測している。朝庭 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良文化財研究所

    奈良文化財研究所から見た平城宮平城宮

    奈良文化財研究所(ならぶんかざいけんきゅうしょ)は独立行政法人国立文化財機構の一部門。古都奈良の文化財、埋蔵文化財の研究や平城宮跡、藤原宮跡の発掘調査も手がける。また奈良市や明日香村に資料館などを公開している。略称、奈文研(なぶんけん)。現所長は松村恵司(元文化庁文化財鑑査官)。奈良文化財研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄奈良線

    近鉄奈良線から見た平城宮平城宮

    また、文化庁による平城宮跡の整備事業計画には宮内を横断している奈良県道104号谷田奈良線および近鉄奈良線の移設が盛り込まれており、将来的には大和西大寺駅周辺を含め、地下化もしくは移設される可能性がある。近鉄奈良線 フレッシュアイペディアより)

  • 平城京

    平城京から見た平城宮平城宮

    平城宮(内裏)は朱雀大路の北端に位置し、そこに朱雀門が設置された。平城宮は平城京造営当初から同じ位置に存在した。その中心建物である大極殿は740年の遷都の際に取り壊され、後に旧位置の東側に再建された。朱雀大路の南端には羅城門があり、九条大路の南辺には京を取り囲む羅城があった。ただし、実際には羅城は羅城門に接続する極一部しか築かれなかったのではないかとする説が有力である。平城京 フレッシュアイペディアより)

  • 紀清人

    紀清人から見た平城宮平城宮

    聖武朝では、右京亮・治部大輔・文章博士を歴任し、この間の天平15年(743年)正五位下に叙せられている。天平16年(744年)2月に聖武天皇が恭仁京から難波京に遷都した際に平城宮の留守役を務めた。また、同年7月にはかつて父・国益と紀男人との間の奴婢所有をめぐった争いに対する裁判の結果、奴婢は清人の所有となり、清人は上表して奴婢を良民としている。同年11月従四位下に昇叙。天平18年(746年)年正月の元正上皇の御在所の肆宴で応詔歌を詠み、この作品が『万葉集』に採録されている。同年5月武蔵守。紀清人 フレッシュアイペディアより)

  • 朝堂院

    朝堂院から見た平城宮平城宮

    朝堂は、天子が早朝に政務をみる朝政をはじめとする庶政や臣下参列のもと国儀大礼をおこなう重要な庁舎で、聖武天皇の代の後期難波宮(難波京)と長岡宮では8堂、藤原宮・恭仁宮および平安宮では12堂であったが、前期難波宮(難波長柄豊碕宮)では少なくとも14堂以上の朝堂があったことを確認している。平城宮の朝堂院は前半・後半を通じて2つのタイプが並列しており、1つは12堂の従来型の朝堂区域ともう1つは饗宴など朝儀に特化したであろうと推定される4堂からなる朝堂区域である。8堂以上の朝堂をもつ朝堂院は、いずれの場合も中軸線をはさんでL字状ないし逆L字状の線対称に朝堂の殿舎が配置され、全体としては「コ」の字状の平面形となった。朝堂院 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県道104号谷田奈良線

    奈良県道104号谷田奈良線から見た平城宮跡平城宮

    平城宮跡(遺構展示館、第一次大極殿、平城宮跡資料館)奈良県道104号谷田奈良線 フレッシュアイペディアより)

  • 平城・相楽ニュータウン

    平城・相楽ニュータウンから見た平城宮平城宮

    平城宮造営の際の瓦窯跡、古墳、役の行者像のある行者の道等の歴史的風土・景観を生かすため、奈良市内から景観を確認したうえで平城宮跡・東大寺二月堂から見通せる平城地区南西部の尾根4ヶ所(114,000m²)は緑地とし、平城宮関連の瓦窯跡などの文化財については京都府教育委員会・奈良県教育委員会に発掘調査を委託。 また、平城地区は奈良県の開発技術指導要綱の施工面積に対する公園・緑地割合を12%以上にするようにという条件に合うよう公園・緑地の基本設計を行い、相楽地区も隣接する旧集落への配慮から緑地を設ける。平城・相楽ニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • 藤原真夏

    藤原真夏から見た平城宮平城宮

    弘仁3年(812年)本官に復帰し、同13年(822年)には従三位に昇叙。弘仁14年(823年)4月平城上皇が平城宮の諸司を停止し、少数残っていた平城宮の官人を朝廷に返却した際、諸司停止の書状を朝廷に届ける使いを、あるいは同年5月に平城上皇が太上天皇の尊号を除くことを請う書状を淳和天皇に提出した際も同様に使者を務める等、平城上皇の最晩年までその近臣として上皇と朝廷との間を取り持つ役割を担った。藤原真夏 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た平城宮平城宮

    『招提寺建立縁起』(『諸寺縁起集』所収)に、寺内の建物の名称とそれらの建物は誰の造営によるものであるかが記されている。それによると、金堂は鑑真の弟子でともに来日した如宝の造営、食堂(じきどう)は藤原仲麻呂家の施入(寄進)、羂索堂(けんさくどう)は藤原清河家の施入であった。また、講堂は、平城宮の東朝集殿を移築改造したものであった。金堂の建立年代には諸説あるが、おおむね8世紀末と推定され、鑑真の没後に建立されたものである。唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示

「平城宮跡」のニューストピックワード