99件中 11 - 20件表示
  • 年料舂米

    年料舂米から見た平城宮平城宮

    田令によれば、田租として納められた稲穀は一旦正倉として納められて正税とされたが、そのうちの一部を租を納める農民の個人負担により精米して所属する国に対して指定された時期(2-8月)に都へと運び(後に民部省式によって官による運送費の支給が定められる)、朝廷の大炊寮に貢進して京官官人の常食(月給)に充てられた。当初は田令の規定通り田租の一部が貢進されたが、田租を不動穀として備蓄する制度が始まると、国司による出納が許されていた動用正税の中から出挙が行われ、それによって得られた利息の一部を田租に替わって年料舂米にあてるようになった。正税帳や平城宮跡から発掘された木簡などによって、天平年間にはシステムとして確立されていたこと、貢進は5斗(1俵)単位で行われたこと、馬を用いて輸送する場合には1頭あたり3俵を運ぶと決められていたことが判明している。年料舂米 フレッシュアイペディアより)

  • 平城宮跡

    平城宮跡から見た平城宮平城宮

    平城宮跡 フレッシュアイペディアより)

  • 朝儀

    朝儀から見た平城宮平城宮

    奈良時代において、1.は天皇が大極殿に御し、大極殿門をはさんで朝廷には文武百官が列を組んで立ち並ぶかたちとなり、2.は大極殿門に天皇が出御し、朝堂が臣下のいる場所となった。平城宮におけるこの2つの形態は、平安時代の大内裏にも継承され、1.は朝堂院、2.は豊楽院にて執りおこなわれることとなった。朝儀 フレッシュアイペディアより)

  • 黄文子老

    黄文子老から見た平城宮平城宮

    黄文子老は、平城宮跡で発掘された、式部省の人事考課で用いられた木簡に記されるのみである。木簡には「五番位子 少初位下黄文子老年 霊亀二年出」と書かれていた。黄文子老 フレッシュアイペディアより)

  • 文化財研究所

    文化財研究所から見た平城宮平城宮

    1952年に平城宮跡が特別史跡に指定されたことにともない、同年4月奈良市春日野町で奈良文化財研究所として発足した。文化財研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 田中稔 (歴史学者)

    田中稔 (歴史学者)から見た平城宮平城宮

    愛知県知多郡阿久比村(現在の阿久比町)出身。愛知県第一中学校から海軍兵学校に進むが、戦後改めて第八高等学校に進んだ。1952年に東京大学文学部国史学科を卒業、文化財保護委員会(後の文化庁文化財保護部)に務め、平城宮発掘調査に携わった。その後、国立歴史民俗博物館の立ち上げに参加して1981年に同教授となる。東大寺などをはじめとする畿内寺社の古文書研究や鎌倉時代の制度史に関する研究を進め、中世古文書学の発展に尽くしたが、1991年に没した。田中稔 (歴史学者) フレッシュアイペディアより)

  • 坪井清足

    坪井清足から見た平城宮平城宮

    平城宮』 中央公論美術出版、1977年坪井清足 フレッシュアイペディアより)

  • ウワナベ古墳

    ウワナベ古墳から見た平城宮平城宮

    ウワナベ古墳とは奈良市の平城宮跡北方、法華寺町に存在する前方後円墳。宇和奈邊古墳とも綴られる。付近に存在する大小60あまりの古墳集団である佐紀盾列古墳群(ウワナベ古墳群)の東端に位置している。ウワナベ古墳 フレッシュアイペディアより)

  • キャンプ・カー駅

    キャンプ・カー駅から見た平城宮平城宮

    キャンプ・カー駅(キャンプ・カーえき)は、奈良県奈良市にあった近畿日本鉄道奈良線の駅(廃駅)である。平城宮跡朱雀門付近に存在していた臨時駅で、太平洋戦争後、進駐軍キャンプが近くに置かれ、軍関係者の利用目的で設置されていた。キャンプ・カー駅 フレッシュアイペディアより)

  • 檜扇

    檜扇から見た平城宮平城宮

    桧扇が発明されたと考えられているのは、奈良時代の終わりから平安時代の初めにかけてとなる。儀式次第などの覚書を木簡に書いて持ち運ぶ必要があった役人たちによって考案されたものではないかという説が有力である。重要文化財の指定を受けている壬生家伝来の中世の二握の檜扇には、それぞれ春日行幸の儀式次第と内裏上棟の儀式次第が描きつけられている。また、平城宮跡東方宮衙から木釘や紐で要を留めた十二握の檜扇が出土しており、こちらには手習いの文字などらしき墨の跡が遺されている。檜扇 フレッシュアイペディアより)

99件中 11 - 20件表示

「平城宮跡」のニューストピックワード

  • 2016秋 平城京天平祭

  • ゴルフをやってきて、今日ほど緊張したことはありませんでした

  • 206ランクアップ/女子世界ランキング