141件中 11 - 20件表示
  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た平城宮平城宮

    『招提寺建立縁起』(『諸寺縁起集』所収)に、寺内の建物の名称とそれらの建物は誰の造営によるものであるかが記されている。それによると、金堂は鑑真の弟子でともに来日した如宝の造営、食堂(じきどう)は藤原仲麻呂家の施入(寄進)、羂索堂(けんさくどう)は藤原清河家の施入であった。また、講堂は、平城宮の東朝集殿を移築改造したものであった。金堂の建立年代には諸説あるが、おおむね8世紀末と推定され、鑑真の没後に建立されたものである。唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原真夏

    藤原真夏から見た平城宮平城宮

    弘仁3年(812年)本官に復帰し、同13年(822年)には従三位に昇叙。弘仁14年(823年)4月平城上皇が平城宮の諸司を停止し、少数残っていた平城宮の官人を朝廷に返却した際、諸司停止の書状を朝廷に届ける使いを、あるいは同年5月に平城上皇が太上天皇の尊号を除くことを請う書状を淳和天皇に提出した際も同様に使者を務める等、平城上皇の最晩年までその近臣として上皇と朝廷との間を取り持つ役割を担った。藤原真夏 フレッシュアイペディアより)

  • 山城国分寺跡

    山城国分寺跡から見た平城宮平城宮

    京都府南部、木津川北岸の瓶原に位置する。聖武天皇の詔で創建された国分僧寺の遺構に比定され、当地で営まれていた恭仁京の廃都後、宮跡が国分寺に造り替えられて建立された特異な例になる。建立に際しては恭仁宮大極殿(元は平城宮第1次大極殿)が金堂に転用されるとともに、七重塔などの建物が新たに造営された。現在は金堂基壇・塔基壇を遺存する。山城国分寺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 平城宮跡

    平城宮跡から見た平城宮平城宮

    平城宮跡 フレッシュアイペディアより)

  • 平城電気軌道

    平城電気軌道から見た平城宮平城宮

    平城電気軌道(へいじょうでんききどう)とは、1910年(明治43年)に計画された鉄道である。王寺停車場を起点とし、法隆寺・法輪寺・法起寺・慈光院・郡山城跡・薬師寺・唐招提寺・大極殿跡(平城宮跡)・法華寺などをつなぎ、若草山の南中腹まで達する路線であった。1913年に計画却下。平城電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 贖労銭

    贖労銭から見た平城宮平城宮

    なお、平城宮の発掘調査によって神亀年間に贖労銭が行われたことを示す木簡が発見されており、それによれば贖労銭の納入額は1人あたり500文が原則であったとみられている。贖労銭 フレッシュアイペディアより)

  • 朝集殿

    朝集殿から見た平城宮平城宮

    朝集殿の遺構として確認される最古は難波長柄豊碕宮の朝集殿であり、難波宮跡の発掘調査において検出している。以後、朝集殿は藤原宮、平城宮、長岡宮、平安宮(大内裏)でも設けられている。いずれも、朝堂南門の前方左右に2堂1対が設けられた。それぞれ、「東朝集殿」「西朝集殿」のように呼ばれた。建物は、東朝集殿・西朝集殿ともに南北方向を長軸として互いに向き合うかたちで配置され、回廊を通じて大極殿や朝堂の一郭と通じていた。朝集殿 フレッシュアイペディアより)

  • 年料舂米

    年料舂米から見た平城宮平城宮

    田令によれば、田租として納められた稲穀は一旦正倉として納められて正税とされたが、そのうちの一部を租を納める農民の個人負担により精米して所属する国に対して指定された時期(2-8月)に都へと運び(後に民部省式によって官による運送費の支給が定められる)、朝廷の大炊寮に貢進して京官官人の常食(月給)に充てられた。当初は田令の規定通り田租の一部が貢進されたが、田租を不動穀として備蓄する制度が始まると、国司による出納が許されていた動用正税の中から出挙が行われ、それによって得られた利息の一部を田租に替わって年料舂米にあてるようになった。正税帳や平城宮跡から発掘された木簡などによって、天平年間にはシステムとして確立されていたこと、貢進は5斗(1俵)単位で行われたこと、馬を用いて輸送する場合には1頭あたり3俵を運ぶと決められていたことが判明している。年料舂米 フレッシュアイペディアより)

  • 日本考古学協会

    日本考古学協会から見た平城宮跡平城宮

    高度成長期に入ると各地で開発が進み、多数の遺跡が消滅していった。その中で、本会は千葉県の加曾利貝塚と奈良県の平城宮跡の保存運動を他の文化財保護団体などと協力して推進し、保存することに成功した。また、この頃から地方公共団体では公共事業に伴い緊急発掘調査を実施し、埋蔵文化財の記録保存を行う所が増大し、地方自治体の埋蔵文化財担当の専門職員が多数採用された。これに伴い、本会の会員数も激増する。日本考古学協会 フレッシュアイペディアより)

  • 犬上王

    犬上王から見た平城宮平城宮

    和銅元年(708年)3月に宮内卿に任ぜられ、同年10月には平城宮の造営を報告するために伊勢神宮への奉幣を勤めている。和銅2年(709年)6月28日卒去。最終官位は散位正四位下。犬上王 フレッシュアイペディアより)

141件中 11 - 20件表示

「平城宮跡」のニューストピックワード

  • かぞくいろ−RAILWAYS わたしたちの出発−

  • 一からチャレンジしたいという気持ちが強かった

  • 自分が出ることを、色んな人が重く受け止めて欲しい