99件中 21 - 30件表示
  • ナラノヤエザクラ

    ナラノヤエザクラから見た平城宮平城宮

    奈良県 - 奈良市 - 古都奈良の文化財(平城宮、春日山原始林、興福寺、東大寺、奈良公園)ナラノヤエザクラ フレッシュアイペディアより)

  • 行進曲「南を守る鳥」

    行進曲「南を守る鳥」から見た平城宮平城宮

    「南を守る鳥」とは「朱雀」のことをいう。これは、奈良県奈良市にある平城宮跡の朱雀門の事を指す。作曲者の酒井はこの朱雀門のイメージから作曲した。また「行進曲」と称しているが、実際には行進曲的な要素はそんなになく、従来の行進曲とは大きく違い、コンサートマーチの要素が強くなっている。行進曲「南を守る鳥」 フレッシュアイペディアより)

  • なら・シルクロード博覧会

    なら・シルクロード博覧会から見た平城宮平城宮

    平城宮跡会場以外は奈良公園周辺の会場で行われた。なら・シルクロード博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 高御座

    高御座から見た平城宮平城宮

    平城京では平城宮の大極殿に、平安京では平安宮(大内裏)の大極殿、豊楽殿、のちに内裏の紫宸殿に安置され、即位・朝賀・蕃客引見(外国使節に謁見)など大礼の際に天皇が着座した。内裏の荒廃した鎌倉時代中期よりのちは京都御所紫宸殿へと移された。高御座 フレッシュアイペディアより)

  • 百万塔

    百万塔から見た平城宮平城宮

    天平宝字8年(764年)の恵美押勝の乱を受けて、称徳天皇が『無垢浄光大陀羅経』の所説に従って神護景雲年間を中心とした時期に製作された。『続日本紀』宝亀元年4月26日(770年5月25日)条に完成した百万塔を諸寺に置いたことが記されている。この諸寺とは、大安寺・元興寺・興福寺・薬師寺・東大寺・西大寺・法隆寺・弘福寺・四天王寺・崇福寺の10の官寺に置かれた。このうち、元興寺・東大寺・西大寺には「小塔院」と呼ばれる百万塔などを納める専門施設も設置されたが、現在残されているのは、法隆寺大法蔵殿に保管されている塔身45,755基分・相輪26,054基分が最も多く、各地の博物館、個人などに保有されている少数の百万塔も、もと法隆寺にあったものだと推定されている。この他に平城宮の跡地から製造中に未完成のまま遺棄された物が出土された例がある。百万塔 フレッシュアイペディアより)

  • うまし うるわし 奈良

    うまし うるわし 奈良から見た平城宮跡平城宮

    平城京:平城宮跡および朱雀門(遷都1300年記念)。CMではCGで再現された平城京が映された。伎楽が使われている。うまし うるわし 奈良 フレッシュアイペディアより)

  • 市庭古墳

    市庭古墳から見た平城宮平城宮

    平城宮大極殿跡のすぐ北に隣接しており、かつては直径100メートル超の最大級の円墳と思われていた。しかしその後の発掘調査で前方部が平城宮建設のさいに削平されており、本来は墳丘の全長253メートル 前方部の幅164メートル 後円部の直径147メートルの前方部を南に向けた前方後円墳であることが判明した。葺石、くびれ部分両側の造り出し、二重濠の一部分なども確認されている。市庭古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 楼閣

    楼閣から見た平城宮跡平城宮

    ファイル:ToinTeien Roukaku.jpg|東院庭園楼閣(平城宮跡楼閣 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県道266号奈良西の京斑鳩自転車道線

    奈良県道266号奈良西の京斑鳩自転車道線から見た平城宮平城宮

    近鉄奈良駅前から奈良公園を通り、奈良市北部から平城古墳群を抜けて、平城宮跡に至る。しかし、平城宮跡の区間については、平城遷都1300年祭の開催による規制および第一次大極殿前庭の整備により、一部通行止めになっている(第一次大極殿前庭については、道が消滅している)また、平城遷都1300年祭開催中は、自転車は降りて通行しないといけない。1300年祭閉幕後も、自転車道は消滅しており、宮跡内は自転車道向けの案内はない。平城宮跡を出ると秋篠川を南進して唐招提寺や薬師寺といった西の京地区の寺院・名跡を仰いで大和郡山市へ入る。大和郡山市内では郡山城北側を周回して富雄川へ向かう。矢田丘陵の南縁にあるやや勾配の多い区間を通り抜けると、斑鳩町に入る。法起寺や法輪寺のそばを通り、天満池を半周する。そして法隆寺東大門の前、南大門の前を通り、門前の道を南下し、法隆寺iセンターに至る。奈良県道266号奈良西の京斑鳩自転車道線 フレッシュアイペディアより)

  • 朝堂

    朝堂から見た平城宮平城宮

    『日本書紀』によれば、新都(難波長柄豊碕宮)の造営は中大兄皇子らによって650年(白雉元年)にはじめられた。翌年遷宮をおこない、652年(白雉3年)にはすべて落成した。王宮全体の規模は不明であるが、東西233.4メートル、南北263.2メートルの空間に、少なくとも東西7堂ずつで計14堂の朝堂(庁)があったことを確認した。藤原宮・平城宮でさえ12堂であることを考えると、それをうわまわる建物数であった。発見当時(1989年)、このことは「予想もしなかった新事実」とよばれ、また、内裏南門は7×2間(32.7×12.3メートル)で平城宮の朱雀門をしのぎ、内裏南門の東西入口にある八角殿院は他に例をみない遺構である。ただし、朝堂はその数の多さに比較して、各殿舎は、朝堂 フレッシュアイペディアより)

99件中 21 - 30件表示

「平城宮跡」のニューストピックワード

  • 72ホール最少スコア記録

  • 古典籍に親しみ、古典文学を学ぶことの喜びを生み出す問題発見型の教育方法の創出

  • Smart Work Gateway