141件中 21 - 30件表示
  • 天平地震

    天平地震から見た平城宮平城宮

    この地震の後も連日余震と見られる記録が約20日間続き、地割れができ水が湧出した。大森房吉(1913)は5月2日の条項にある京師は当時難波京の置かれていた摂津国難波であるとし、ここでも本震において同時に震動を感じ、余震も摂津難波における記録と解釈している。余震が続く間に、大安・薬師・元興・興福の各寺および平城宮で般若経など各経典を読ましめた。天平地震 フレッシュアイペディアより)

  • 朝儀

    朝儀から見た平城宮平城宮

    奈良時代において、1.は天皇が大極殿に御し、大極殿門をはさんで朝廷には文武百官が列を組んで立ち並ぶかたちとなり、2.は大極殿門に天皇が出御し、朝堂が臣下のいる場所となった。平城宮におけるこの2つの形態は、平安時代の大内裏にも継承され、1.は朝堂院、2.は豊楽院にて執りおこなわれることとなった。朝儀 フレッシュアイペディアより)

  • 医疾令

    医疾令から見た平城宮平城宮

    医疾令(いしつりょう)は、令の篇目の1つ。養老令では第24番目に位置している。なお、大宝令では平城宮から出土した医疾令の一部を記した木簡から第19番目に属していたことが判明している。医疾令 フレッシュアイペディアより)

  • 小野牛養

    小野牛養から見た平城宮平城宮

    神亀5年(728年)正五位下に叙せられ、翌天平元年(729年)2月に発生した長屋王の変に際しては、右中弁として長屋王に対する罪状の糾問に参画している。同年従四位下・皇后宮大夫に叙任され、天平2年(730年)には催造司監を兼ねて平城宮の造営も担当した。小野牛養 フレッシュアイペディアより)

  • 行進曲「南を守る鳥」

    行進曲「南を守る鳥」から見た平城宮平城宮

    「南を守る鳥」とは「朱雀」のことをいう。これは、奈良県奈良市にある平城宮跡の朱雀門の事を指す。作曲者の酒井はこの朱雀門のイメージから作曲した。また「行進曲」と称しているが、実際には行進曲的な要素はそれほどなく、コンサートマーチの要素が強くなっている。行進曲「南を守る鳥」 フレッシュアイペディアより)

  • 多治比池守

    多治比池守から見た平城宮平城宮

    持統天皇7年(693年)直広肆(従五位下に相当)に叙せられる。和銅元年(708年)平城京への遷都の詔が出ると、従四位下・民部卿、次いで阿倍宿奈麻呂とともに造平城京司長官に任ぜられ平城宮の造営を担当する。和銅6年(713年)正四位下、和銅7年(714年)従三位と元明朝末にかけて昇進を果たした。多治比池守 フレッシュアイペディアより)

  • 和銅

    和銅から見た平城宮平城宮

    和銅元年2月 - 平城の地に新都造営の詔がでる。10月、伊勢神宮に平城宮造営を告げる。和銅 フレッシュアイペディアより)

  • 回廊

    回廊から見た平城宮平城宮

    画像:Model of Double Cloister.jpg|複廊断面(模型)。築地の左右に梁が伸び柱で支える。平城宮遺跡展示館回廊 フレッシュアイペディアより)

  • 百万塔

    百万塔から見た平城宮平城宮

    天平宝字8年(764年)の恵美押勝の乱を受けて、称徳天皇が『無垢浄光大陀羅経』の所説に従って神護景雲年間を中心とした時期に製作された。『続日本紀』宝亀元年4月26日(770年5月25日)条に完成した百万塔を諸寺に置いたことが記されている。この諸寺とは、大安寺・元興寺・興福寺・薬師寺・東大寺・西大寺・法隆寺・弘福寺・四天王寺・崇福寺の10の官寺に置かれた。このうち、元興寺・東大寺・西大寺には「小塔院」と呼ばれる百万塔などを納める専門施設も設置されたが、現在残されているのは、法隆寺大法蔵殿に保管されている塔身45,755基分・相輪26,054基分が最も多く、各地の博物館、個人などに保有されている少数の百万塔も、もと法隆寺にあったものだと推定されている。この他に平城宮の跡地から製造中に未完成のまま遺棄された物が出土された例がある。百万塔 フレッシュアイペディアより)

  • 曲物

    曲物から見た平城宮平城宮

    奈良県奈良市の平城宮遺跡の発掘調査:井戸から曲物容器が出土。曲物 フレッシュアイペディアより)

141件中 21 - 30件表示

「平城宮跡」のニューストピックワード

  • かぞくいろ−RAILWAYS わたしたちの出発−

  • 一からチャレンジしたいという気持ちが強かった

  • 自分が出ることを、色んな人が重く受け止めて欲しい