99件中 31 - 40件表示
  • 平城電気軌道

    平城電気軌道から見た平城宮平城宮

    平城電気軌道(へいじょうでんききどう)とは、1910年(明治43年)に計画された鉄道である。王寺停車場を起点とし、法隆寺・法輪寺・法起寺・慈光院・郡山城跡・薬師寺・唐招提寺・大極殿跡(平城宮跡)・法華寺などをつなぎ、若草山の南中腹まで達する路線であった。1913年に計画却下。平城電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 紀男人

    紀男人から見た平城宮平城宮

    慶雲2年(705年)従六位下から四階の昇叙により従五位下となる。慶雲4年(707年)文武天皇大葬の際に造御竈司を務める。和銅元年(708年)衛門督に任ぜられ、和銅4年(711年)には平城宮造営のための諸国からの役民で逃亡する者が多かったことから、石上豊庭らとともに将軍に任命され、衛兵所を仮設して兵庫を守衛した。和銅5年(712年)従五位上。紀男人 フレッシュアイペディアより)

  • 海龍王寺

    海龍王寺から見た平城宮平城宮

    海龍王寺は平城宮跡の東方、総国分尼寺として知られる法華寺の東北に隣接している。法華寺と海龍王寺のある一画は、かつては藤原不比等の邸宅であった。養老4年(720年)の不比等の死後、邸宅は娘の光明皇后が相続して皇后宮となり、天平17年(745年)にはこれが宮寺(のちの法華寺)となった。海龍王寺 フレッシュアイペディアより)

  • 西大寺検車区

    西大寺検車区から見た平城宮平城宮

    当初この検車区は、現在の大和西大寺駅 - 新大宮駅間の広場に建設予定だったが、建設予定地が史跡・平城宮跡だったため、現在地に変更された。また、隣接地には近鉄スポーツセンター(体育館・野球場)や、JRを除く日本の鉄道事業者では唯一の直営技術開発施設である技術開発センターがある。西大寺検車区 フレッシュアイペディアより)

  • 朝集殿

    朝集殿から見た平城宮平城宮

    朝集殿の遺構として確認される最古は難波長柄豊碕宮の朝集殿であり、難波宮跡の発掘調査において検出している。以後、朝集殿は藤原宮、平城宮、長岡宮、平安宮(大内裏)でも設けられている。いずれも、朝堂南門の前方左右に2堂1対が設けられた。それぞれ、「東朝集殿」「西朝集殿」のように呼ばれた。建物は、東朝集殿・西朝集殿ともに南北方向を長軸として互いに向き合うかたちで配置され、回廊を通じて大極殿や朝堂の一郭と通じていた。朝集殿 フレッシュアイペディアより)

  • コナベ古墳

    コナベ古墳から見た平城宮平城宮

    奈良市北部の佐紀丘陵の南西斜面先端部に立地するコナベ古墳は、大小60あまりの古墳よりなる佐紀盾列古墳群の東群に属し、その東にはウワナベ古墳、北西には磐之媛命(仁徳天皇皇后)の陵墓に治定されるヒシアゲ古墳がある。コナベ・ウワナベ・ヒシアゲの3基の古墳は、航空自衛隊幹部候補生学校を取り囲むような位置関係にあり、平城宮大極殿跡の北東約750メートルの地点に立地する。コナベ古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 贖労銭

    贖労銭から見た平城宮平城宮

    なお、平城宮の発掘調査によって神亀年間に贖労銭が行われたことを示す木簡が発見されており、それによれば贖労銭の納入額は1人あたり500文が原則であったとみられている。贖労銭 フレッシュアイペディアより)

  • 平城京左京三条二坊宮跡庭園

    平城京左京三条二坊宮跡庭園から見た平城宮平城宮

    1975年(昭和50年)以来、奈良国立文化財研究所によって5回の調査が行われ、坪の中央部の庭園と園池及びその西側の建物群が確認され、特別史跡に指定された。園池には底に玉石が敷き詰められた屈曲した水流の跡があり、曲水宴で使われたとみられている。他にも平城宮と同じとみられる瓦が確認されており、離宮か皇親の邸宅跡とする説もある。平城京左京三条二坊宮跡庭園 フレッシュアイペディアより)

  • 関野貞

    関野貞から見た平城宮平城宮

    高田藩士の家に生まれた。旧制一高を経て、1895年に東京帝国大学工部大学造家学科(建築学科)を卒業。卒業論文は平等院の研究であった。辰野金吾の指揮下に日本銀行の工事に参加する。古社寺保存法が立案された1896年に伊東忠太の勧めで内務省技師、奈良県技師となり、奈良の古建築を調査し、建築年代を判定していった。また、1889年に平城宮址を発見した。関野貞 フレッシュアイペディアより)

  • 中街道 (下ツ道)

    中街道 (下ツ道)から見た平城宮跡平城宮

    7世紀中頃に、奈良盆地を南北に走る大道・下ツ道として整備された。見瀬丸山古墳の前面を起点とし、藤原京の西四坊大路(現在の橿原市八木あたり)から、奈良盆地の中央をまっすぐ北へ進み、平城京の朱雀大路(現在の平城宮跡)に至る。橿原市から大和郡山市にかけては、現在の国道24号の約250m西方に並行する。中街道 (下ツ道) フレッシュアイペディアより)

99件中 31 - 40件表示

「平城宮跡」のニューストピックワード

  • 72ホール最少スコア記録

  • 古典籍に親しみ、古典文学を学ぶことの喜びを生み出す問題発見型の教育方法の創出

  • Smart Work Gateway