141件中 41 - 50件表示
  • 粟田人

    粟田人から見た平城宮平城宮

    和銅4年(711年)4月に従六位下から一挙に四階昇進して従五位下に叙爵。同年11月には平城宮造営のための諸国から徴発した役民で多数の逃亡者が発生していたことから、紀男人らとともに兵庫将軍に任命され、衛兵所を仮設して兵庫を守衛した。粟田人 フレッシュアイペディアより)

  • 黄文子老

    黄文子老から見た平城宮平城宮

    黄文子老は、平城宮跡で発掘された、式部省の人事考課で用いられた木簡に記されるのみである。木簡には「五番位子 少初位下黄文子老年 霊亀二年出」と書かれていた。黄文子老 フレッシュアイペディアより)

  • 石上豊庭

    石上豊庭から見た平城宮平城宮

    和銅4年(711年)平城宮造営のための諸国から徴発した役民で多数の逃亡者が発生していたことから、紀男人らとともに兵庫将軍に任命され、衛兵所を仮設して兵庫を守衛した。和銅7年(714年)新羅使の入朝に対応するため、左右の将軍が任命された際、左将軍に任ぜられる。またこの間、和銅4年(711年)従五位上から二階昇進して従四位下、和銅8年(715年)従四位上に叙せられるなど、元明朝にて順調に昇進している。石上豊庭 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原天満宮 (奈良市)

    菅原天満宮 (奈良市)から見た平城宮平城宮

    当地の地名である「菅原」はスゲ(菅)の自生地・草原を意味し、元来は平城宮以西の広大な丘陵地域を指した名称とされる。菅原一帯の土師氏支族については、『菅家御伝記』にも「爾来土部氏万葉居菅原伏見邑」として土師氏が居住する旨が記載されている。実際に、一帯では土師氏の存在を裏付ける古墳時代後期の菅原東遺跡埴輪窯跡群(奈良市指定史跡)の存在が知られるほか、菅原神社の信仰圏が土師氏の分布範囲とほぼ一致することも注目される。史書には菅原神社以外にも菅原伏見東陵(垂仁天皇陵)・菅原伏見西陵(安康天皇陵)・菅原寺(現在の喜光寺)の名称が当地の地名に由来するものとして知られるほか、菅原氏の氏名も当地の地名に由来するものとされる。菅原神社の祭祀は、このような菅原の土師氏支族(のちの菅原氏)がその祖神を祀ったことに始まると見られているが、後世に菅原道真の誕生地とする説も生じ、現在は天神信仰の神社として信仰されている。菅原天満宮 (奈良市) フレッシュアイペディアより)

  • 檜扇

    檜扇から見た平城宮平城宮

    桧扇が発明されたと考えられているのは、奈良時代の終わりから平安時代の初めにかけてとなる。儀式次第などの覚書を木簡に書いて持ち運ぶ必要があった役人たちによって考案されたものではないかという説が有力である。重要文化財の指定を受けている壬生家伝来の中世の二握の檜扇には、それぞれ春日行幸の儀式次第と内裏上棟の儀式次第が描きつけられている。また、平城宮跡東方宮衙から木釘や紐で要を留めた十二握の檜扇が出土しており、こちらには手習いの文字などらしき墨の跡が遺されている。檜扇 フレッシュアイペディアより)

  • 若草山

    若草山から見た平城宮平城宮

    中でも観望名所としては、興福寺五重塔近辺の奈良公園、西ノ京の大池(勝又池)、平城宮跡である。大池は薬師寺西塔竣工後、平城宮跡は朱雀門竣工後に観望者が急増した。しかし2010年は、薬師寺東塔解体工事の開始、平城遷都1300年記念事業に伴う平城宮内の大規模工事により、大池・平城宮跡からの観望を断念した者が多かったようだ。若草山 フレッシュアイペディアより)

  • 文化財研究所

    文化財研究所から見た平城宮平城宮

    1952年に平城宮跡が特別史跡に指定されたことにともない、同年4月奈良市春日野町で奈良文化財研究所として発足した。文化財研究所 フレッシュアイペディアより)

  • キャンプ・カー駅

    キャンプ・カー駅から見た平城宮平城宮

    キャンプ・カー駅(キャンプ・カーえき)は、奈良県奈良市にあった近畿日本鉄道奈良線の駅(廃駅)である。平城宮跡朱雀門付近に存在していた臨時駅で、太平洋戦争後、進駐軍キャンプが近くに置かれ、軍関係者の利用目的で設置されていた。キャンプ・カー駅 フレッシュアイペディアより)

  • 豊楽院

    豊楽院から見た平城宮平城宮

    跡地とされる京都市中京区聚楽廻西町には「史跡平安宮豊楽殿跡」碑が建てられている。2015年度(平成27年度)には発掘調査によって豊楽殿の規模が確定し、平城宮の第2次大極殿と一致することから同殿の移築と推測する説が生じている。豊楽院 フレッシュアイペディアより)

  • 竜山石採石遺跡

    竜山石採石遺跡から見た平城宮平城宮

    竜山石は、加工に適した強度と粘りを有する凝灰岩である。採石場の近くを流れる法華山谷川(洗川)からの舟運で西日本各地に運ばれ、時代を問わず建築物や石仏等に利用された。古墳時代中後期の長持形石棺・家形石棺、奈良時代の平城宮および恭仁宮の礎石、近代の旧造幣寮貨幣鋳造所、住友ビルディング、名古屋市公会堂の外壁が知られる。竜山石採石遺跡 フレッシュアイペディアより)

141件中 41 - 50件表示

「平城宮跡」のニューストピックワード

  • かぞくいろ−RAILWAYS わたしたちの出発−

  • 一からチャレンジしたいという気持ちが強かった

  • 自分が出ることを、色んな人が重く受け止めて欲しい