99件中 41 - 50件表示
  • 紀飯麻呂

    紀飯麻呂から見た平城宮平城宮

    天平12年(740年)9月に発生した藤原広嗣の乱において、持節大将軍・大野東人の下で征討副将軍を務める。翌天平13年(741年)には藤原広嗣追討の功労により従四位下と一挙に三階の昇叙を受け、右大弁に任ぜられている。天平14年(742年)正月に藤原広嗣の乱に関連して大宰府が廃止された際には、大宰府に派遣されて官物の筑前国司へ移転するなどその実務処理に当たった。また同年2月、大宰府に来航した新羅使・金欽英に対して饗応し帰国させるなどの対応を行っている。同年8月から翌天平15年(743年)4月にかけて聖武天皇が都合三度紫香楽宮へ行幸した際には、全て恭仁宮の留守司を務めた。天平16年(744年)畿内巡察使。天平17年(745年)には平城京への還都に先んじて平城宮の掃除を命じられるが、諸寺の僧侶は浄人や童子を率いて争うように集まり、百姓もみな平城京に集まって村里に人がいなくなってしまうような状態であったという。紀飯麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 日本考古学協会

    日本考古学協会から見た平城宮跡平城宮

    高度成長期に入ると各地で開発が進み、多数の遺跡が消滅していった。その中で、本会は千葉県の加曾利貝塚と奈良県の平城宮跡の保存運動を他の文化財保護団体などと協力して推進し、保存することに成功した。また、この頃から地方公共団体では公共事業に伴い緊急発掘調査を実施し、埋蔵文化財の記録保存を行う所が増大し、地方自治体の埋蔵文化財担当の専門職員が多数採用された。これに伴い、本会の会員数も激増する。日本考古学協会 フレッシュアイペディアより)

  • 曲物

    曲物から見た平城宮平城宮

    奈良県奈良市の平城宮遺跡の発掘調査:井戸から曲物容器が出土。曲物 フレッシュアイペディアより)

  • 小墾田宮

    小墾田宮から見た平城宮平城宮

    淳仁・称徳朝のあっては、両天皇の行宮として営まれた。760年(天平宝字4年)に淳仁天皇は播磨国など4か国の糒を小治田宮に蓄えさせ、同宮への行幸が実施された。天皇は翌年1月に平城宮に戻るものの、内裏には入らず武部(兵部省)曹司を御在所とた上、同年秋には保良宮に再度行幸していることから、当時実施されていた平城宮の改築工事と関連していると考えられている。小墾田宮 フレッシュアイペディアより)

  • 平群広成

    平群広成から見た平城宮平城宮

    神亀5年(728年)1月17日日本海を渡って渤海の使節が初めて平城宮に入朝した。使節は前年9月に蝦夷地に漂着し、大使・高仁義ら16名は蝦夷に襲われて死亡、首領・高斉徳ら8名が生き残って出羽国に助けを求めたものであった。彼らが提出した渤海郡王・大武芸の国書には、渤海を高句麗の再興であると宣言し、日本との友好善隣を求めていた。天智天皇7年(668年)に唐・新羅連合軍に滅ぼされて高句麗の遺民が再び国を起こしたものであった。早速、引田虫麻呂が送渤海使に任命され、高斉徳らを送って渤海に向かった。引田虫麻呂は天平2年(730年)8月29日帰朝、渤海王の進物や国書を携えてきたが、渤海王から日渤の軍事同盟を持ちかけた形跡がある。当時、大武芸は弟・大門芸の亡命をめぐって唐と対立しており、一触即発の状態にあった。唐と開戦すれば、新羅が唐に加担するのは明らかなため、大武芸は日本を引き込んで、新羅を牽制しようとしたとされている。三国史記には翌731年日本国兵船300隻が新羅東辺を襲うとある。平群広成 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本凝胤

    橋本凝胤から見た平城宮跡平城宮

    経済界や政界とは交流が深く、政治家では大野伴睦と親交があったほか、佐藤栄作とも交流があった。財界では「電力の鬼」といわれた松永安左エ門、阪急社長の小林一三と交流があった。こうした政財界との交流の結果、遅遅として進まなかった平城宮跡の国有化を実現に導いた。橋本凝胤 フレッシュアイペディアより)

  • 医疾令

    医疾令から見た平城宮平城宮

    医疾令(いしつりょう)は、令の篇目の1つ。養老令では第24番目に位置している。なお、大宝令では平城宮から出土した医疾令の一部を記した木簡から第19番目に属していたことが判明している。医疾令 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良交通奈良営業所

    奈良交通奈良営業所から見た平城宮平城宮

    11:西大寺駅→平城宮跡→法華寺前→一条高校奈良交通奈良営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良交通奈良営業所

    奈良交通奈良営業所から見た平城宮跡平城宮

    平城宮跡会場内にバスターミナルを設置し、シャトルバスの発着点として利用していた。なお、有料の路線バスは会場内には入らないため、沿道の、二条大路南4丁目停留所を利用することになる。奈良交通奈良営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県立平城高等学校

    奈良県立平城高等学校から見た平城宮跡平城宮

    校名は、設置準備の段階では「北和高等学校」と仮称されていた。その後「奈良北」「平城山」「平城」「高の原」から検討され、校地が平城山の一帯だけでなく平城宮跡の北部にも位置することから、「平城」に決まった。奈良県立平城高等学校 フレッシュアイペディアより)

99件中 41 - 50件表示

「平城宮跡」のニューストピックワード