141件中 51 - 60件表示
  • 小墾田宮

    小墾田宮から見た平城宮平城宮

    淳仁・称徳朝にあっては、両天皇の行宮として営まれた。760年(天平宝字4年)に淳仁天皇は播磨国など4か国の糒を小治田宮に蓄えさせ、同宮への行幸が実施された。天皇は翌年1月に平城宮に戻るものの、内裏には入らず武部(兵部省)曹司を御在所とした上、同年秋には保良宮に再度行幸していることから、当時実施されていた平城宮の改築工事と関連していると考えられている。小墾田宮 フレッシュアイペディアより)

  • 名取郡

    名取郡から見た平城宮平城宮

    7世紀に設置されたと推定される。かつては和銅6年(713年)に陸奥国に丹取郡を置いたとする『続日本紀』の記事が、「名取」を「丹取」と誤記したものだとする説が有力だったが、現在では否定されている。天平元年(729年)11月15日の日付で、陸奥国名取郡から昆布を納めたときの荷札の木簡が、平城宮から見つかっている。また、郡の字は付されていないものの、郡山遺跡から出た土師器の坏に「名取」と記されたものがある。名取郡 フレッシュアイペディアより)

  • 三宅氏

    三宅氏から見た平城宮平城宮

    祖は百済王族の末裔などと称する一大氏族であるが、本来は大化の改新後に廃止された屯倉に由来する「屯倉」姓であった。しかし、現時点では、『倭名類聚抄』の「三家郷」という郷名や、平城宮出土の木簡の「備前国児嶋郡賀茂郷・三家連乙公調塩一斗」といった表記がみられるのみで。屯倉から三宅氏へ繋がるような文書や文献は現存していないとされている。三宅氏 フレッシュアイペディアより)

  • 石井敏弘

    石井敏弘から見た平城宮跡平城宮

    株式会社フォーシーズンと連携、各地でミステリーイベントを開催し、2010年7月20日には奈良県の平城宮跡で自身の推理小説「失都の記憶」に描かれた事件の謎を解明するイベント「平城京ミステリークエスト」が開催された。石井敏弘 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木嘉吉

    鈴木嘉吉から見た平城宮平城宮

    東京出身。1952年東京大学工学部建築学科卒業。1961年「遺構の復原を主とした奈良時代寺院僧房の研究」で工学博士。奈良国立文化財研究所平城宮跡発掘調査部長。文化庁文化財保護部建造物課長。同文化財監査官。奈良国立文化財研究所長。(財)文化財建造物保存技術協会理事。鈴木嘉吉 フレッシュアイペディアより)

  • 氷上川継の乱

    氷上川継の乱から見た平城宮平城宮

    天応元年(781年)4月に光仁天皇は皇太子・山部親王(桓武天皇)に譲位した。太上天皇となった光仁天皇は同年12月に崩御する。翌天応2年(782年)閏正月10日に川継の資人であった大和乙人が、密かに武器を帯びて宮中に侵入したところを、発見されて捕縛される事件が起きた。乙人は尋問を受けて川継を首謀者とする謀反の計画を自白する。謀反の内容は、同日の夜に川継が一味を集めて北門から平城宮に押し入り、朝廷を転覆するというものであった。翌11日に川継を召喚する勅使が派遣されたが、川継はこれを知って逃亡したため、三関の固関と川継の捕縛が命じられた。14日に至って川継は大和国葛上郡に潜伏しているところを捕らえられた。氷上川継の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原好彦

    小笠原好彦から見た平城宮平城宮

    青森市生まれ。1966年東北大学大学院文学研究科修士課程修了。同年、奈良国立文化財研究所平城宮跡発掘調査部に勤務。飛鳥藤原宮跡発掘調査部を経て、1979年滋賀大学教育学部助教授、教授、2007年定年、名誉教授、2009-11年明治大学特任教授。2006年「日本古代寺院造営氏族の研究」で東北大学文学博士。小笠原好彦 フレッシュアイペディアより)

  • 泉川獅道

    泉川獅道から見た平城宮平城宮

    社会での音楽活動が本格的になるのは米国人尺八奏者ジョシュ・スミスと尺八デュオ黒船を結成した2008年以降。2009年夏、電子音響と尺八を携えスミスとともに渡米、カナダ・ナイアガラ市からアメリカ・バッファロー市にかけてコンサートツアー、ラジオ出演を成功させた。また2009年から2010年に向かって平城遷都1300年祭関連イベントに精力的に出演。平城宮跡をはじめ東大寺南大門、石舞台古墳、高松塚古墳、當麻寺中之坊、大安寺、ならまち、なら燈花会などで出演を重ね、古都の魅力と伝統楽器のアピールを続けた。2010年9月、APEC(環太平洋国際協力会議)観光大臣会合のレセプションでは、尺八+ピアノのオリジナル曲咲く良がアメリカ合衆国VIP等から絶賛される。オリジナル曲は度々、アメリカ・カーネギーホールのブーケショーなどでBGMに使用されている。2011年4月奈良県當麻寺中之坊より奏師号を拝受、各種伝統法要の中での献奏を許され、以後密教声明の中で研鑽を積む。同寺にて尺八教室「獅道尺八塾」を開講。2013年、東日本大震災復興支援「あゆみ観音プロジェクト」に参加。2014年10月アメリカ・バッファローにて和太鼓奏者林英哲・風雲の会と共演する。泉川獅道 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た平城宮跡平城宮

    特別史跡平城宮跡(Heijō Palace)を舞台に4月24日 - 11月7日に開催された。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 大極殿

    大極殿から見た平城宮平城宮

    恭仁京(くにきょう)遷都までの大極殿を第一次大極殿、奈良に都が戻ってからの大極殿を第二次大極殿という。第一次大極殿は平城宮の正門である朱雀門の真北に位置し、第二次大極殿は平城宮東寄りの壬生門北に位置している。第二次大極殿跡は近世まで「大黒(ダイコク)の芝」と呼ばれた基壇が残っていた。この命名は、平城京遷都当初は朱雀門北の地域に大極殿が設けられたものの、恭仁京大極殿の規模と一致するところから745年(天平15年)に壬生門北に移動したものと考えられたためであったが、第二次大極殿跡の下層から掘立柱建物の遺構が検出され、それが大極殿・朝堂院と同じ建物配置をとることから、結局、奈良時代の前半には朱雀門北の広大な前庭をもち朝堂2堂をともなう第一次大極殿(中央の大極殿)と壬生門北の朝堂12堂よりなる太政官院のさらに北にある内裏南面の大極殿(東側の大極殿)の2棟あることがわかった。大極殿 フレッシュアイペディアより)

141件中 51 - 60件表示

「平城宮跡」のニューストピックワード