141件中 61 - 70件表示
  • 日本建築史

    日本建築史から見た平城宮平城宮

    一般に奈良時代の建物の基礎構法は伝統的な掘立式だった。平城宮の発掘調査によって検出された800棟の建物のうち、その大多数が掘立式の基礎だったことから、70年に及ぶ奈良時代の間に平均して4回の基礎の腐朽による建て替えが恒常的に行われたと考えられている。日本建築史 フレッシュアイペディアより)

  • 大和牛

    大和牛から見た平城宮跡平城宮

    『新撰姓氏録』(815年)には、650年(白雉1年)の孝徳天皇の時に、大陸からの渡来人善那使主(ぜんなのおみ、別名福常)が孝徳天皇に牛乳を献じて和薬使主(やまとのくすしのおみ)の姓を賜り、その子孫は典薬寮において乳長上(ちちのおさのかみ)という職名を与えられたという記録がある。1008年(寛弘5年)に成立した『政事要略』のなかに「右官史記ニ云ウ。文武天皇四年十月。使ヲ遣シ蘇ヲ造シム」という記述があり、700年(文武天皇4年)に乳製品「蘇」が日本で作られていたことがわかる。 奈良市の長屋王邸跡から「牛乳」の文字が記された木簡が、平城宮跡から「蘇」の文字が墨書された土器が出土している。大和牛 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本凝胤

    橋本凝胤から見た平城宮跡平城宮

    経済界や政界とは交流が深く、政治家では大野伴睦と親交があったほか、佐藤栄作とも交流があった。財界では「電力の鬼」といわれた松永安左エ門、阪急社長の小林一三と交流があった。こうした政財界との交流の結果、遅遅として進まなかった平城宮跡の国有化を実現に導いた。橋本凝胤 フレッシュアイペディアより)

  • 氷上川継

    氷上川継から見た平城宮平城宮

    宝亀10年(779年)従五位下に叙せられ、天応2年(782年)正月に因幡守に任じられる。同年閏正月10日に川継は味方を集めて、平城宮の北門より侵入して朝廷を転覆させる謀反を計画。一味の宇治王を決行に参加させるために、資人の大和乙人に武器を持たせて密かに宮中に侵入させる。しかし、乙人はあっさり捕縛されて、尋問を受けて川継の謀反計画を自白してしまう。すぐに桓武天皇は勅使を派遣して川継を召喚しようとしたため、川継は裏門より逃亡するが、14日には大和国葛下郡で捕らえられた。川継は伊豆国への流罪となり、母の不破内親王と川継の姉妹たちも連座して淡路国へ流された。また、大宰員外帥として大宰府に赴任していた舅の藤原浜成は兼任していた参議と侍従を解任され、左大弁・大伴家持や右衛士督・坂上苅田麻呂らも一時解任された(氷上川継の乱)。氷上川継 フレッシュアイペディアより)

  • 多治比縣守

    多治比縣守から見た平城宮平城宮

    慶雲2年(705年)従六位上から三階昇進して従五位下に叙爵する。元明朝では、和銅4年(711年)従五位上、和銅8年(715年)正月には一挙に三階昇進して従四位下と順調に昇進し、同年5月には造宮卿に任ぜられ平城宮の造営を担当する。多治比縣守 フレッシュアイペディアより)

  • 美作国分寺

    美作国分寺から見た平城宮平城宮

    出土品から推測される年代は、国分寺建立の詔からまもなくの造営、平安時代末の衰退と見られる。出土品の中でも特に、創建期の軒瓦の文様が平城宮朝堂院の瓦と似ていることが注目される。美作国分寺 フレッシュアイペディアより)

  • 租庸調

    租庸調から見た平城宮平城宮

    大宝律令・養老律令には庸米に関する規定は存在していなかったが、『延喜式』には正丁1名あたり米3斗とする規定があること、平城宮などから出土した木簡に庸米1俵として5斗・5斗8升・6斗などの分量が記されているものがあることから、古代を通じて庸米が徴収され、1俵=2丁分の庸米に相当したとみられている。また、庸が衛士や采女、その他雇役民の食糧に充てられたという点からも、庸としての米は重要な部分を占めていたと考えられている。租庸調 フレッシュアイペディアより)

  • 平群広成

    平群広成から見た平城宮平城宮

    神亀5年(728年)1月に日本海を渡って渤海の使節が初めて平城宮に入朝した。使節は前年9月に蝦夷地に漂着し、大使・高仁義ら16名は蝦夷に襲われて死亡、首領・高斉徳ら8名が生き残って出羽国に助けを求めたものであった。彼らが提出した渤海郡王・大武芸の国書には、渤海を高句麗の再興であると宣言し、日本との友好善隣を求めていた。天智天皇7年(668年)に唐・新羅連合軍に滅ぼされた高句麗の遺民が再び国を起こしたものであった。同年2月に引田虫麻呂が送渤海使に任命され、6月ごろ高斉徳らを送るために渤海に向かった。天平2年(730年)引田虫麻呂は渤海王の進物や国書を携えて帰朝している。平群広成 フレッシュアイペディアより)

  • 西阿知和町

    西阿知和町から見た平城宮平城宮

    額田郡西阿知和村を前身とする。平城宮木簡によると、かつては鴨田郷厚石(あついわ)里と呼ばれていたが、やがて転訛したと考えられ、1226年には「阿智波郷」との記述が確認できる。西阿知和町 フレッシュアイペディアより)

  • 東阿知和町

    東阿知和町から見た平城宮平城宮

    平城宮木簡によると、かつては鴨田郷厚石(あついわ)里と呼ばれていたが、やがて転訛したと考えられ、1226年には「阿智波郷」との記述が確認できる。東阿知和町 フレッシュアイペディアより)

141件中 61 - 70件表示

「平城宮跡」のニューストピックワード