99件中 71 - 80件表示
  • 名取郡

    名取郡から見た平城宮平城宮

    7世紀に設置されたと推定される。かつては和銅6年(713年)に陸奥国に丹取郡を置いたとする『続日本紀』の記事が、「名取」を「丹取」と誤記したものだとする説が有力だったが、現在では否定されている。天平元年(729年)11月15日の日付で、陸奥国名取郡から昆布を納めたときの荷札の木簡が、平城宮から見つかっている。また、郡の字は付されていないものの、郡山遺跡から出た土師器の坏に「名取」と記されたものがある。名取郡 フレッシュアイペディアより)

  • 回廊

    回廊から見た平城宮平城宮

    画像:Model of Double Cloister.jpg|複廊断面(模型)。築地の左右に梁が伸び柱で支える。平城宮遺跡展示館回廊 フレッシュアイペディアより)

  • 手向山八幡宮

    手向山八幡宮から見た平城宮平城宮

    天平勝宝元年(749年)、東大寺及び大仏を建立するにあたって宇佐八幡宮より東大寺の守護神として勧請された。八幡宮からの分社では第一号である。当初は平城宮南の梨原宮に鎮座し、後に東大寺大仏殿南方の鏡池付近に移座したが、治承4年(1180年)の平重衡による戦火で焼失、建長2年(1250年)に北条時頼が現在地に再建した。当初の鎮座地とされる梨原宮の所在地は未詳だが、奈良市役所近くにある平城京左京三条二坊庭園跡庭園がその跡ともいわれる。手向山八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井正吾

    荒井正吾から見た平城宮平城宮

    平城宮跡の国営公園化構想を打ち出し、平城遷都1300年記念事業についても見直しを進めている。ただ旧跡近辺の県営プール跡地に1300年記念事業を事実上当て込んだ高級ホテルの誘致を行うも、現状は頓挫している。また「大江戸温泉物語」が進出打電をした様だが、高級ホテル路線では無い為奈良県側が断ったという経緯も有る。事業が終わった現在条件は更に悪化し、景況判断も相まって進出予定は全く立っていない。プールを取り壊して2年以上になるが、未だ空き地で放置されたままである。それを見越しての駐車場継続保有について、ユネスコが「景観が損なわれている。直ちに駐車場の撤去を求める」と表明。これに対し「今後の観光客誘致においても必要。撤去は全く考えていない。」と対決姿勢をにじませた。荒井正吾 フレッシュアイペディアより)

  • 難波宮

    難波宮から見た平城宮平城宮

    天皇の住まい(内裏)と、政治・儀式の場(朝堂院)をはっきりと分離した構造は、前期難波宮が最初であり、後の宮(藤原・平城・平安宮など)にも採用された。朝堂院の広さは南北262.8メートル、東西233.6メートルである。その中に東西に7棟ずつ、左右対称に14の朝堂が並んでいる。北から東西とも第一堂、第二堂と順に名付ける。第一堂は南北(桁裄)16.1メートル、東西(梁間)7.9メートルで、第二堂は南北20.5メートル、東西7.0メートルであり、木製基壇の上に立つ。第三・四・五堂と第七堂(南北に並ぶ東西棟二棟の内の南側)は桁裄35.0メートル、梁間5.8メートルである。このように朝堂院の規模が違うのは、着座する人たちの位によって朝堂に格式に差があったことが分かる。14の朝堂が見つかっている。後の宮では12である。難波宮 フレッシュアイペディアより)

  • 長屋王

    長屋王から見た平城宮平城宮

    長屋王邸は平城宮の東南角に隣接する高級住宅街に位置し、約30,000m2を占めていた。出土した木簡群などの遺物は奈良時代の貴族生活を知る貴重な遺産となったが、地元や研究者の反対にも関わらず遺構の多くは建設により破壊された。現在はイトーヨーカドー奈良店として利用され敷地の一角に記念碑が設けられているのみである。長屋王 フレッシュアイペディアより)

  • 美波町

    美波町から見た平城宮跡平城宮

    日和佐地区に関係する木簡が平城宮跡から出土。天平勝宝〜天平宝字年間のものと推測。美波町 フレッシュアイペディアより)

  • 古式競馬 (日本)

    古式競馬 (日本)から見た平城宮平城宮

    奈良時代は平城宮の南苑(なんえん)、平安時代では武徳殿(ぶとくでん)(馬埒殿(うまきどの)/馬場殿とも言う)で行われた。古式競馬 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 古墳

    古墳から見た平城宮平城宮

    古墳の破壊も後を絶たない。古墳時代にすでに古墳が破壊されていたことが発掘などにより明らかになっているが、これらは政治的意図と思われる。しかし年月が経過すると、土地使用に供するために古墳を破壊するようになった。古くは、平城宮建設のために市庭古墳(平城天皇陵)の一部などが破壊された。農地のための破壊は歴史を通じて見られ、中世には城砦のために、近代(特に戦後)には宅地のために破壊されてきた。戦後に破壊された最大の古墳は、1949年に破壊された全長168mの百舌鳥大塚山古墳である。破壊の危機に瀕したいたすけ古墳の保存運動などをきっかけに、古墳は保存すべき文化財との認識が広まり、近年では大規模な破壊はない。しかし、工事の最中に発見された小さな古墳が公にされないまま破壊されている可能性があるほか、2005年には古江古墳が破壊されるなど、小規模の古墳の破壊は今もある。古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良大学

    奈良大学から見た平城宮平城宮

    3ヶ所もの世界遺産があり、東大寺・平城宮・唐招提寺・法隆寺・飛鳥・吉野など、千年以上もの歴史文化が蓄積し万葉故地が点在する奈良大和路。それらの本物の文化財を生きた教材として、最大限に教学活用し「歩く」「見る」「聞く」「触れる」「感じる」など多くの体験型授業を行っている。奈良大学 フレッシュアイペディアより)

99件中 71 - 80件表示

「平城宮跡」のニューストピックワード