99件中 81 - 90件表示
  • 九九

    九九から見た平城宮平城宮

    日本には大和時代に百済から伝えられ、平安時代には貴族の教養の一つとされていたという説があったが、奈良市の平城宮跡で出土した「九九」を記した8世紀の木簡に、中国の数学書「孫子算経」と同じ「如」の文字が書かれていることから、九九は中国から伝来したと考えられると、奈良文化財研究所が2010年12月3日に発表した。もともとは九九から唱える(うしろからはじめる)もので、このなごりから九九と呼ばれるようになり、のちに一一からはじまるようになった。現在では、一の段(一一から一九まで)、二の段(二一から二九まで)、…、九の段(九一から九九まで)のように各段に分けて唱えることもしばしば行われる。かつては半九九と呼ばれる半分だけの九九が用いられていた。これは割り算九九と混同しないためにであったと考えられる。割り算九九が廃れるにつれ全九九が主流となった。積が一桁のときは「が」を付ける。即ち「が」はゼロを意味し、十の位の空位を意識させるためにも役立つ。特に珠算において、「が」があるおかげで桁取りを間違えることがなくなる。九九 フレッシュアイペディアより)

  • 京奈和自動車道

    京奈和自動車道から見た平城宮跡平城宮

    大和北道路の区間については、ユネスコの世界遺産でもある平城宮跡の地下を通過する計画案であったが、地下水によって保存されている木簡に深刻な影響が出ることが懸念され、平城宮跡直下をトンネルで建設する案は白紙となった。2005年9月初旬、国土交通省はルートを平城宮跡の約1km東側にずらすという最終案を固めた。最終案では、奈良市平城ニュータウン付近から新大宮駅付近を通過して奈良市八条まで至る約5kmをトンネルにすることが提示されており、高架道路ではなくトンネルにすることで景観に配慮した形となっている。しかし、トンネルの出入り口では工法上、掘り割りによって地下水脈を分断する可能性が指摘される。並行するトンネル同士は規定の間隔が必要になるため、北行きのトンネルはウワナベ古墳の濠の直下もしくは水際に来ることになり、危険物運搬車両の通行を禁じる規制を有する水面下トンネルになるとされる。また、排気ガスをトンネル両端から集中して排出することになるため、周辺の住宅地や観光資源、文化財へ与える影響も無視できない。北の換気塔の高さは風致地区(第一種)内の規制に合わせた8mになるが、付近の住宅地は換気塔よりも高いため、排煙をそのまま受ける可能性が示唆される。京奈和自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 太田博太郎

    太田博太郎から見た平城宮平城宮

    文化財の修理・保存事業にも尽力し、法隆寺の修復、薬師寺・平城宮の復元のほか、長野県妻籠宿の町並み保存にも関わった。太田博太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 児島郡

    児島郡から見た平城宮平城宮

    平城宮出土の木簡には「吉備国子嶋郡小豆郷」、「備前国児嶋郡賀茂郷」との記載がある。児島郡 フレッシュアイペディアより)

  • 若草山

    若草山から見た平城宮平城宮

    中でも観望名所としては、興福寺五重塔近辺の奈良公園、西ノ京の大池(勝又池)、平城宮跡である。大池は薬師寺西塔竣工後、平城宮跡は朱雀門竣工後に観望者が急増した。しかし2010年は、薬師寺東塔解体工事の開始、平城遷都1300年記念事業に伴う平城宮内の大規模工事により、大池・平城宮跡からの観望を断念した者が多かったようだ。若草山 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄奈良駅

    近鉄奈良駅から見た平城宮跡平城宮

    12系統:西大寺駅 行(法華寺・平城宮跡経由)近鉄奈良駅 フレッシュアイペディアより)

  • 平城京

    平城京から見た平城宮跡平城宮

    大内裏に相当する辺りは現在の近鉄奈良線大和西大寺駅と新大宮駅の中間にあり、1922年には史跡に指定、1952年には特別史跡(平城宮跡(へいじょうきゅうせき))として保存されている。更に1978年に平城京左京三条二坊宮跡庭園が特別史跡、および1992年に特別名勝に指定されている。また朱雀大路の一部(二条-三条あたり)が1984年に史跡に指定されている。平城京 フレッシュアイペディアより)

  • 和銅

    和銅から見た平城宮平城宮

    和銅元年2月 - 平城の地に新都造営の詔がでる。10月、伊勢神宮に平城宮造営を告げる。和銅 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原京

    藤原京から見た平城宮平城宮

    2010年7月に、天皇の即位儀礼が行われる『大嘗宮』の可能性がある建物跡などが発見されたと、奈良文化財研究所が発表した。根拠としては、柱の跡が42本見つかり、これらが建物跡や塀跡、門跡であると確認され、これが「平城宮の大嘗宮跡と類似した構造」であるとされた。ところが、藤原宮があった時代には、実際には柱穴が1基しかなかったなど、矛盾点が多数見つかり、同研究所は11月18日に、調査結果を撤回する事態になった。藤原京 フレッシュアイペディアより)

  • 天平文化

    天平文化から見た平城宮平城宮

    唐招提寺金堂、講堂 - 講堂は、平城宮の東朝集殿を移築改造したもの。天平文化 フレッシュアイペディアより)

99件中 81 - 90件表示

「平城宮跡」のニューストピックワード