88件中 41 - 50件表示
  • 走る男II

    走る男IIから見た平城遷都1300年記念事業平城遷都1300年記念事業

    2009年12月12日、奈良県での走行において、平城遷都1300年記念事業のマスコット「せんとくん」が伴走者として参加。奈良県が放送された回のED「今週の走る男たち」で、奈良県最後のランナーは「せんとくん」となっていた。走る男II フレッシュアイペディアより)

  • プレック研究所

    プレック研究所から見た平城遷都1300年記念事業平城遷都1300年記念事業

    特別史跡平城京跡第一次大極殿正殿(文化庁平城遷都1300年記念事業、復原工事現場公開施設.展示・映像設備設計)プレック研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見た平城遷都1300年記念事業平城遷都1300年記念事業

    2008年頃から、奈良県に中国の政府系機関の「中華社会文化発展基金会」から日中友好協会と薬師寺を通して「奈良と京都を空襲からはずすよう米軍に進言して古都を救った大恩人」として梁思成の銅像を寄贈する打診があり、平山郁夫が顕彰会を設立をし日本人から寄付金を募り奈良県文化会館に銅像を設置する動きがあった。2010年6月には日中友好の証として平城京遷都1300年祭にも合わせて、北京の中国国家博物館で中国人民政治協商会議の孫家正副主席、清華大学の顧秉林学長、元中国大使の阿南惟茂、窪田修奈良副知事、梁思成の親族らが出席して大々的に記念式典が行われ、日本でもこの計画が報じられ始めた。しかし「史実かどうか極めて疑わしく中国の対日世論工作の疑いがある」との600件余りの抗議が県に寄せられ、本事件により日中関係も悪化するとこれが決定打となり、2010年12月に計画は中止された。尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

  • 田代和

    田代和から見た平城遷都1300年記念事業平城遷都1300年記念事業

    2006年には、近畿日本鉄道相談役のほかに平城遷都1300年記念事業協会顧問を務め、毎日放送や関西電力取締役も務めた。田代和 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良マラソン

    奈良マラソンから見た平城遷都1300年記念事業平城遷都1300年記念事業

    2010年に年間を通して展開された「平城遷都1300年記念事業」の一環として、これまでフルマラソン以外のロードレース・ジョギング大会を軸に行った「奈良春日・大仏マラソン全国大会」(1981年創設)を第30回記念大会を契機としてリニューアルし、フルマラソンを加えた「奈良マラソン」としてグレードアップすることになった。奈良マラソン フレッシュアイペディアより)

  • 梅原猛

    梅原猛から見た平城遷都1300年記念事業平城遷都1300年記念事業

    市川猿之助劇団のために『ヤマトタケル』や『オオクニヌシ』『オグリ』などの歌舞伎台本を書き、これが古典芸能化した近代歌舞伎の殻を破ったので、スーパー歌舞伎と称している。また『ギルガメシュ叙事詩』を戯曲化した『ギルガメシュ』は中国の劇団が上演し、中国の環境問題の啓蒙に大きな役割を果たしている。ただ、演劇では自分の思い通りにならないということで、小説版『ギルガメッシュ』を執筆しており、売れなかったが本作が自身で一番の作品だと語っている。『中世小説集』や『もののかたり』など説話に基づく短編小説集も評判をとっている。また『王様と恐竜』『ムツゴロウ』『クローン人間ナマシマ』などのスーパー狂言の台本も書いている。九条の会の呼び掛け人の一人。平城遷都1300年記念事業特別顧問。2006年には源氏物語千年紀の呼び掛け人となる。梅原猛 フレッシュアイペディアより)

  • 千田稔 (歴史地理学者)

    千田稔 (歴史地理学者)から見た平城遷都1300年記念事業平城遷都1300年記念事業

    奈良県立図書情報館館長、平城遷都1300年記念事業協会理事、人文地理学会会長(2002年11月 - 2006年10月)千田稔 (歴史地理学者) フレッシュアイペディアより)

  • せんとくん

    せんとくんから見た平城遷都1300年記念事業平城遷都1300年記念事業

    せんとくんは、2010年に奈良県で開催された平城遷都1300年記念事業(平城遷都1300年祭)の公式マスコットキャラクターであったが、2011年より奈良県のマスコットキャラクターとなった。鹿の角が生えた童子の姿をしている。せんとくん フレッシュアイペディアより)

  • 寺田千代乃

    寺田千代乃から見た平城遷都1300年記念事業平城遷都1300年記念事業

    また女性経済人として、2002年-2004年は関西経済同友会代表幹事を務め、2005年5月には、関西経済連合会副会長に就任した。平城遷都1300年記念事業協会顧問。寺田千代乃 フレッシュアイペディアより)

  • 圓照寺

    圓照寺から見た平城遷都1300年記念事業平城遷都1300年記念事業

    三島由紀夫の小説『豊饒の海』に再三登場する「月修寺」は、圓照寺をモデルに描かれている。非公開寺院のため拝観は不可となっているが、2010年11月15日から19日までの間に平城遷都1300年記念事業の一環として特別拝観が実施され、抽選で選ばれた1000人を対象に本堂と奥御殿庭園、本尊の木造如意輪観音像が公開された。圓照寺 フレッシュアイペディアより)

88件中 41 - 50件表示

「平城遷都1300年祭」のニューストピックワード