191件中 121 - 130件表示
  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た国際日本文化研究センター

    梅原猛(国際日本文化研究センター顧問・名誉教授)平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た奈良駅

    このほかに西日本旅客鉄道(JR西日本)奈良駅の高架化工事が進められ、会期中の2010年3月に完成した。これは、従来地平を走っていた線路を跨線橋で超えていたものを、付近一帯の線路を高架にし道路を地平に移すことによって踏切を無くす大規模な工事であった。完成後は駅ホームも高架となり、駅舎も現在の仮駅舎に代わって奈良の歴史をモチーフにしたデザインになっている。また駅周辺は西側にホテル誘致(これは失敗に終わったが)・総合保健施設、東側に商業ビルなどの再開発も進んでいる。旧駅舎は観光案内所としてリニューアルされた(「奈良駅」も参照)。しかしながら、駅前広場の再整備は主要部分が事業化されていない状態であり、また当初の計画にあった奈良駅の2階から接続する予定の駅東側のペデストリアンデッキは、旧国道24号線の拡幅工事が予定通りに進まなかった事や、デッキからの降り口をどこに造るかで降り口周辺の店舗とそうでない店舗との調整が出来なかった事などが重なり、建設されていない。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見たゆるキャラ

    この騒動で多くの報道が行われたために知名度は抜群となり、いわゆるゆるキャラとは一線を画したキャラクターと相まって徐々に知名度が高まった。2010年7月時点で、「せんとくん」関連グッズのライセンス料は30億円に達した。また前述のような批判の動きを報道した新聞記者が、協会職員からなじられたことがある。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た阪神なんば線

    近鉄では、近鉄奈良線大和西大寺駅 - 新大宮駅間に会期中限定の臨時駅を設置する構想があったが断念された。検討されていた設置場所は国道24号奈良バイパスの高架下付近(平城宮跡の東端)だった。なお近鉄奈良線は阪神西大阪線難波延伸工事(阪神なんば線)が完了し、2009年より近鉄奈良駅 - 阪神三宮駅間で相互直通運転を開始している。これに加え会期中の土曜・日曜には近鉄名古屋駅 - 大和西大寺駅間に臨時特急が運転された。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た大極殿

    F:第一次大極殿・前庭 (Front Courtyard of the Former Imperial Audience Hall) 内部も公開された。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た国道308号

    道路関係の主な工事としては阪奈道路の第二阪奈道路合流点(宝来ランプ) - 尼ヶ辻間の8車線化工事が挙げられる(国道308号大宮道路)。これは片側2車線(合計4車線)しかなく慢性的に渋滞が発生していた(第二阪奈の開業で車両流入量が増えさらに悪化している)同区間の状況を緩和するべく、新たにこの区間に4車線の高架路を作り遠近分離を図るものであった。また、これにつながる形で三条菅原線(三条大路5丁目-三条栄町)と大森高畑線の一部の4車線化も行われJR奈良駅西口から平城宮跡会場まで渋滞を避けたシャトルバス運行に重用された。旧国道24号線より東側の三条通りの歩道拡幅も行われたが、会期までには完成せず会期中は工事中断とされた。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見たなら燈花会

    なら燈花会2010(奈良公園を中心に毎年開催されているイベントの特別バージョン)平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た勧進帳

    2008年10月15日 東大寺奉納大歌舞伎 松本幸四郎千回上演「勧進帳」 東大寺大仏殿前平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た久宝寺駅

    JR西日本も2008年におおさか東線の南区間である久宝寺駅 - 放出駅間を先行開業させて、同線・JR東西線経由で奈良駅 - 尼崎駅間に快速列車を走らせている。当初計画されていた新大阪駅 - 奈良駅間の列車は北区間の工事の遅れにより2010年の会期には間に合わず、新大阪駅 - 奈良駅間に臨時特急列車を運転する予定に変更された。また、当初、関西空港駅から奈良方面への臨時列車の運転が計画され、平城遷都1300年祭の秋季期間(10月9日 - 11月7日)に、天王寺駅・JR難波駅を経由する貸切列車を運転させる予定であったが、実際には運転されなかった。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た阪奈道路

    道路関係の主な工事としては阪奈道路の第二阪奈道路合流点(宝来ランプ) - 尼ヶ辻間の8車線化工事が挙げられる(国道308号大宮道路)。これは片側2車線(合計4車線)しかなく慢性的に渋滞が発生していた(第二阪奈の開業で車両流入量が増えさらに悪化している)同区間の状況を緩和するべく、新たにこの区間に4車線の高架路を作り遠近分離を図るものであった。また、これにつながる形で三条菅原線(三条大路5丁目-三条栄町)と大森高畑線の一部の4車線化も行われJR奈良駅西口から平城宮跡会場まで渋滞を避けたシャトルバス運行に重用された。旧国道24号線より東側の三条通りの歩道拡幅も行われたが、会期までには完成せず会期中は工事中断とされた。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

191件中 121 - 130件表示

「平城遷都1300年祭」のニューストピックワード