平山相太 ニュース&Wiki etc.

平山 相太(ひらやま そうた、1985年6月6日 - )は、福岡県出身の元プロサッカー選手。現役時代のポジションはフォワード(FW)。北九州市立田原中学校卒業。長崎県立国見高等学校卒業、筑波大学中退。元日本代表。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「平山相太」のつながり調べ

  • 武藤嘉紀

    武藤嘉紀から見た平山相太

    同年J1第1節の対柏レイソル戦にて、FC東京の新人選手では2008年の長友佑都以来となるJリーグ開幕戦での先発出場を果たし、3トップの左ウイングとして相手の守備網と互角の勝負を演じた。運動量とスピードを活かし、2トップの一角やサイドハーフでの起用にも順応を見せた上、ドリブル突破による1対1での打開力を発揮してJ1第21節浦和戦でシーズン7得点目を挙げ、クラブの新人最多得点記録を更新した。プレッシャーの高まりや疲労の蓄積、FW平山相太の負傷離脱によるポストプレーの負担の増加が重なりシーズン終盤には得点のペースを落としたが、J1第31節の対名古屋グランパスエイト戦でのゴールにより、渡邉千真が持つリーグ新人最多記録の13得点に並んだ。同年12月、新人では小野伸二、中澤佑二に次いで15年ぶり史上3人目となるJリーグベストイレブン選出を果たした。(武藤嘉紀 フレッシュアイペディアより)

  • 雲仙市立国見中学校

    雲仙市立国見中学校から見た平山相太

    平山相太(サッカー選手、FC東京)(雲仙市立国見中学校 フレッシュアイペディアより)