前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示
  • 平山相太

    平山相太から見た反町康治

    2008年からFC東京の監督に城福浩が就任。開幕戦ではスタメンで起用されたが、赤嶺真吾の台頭もあり、その後はサブとしてゲーム後半からの途中出場が多くを占めた。長年期待されてきた北京五輪代表候補にも、2月のアメリカ遠征に招集された位で、本大会の前哨戦として捉えられていた5月のトゥーロン国際大会などには招集されなくなっていたが、体が絞れ多少キレが戻ったナビスコカップでの東京ダービーでハットトリックを決め、最後の滑り込み招集に一縷の望みを託す。しかし、反町康治五輪代表監督には招集されず、オリンピック2大会連続出場は叶わなかった。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た小嶺忠敏

    高校卒業を前に、Jリーグだけでなくヨーロッパのクラブからもオファーが来ていたが、国見高校の恩師小嶺忠敏総監督(当時)のアドバイスもあり、全てのオファーを断って2004年4月からの筑波大学への進学を決断。この選択は、プロスポーツやサッカー界を取り巻く環境面についての議論を呼んだ。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た木山隆之

    2004年4月17日の大学リーグデビュー戦(関東大学リーグ1部・対流通経済大学戦)は3800人の観衆が集まるなど注目を集め、駒沢陸上競技場にマスコミが多数集まりスポーツニュース等で報道された。なお、大学時代のチームメイトには2学年上にMF藤本淳吾、3学年上にFW鈴木達也、MF兵働昭弘らがおり、木山隆之監督の指導を受けている。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た赤嶺真吾

    2008年からFC東京の監督に城福浩が就任。開幕戦ではスタメンで起用されたが、赤嶺真吾の台頭もあり、その後はサブとしてゲーム後半からの途中出場が多くを占めた。長年期待されてきた北京五輪代表候補にも、2月のアメリカ遠征に招集された位で、本大会の前哨戦として捉えられていた5月のトゥーロン国際大会などには招集されなくなっていたが、体が絞れ多少キレが戻ったナビスコカップでの東京ダービーでハットトリックを決め、最後の滑り込み招集に一縷の望みを託す。しかし、反町康治五輪代表監督には招集されず、オリンピック2大会連続出場は叶わなかった。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た梶山陽平

    2009年5月、城福監督からの「試合に出られそうなときとそうでないときで練習でのプレーにムラがある。サッカー選手は選手寿命が短いのだから時間の使い方がもったいないのではないか」との指摘や、NHKの番組にてプロ野球選手・小笠原道大の練習姿勢に感銘を受けた事などが重なり、「プロとしての自覚が足りないことに気付き、極限の努力をするべき」だと意識改革を試みる。以降は出場停止となった2試合を除き全試合にスタメン出場。6月20日のJ1第14節柏戦では身体の強さを活かし、チェックに来たDF小林祐三を吹き飛ばしてゴールを決めた。以降、ゴール量産こそならなかったが、体躯を活かしたプレーで貢献。このシーズン、15得点の活躍を見せた石川直宏からは「前に起点ができるおかげで、ぼくらが前に行ける。FWだからゴールに近い位置でプレーしたいはずなのに(ポスト役をこなしてくれる)」と平山のポストプレーなどを高く評価した。また、この頃から梶山陽平が「守備では本当に助かっている」と話すなど、運動量と守備意識に改善を見せている。城福監督からは「バイタルエリアからでも難しいパスを出すことができるが、シンプルなパスを出すところとの判断が甘い」と課題を挙げられている。11月3日のナビスコカップ決勝・川崎戦では後半にヘディングでのゴールを決め、自らの初タイトル獲得に大きく貢献した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た石川直宏

    2009年5月、城福監督からの「試合に出られそうなときとそうでないときで練習でのプレーにムラがある。サッカー選手は選手寿命が短いのだから時間の使い方がもったいないのではないか」との指摘や、NHKの番組にてプロ野球選手・小笠原道大の練習姿勢に感銘を受けた事などが重なり、「プロとしての自覚が足りないことに気付き、極限の努力をするべき」だと意識改革を試みる。以降は出場停止となった2試合を除き全試合にスタメン出場。6月20日のJ1第14節柏戦では身体の強さを活かし、チェックに来たDF小林祐三を吹き飛ばしてゴールを決めた。以降、ゴール量産こそならなかったが、体躯を活かしたプレーで貢献。このシーズン、15得点の活躍を見せた石川直宏からは「前に起点ができるおかげで、ぼくらが前に行ける。FWだからゴールに近い位置でプレーしたいはずなのに(ポスト役をこなしてくれる)」と平山のポストプレーなどを高く評価した。また、この頃から梶山陽平が「守備では本当に助かっている」と話すなど、運動量と守備意識に改善を見せている。城福監督からは「バイタルエリアからでも難しいパスを出すことができるが、シンプルなパスを出すところとの判断が甘い」と課題を挙げられている。11月3日のナビスコカップ決勝・川崎戦では後半にヘディングでのゴールを決め、自らの初タイトル獲得に大きく貢献した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た城福浩

    2008年からFC東京の監督に城福浩が就任。開幕戦ではスタメンで起用されたが、赤嶺真吾の台頭もあり、その後はサブとしてゲーム後半からの途中出場が多くを占めた。長年期待されてきた北京五輪代表候補にも、2月のアメリカ遠征に招集された位で、本大会の前哨戦として捉えられていた5月のトゥーロン国際大会などには招集されなくなっていたが、体が絞れ多少キレが戻ったナビスコカップでの東京ダービーでハットトリックを決め、最後の滑り込み招集に一縷の望みを託す。しかし、反町康治五輪代表監督には招集されず、オリンピック2大会連続出場は叶わなかった。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た小笠原道大

    2009年5月、城福監督からの「試合に出られそうなときとそうでないときで練習でのプレーにムラがある。サッカー選手は選手寿命が短いのだから時間の使い方がもったいないのではないか」との指摘や、NHKの番組にてプロ野球選手・小笠原道大の練習姿勢に感銘を受けた事などが重なり、「プロとしての自覚が足りないことに気付き、極限の努力をするべき」だと意識改革を試みる。以降は出場停止となった2試合を除き全試合にスタメン出場。6月20日のJ1第14節柏戦では身体の強さを活かし、チェックに来たDF小林祐三を吹き飛ばしてゴールを決めた。以降、ゴール量産こそならなかったが、体躯を活かしたプレーで貢献。このシーズン、15得点の活躍を見せた石川直宏からは「前に起点ができるおかげで、ぼくらが前に行ける。FWだからゴールに近い位置でプレーしたいはずなのに(ポスト役をこなしてくれる)」と平山のポストプレーなどを高く評価した。また、この頃から梶山陽平が「守備では本当に助かっている」と話すなど、運動量と守備意識に改善を見せている。城福監督からは「バイタルエリアからでも難しいパスを出すことができるが、シンプルなパスを出すところとの判断が甘い」と課題を挙げられている。11月3日のナビスコカップ決勝・川崎戦では後半にヘディングでのゴールを決め、自らの初タイトル獲得に大きく貢献した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た大熊清

    2010年1月6日にアジアカップ最終予選・イエメン代表戦(サヌア)にA代表選手として国際Aマッチ初出場、代表デビュー戦でハットトリックを達成。これは日本では史上2人目、途中出場では初となる快挙だった。この活躍でチームも逆転勝ちした。Jリーグでも得点を狙う動きが増え、開幕戦では決勝ゴールを決めたが、それ以後が続かず、5月1日のJ1第9節広島戦では「チームとして点が取れない中での変化が欲しかった(城福監督)」という理由で、コンディション不良でないにもかかわらず前半28分に交代を命じられた。8月4日に開催されたスルガ銀行チャンピオンシップでは1ゴール1アシストの活躍を見せ、タイトル獲得に貢献。対戦相手であるLDUキトのバウサ監督は「(平山の)身長の高さにてこずった、彼がいると自分たちのコントロールが効かなくなり悩まされた」と評価した。また、同試合のPK戦では真っ先に辞退を申し出ておりPK戦への苦手意識を見せている。10月23日のJ1第27節・新潟戦でも自らが倒されて得たPKを梶山に譲った。大熊清が監督に就任した第24節以降は、中心選手としてスターティングメンバーに固定され、起点として貢献するもチームはJ2降格を喫した。また、この年はワールドカップ招致アンバサダーも務めた。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た小林祐三

    2009年5月、城福監督からの「試合に出られそうなときとそうでないときで練習でのプレーにムラがある。サッカー選手は選手寿命が短いのだから時間の使い方がもったいないのではないか」との指摘や、NHKの番組にてプロ野球選手・小笠原道大の練習姿勢に感銘を受けた事などが重なり、「プロとしての自覚が足りないことに気付き、極限の努力をするべき」だと意識改革を試みる。以降は出場停止となった2試合を除き全試合にスタメン出場。6月20日のJ1第14節柏戦では身体の強さを活かし、チェックに来たDF小林祐三を吹き飛ばしてゴールを決めた。以降、ゴール量産こそならなかったが、体躯を活かしたプレーで貢献。このシーズン、15得点の活躍を見せた石川直宏からは「前に起点ができるおかげで、ぼくらが前に行ける。FWだからゴールに近い位置でプレーしたいはずなのに(ポスト役をこなしてくれる)」と平山のポストプレーなどを高く評価した。また、この頃から梶山陽平が「守備では本当に助かっている」と話すなど、運動量と守備意識に改善を見せている。城福監督からは「バイタルエリアからでも難しいパスを出すことができるが、シンプルなパスを出すところとの判断が甘い」と課題を挙げられている。11月3日のナビスコカップ決勝・川崎戦では後半にヘディングでのゴールを決め、自らの初タイトル獲得に大きく貢献した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示

「平山相太」のニューストピックワード