88件中 21 - 30件表示
  • 平山相太

    平山相太から見た流通経済大学サッカー部

    2004年4月17日の大学リーグデビュー戦(関東大学リーグ1部・対流通経済大学戦)は3800人の観衆が集まるなど注目を集め、駒沢陸上競技場にマスコミが多数集まりスポーツニュース等で報道された。なお、大学時代のチームメイトには2学年上にMF藤本淳吾、3学年上にFW鈴木達也、MF兵働昭弘らがおり、木山隆之監督の指導を受けている。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た北九州市

    平山 相太(ひらやま そうた、1985年6月6日 - )は、福岡県北九州市小倉南区出身のプロサッカー選手。JリーグのFC東京に所属。ポジションはフォワード。長崎県立国見高等学校卒業、筑波大学中退。元日本代表。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たFIFA U-20ワールドカップ

    2003年の11月にはワールドユース・UAE大会の日本代表に1年代下から抜擢され、1次リーグ最終戦・エジプト戦では決勝トーナメント進出を決める貴重な決勝点を挙げるなど、4試合2得点。その後、12月から翌年1月に行われた第82回全国高校サッカー選手権では大会前から注目を集め、長崎県代表・国見高の中心選手としてゴールを量産。大会史上初となる2年連続得点王を引っさげ、アテネオリンピックアジア最終予選の日本代表に高校生として唯一選出された。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たベガルタ仙台

    2010年10月16日:J1・100試合出場 - 第26節 vsベガルタ仙台 (ユアスタ)平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た山形県立山形中央高等学校

    2002年12月1日:第82回天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦 vs 山形中央高校 (長崎)平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た川崎フロンターレ

    2009年5月、城福監督からの「試合に出られそうなときとそうでないときで練習でのプレーにムラがある。サッカー選手は選手寿命が短いのだから時間の使い方がもったいないのではないか」との指摘や、NHKの番組にてプロ野球選手・小笠原道大の練習姿勢に感銘を受けた事などが重なり、「プロとしての自覚が足りないことに気付き、極限の努力をするべき」だと意識改革を試みる。以降は出場停止となった2試合を除き全試合にスタメン出場。6月20日のJ1第14節柏戦では身体の強さを活かし、チェックに来たDF小林祐三を吹き飛ばしてゴールを決めた。以降、ゴール量産こそならなかったが、体躯を活かしたプレーで貢献。このシーズン、15得点の活躍を見せた石川直宏からは「前に起点ができるおかげで、ぼくらが前に行ける。FWだからゴールに近い位置でプレーしたいはずなのに(ポスト役をこなしてくれる)」と平山のポストプレーなどを高く評価した。また、この頃から梶山陽平が「守備では本当に助かっている」と話すなど、運動量と守備意識に改善を見せている。城福監督からは「バイタルエリアからでも難しいパスを出すことができるが、シンプルなパスを出すところとの判断が甘い」と課題を挙げられている。11月3日のナビスコカップ決勝・川崎戦では後半にヘディングでのゴールを決め、自らの初タイトル獲得に大きく貢献した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た国際サッカー連盟

    2006年1月27日、FIFAが選出する「ベスト・ヤング・プレーヤー・オブ・ワールドカップ2006」にノミネート。4月30日には、サッカーに専念するため、休学中であった筑波大を自主退学。プロサッカー選手としての活動に専念することとなった。オフにはポジション争いをしていたFWタメルスの放出により、主軸となることが期待されたが、欧州の移籍期限終了後の9月5日、所属していたヘラクレスを退団をした。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た日本サッカー協会

    日本に帰国後にはJリーグの複数チームから獲得の打診があり、「学業の両立」が可能で、かつ、「すぐ試合に出られるチーム」を条件に絞り込み、9月10日にFC東京への加入が決定。しかしヘラクレス側は平山のこの行動を不服とし、「説明が無い限り(公式戦出場に必要な)国際移籍証明書を発行しない」という声明を発表したが、期限前に証明書は発行され無事に2006年のJリーグ公式戦に出場できる運びとなった。国際移籍証明書がなかなか発行されなかったために日本サッカー協会が選手登録の締切り期限を1日延長した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た柏レイソル

    2009年5月、城福監督からの「試合に出られそうなときとそうでないときで練習でのプレーにムラがある。サッカー選手は選手寿命が短いのだから時間の使い方がもったいないのではないか」との指摘や、NHKの番組にてプロ野球選手・小笠原道大の練習姿勢に感銘を受けた事などが重なり、「プロとしての自覚が足りないことに気付き、極限の努力をするべき」だと意識改革を試みる。以降は出場停止となった2試合を除き全試合にスタメン出場。6月20日のJ1第14節戦では身体の強さを活かし、チェックに来たDF小林祐三を吹き飛ばしてゴールを決めた。以降、ゴール量産こそならなかったが、体躯を活かしたプレーで貢献。このシーズン、15得点の活躍を見せた石川直宏からは「前に起点ができるおかげで、ぼくらが前に行ける。FWだからゴールに近い位置でプレーしたいはずなのに(ポスト役をこなしてくれる)」と平山のポストプレーなどを高く評価した。また、この頃から梶山陽平が「守備では本当に助かっている」と話すなど、運動量と守備意識に改善を見せている。城福監督からは「バイタルエリアからでも難しいパスを出すことができるが、シンプルなパスを出すところとの判断が甘い」と課題を挙げられている。11月3日のナビスコカップ決勝・川崎戦では後半にヘディングでのゴールを決め、自らの初タイトル獲得に大きく貢献した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たサッカーパラグアイ代表

    U-23日本代表としては、同年2月8日の国際親善試合・U-23イラン戦で初先発し初ゴールを挙げる。8月にはサッカー競技としては史上最年少の19歳2ヶ月でアテネオリンピックに出場。しかし山本昌邦監督が平山を起用したのはグループステージ初戦・パラグアイ戦の終盤16分間のみで、チームも1勝2敗で決勝トーナメント進出はならなかった。平山相太 フレッシュアイペディアより)

88件中 21 - 30件表示

「平山相太」のニューストピックワード