88件中 41 - 50件表示
  • 平山相太

    平山相太から見たアテネオリンピック (2004年) におけるサッカー競技

    2003年の11月にはワールドユース・UAE大会の日本代表に1年代下から抜擢され、1次リーグ最終戦・エジプト戦では決勝トーナメント進出を決める貴重な決勝点を挙げるなど、4試合2得点。その後、12月から翌年1月に行われた第82回全国高校サッカー選手権では大会前から注目を集め、長崎県代表・国見高の中心選手としてゴールを量産。大会史上初となる2年連続得点王を引っさげ、アテネオリンピックアジア最終予選の日本代表に高校生として唯一選出された。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たハットトリック

    小学校2年よりサッカーを始め、抜きん出た体格と素質を示した。高校サッカーの名門・国見高校に入学後、エースとして活躍。2年時の第82回天皇杯では、1回戦の山形中央高校戦でハットトリックを記録。2回戦で国士舘大学を破り高校チームながら3回戦でJリーグ王者のジュビロ磐田と対戦した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た2005 FIFAワールドユース選手権

    2005年6月には、自身2度目のワールドユース・オランダ大会に主力メンバーとして出場し、チームの成績は振るわなかったものの1得点を挙げる。この大会終了後の同年7月、オランダリーグ・フェイエノールトの練習生として短期留学。その後8月にこのシーズンから1部入りしたヘラクレス・アルメロに3年契約で入団することが決まり、筑波大学を休学する事になった。この時期の心境について後年に「2度目のワールドユースに出場し、2003年のワールドユースの時の自分から何も変わっていない、成長していない。厳しい環境に身を置きたいと強く思った」と述べている。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たADOデン・ハーグ

    2005年8月20日、オランダでのデビュー戦となった対デン・ハーグ戦は後半途中から投入。出場から2分後、味方のフリーキックからヘディングで押し込みプロ初ゴールを挙げ、その後コーナーキックの折り返しを再び頭で合わせて2得点、デビュー戦でチームを逆転勝利に導いた。同年11月20日の対RBC戦ではボレーシュートを決め、現地のサッカー番組の中でベストゴールにノミネートされた。2005-06シーズンは途中出場も多い中、チーム最多の8得点を挙げた。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た日本プロサッカーリーグ

    平山 相太(ひらやま そうた、1985年6月6日 - )は、福岡県北九州市小倉南区出身のプロサッカー選手。JリーグのFC東京に所属。ポジションはフォワード。長崎県立国見高等学校卒業、筑波大学中退。元日本代表。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た第82回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    小学校2年よりサッカーを始め、抜きん出た体格と素質を示した。高校サッカーの名門・国見高校に入学後、エースとして活躍。2年時の第82回天皇杯では、1回戦の山形中央高校戦でハットトリックを記録。2回戦で国士舘大学を破り高校チームながら3回戦でJリーグ王者のジュビロ磐田と対戦した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たAFCアジアカップ2011 (予選)

    2010年1月6日にアジアカップ最終予選・イエメン代表戦(サヌア)にA代表選手として国際Aマッチ初出場、代表デビュー戦でハットトリックを達成。これは日本では史上2人目、途中出場では初となる快挙だった。この活躍でチームも逆転勝ちした。Jリーグでも得点を狙う動きが増え、開幕戦では決勝ゴールを決めたが、それ以後が続かず、5月1日のJ1第9節広島戦では「チームとして点が取れない中での変化が欲しかった(城福監督)」という理由で、コンディション不良でないにもかかわらず前半28分に交代を命じられた。8月4日に開催されたスルガ銀行チャンピオンシップでは1ゴール1アシストの活躍を見せ、タイトル獲得に貢献。対戦相手であるLDUキトのバウサ監督は「(平山の)身長の高さにてこずった、彼がいると自分たちのコントロールが効かなくなり悩まされた」と評価した。また、同試合のPK戦では真っ先に辞退を申し出ておりPK戦への苦手意識を見せている。10月23日のJ1第27節・新潟戦でも自らが倒されて得たPKを梶山に譲った。大熊清が監督に就任した第24節以降は、中心選手としてスターティングメンバーに固定され、起点として貢献するもチームはJ2降格を喫した。また、この年はワールドカップ招致アンバサダーも務めた。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た筑波大学

    平山 相太(ひらやま そうた、1985年6月6日 - )は、福岡県北九州市小倉南区出身のプロサッカー選手。JリーグのFC東京に所属。ポジションはフォワード。長崎県立国見高等学校卒業、筑波大学中退。元日本代表。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た2003 FIFAワールドユース選手権

    2003年の11月にはワールドユース・UAE大会の日本代表に1年代下から抜擢され、1次リーグ最終戦・エジプト戦では決勝トーナメント進出を決める貴重な決勝点を挙げるなど、4試合2得点。その後、12月から翌年1月に行われた第82回全国高校サッカー選手権では大会前から注目を集め、長崎県代表・国見高の中心選手としてゴールを量産。大会史上初となる2年連続得点王を引っさげ、アテネオリンピックアジア最終予選の日本代表に高校生として唯一選出された。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たサッカーイエメン代表

    2010年1月6日にアジアカップ最終予選・イエメン代表戦(サヌア)にA代表選手として国際Aマッチ初出場、代表デビュー戦でハットトリックを達成。これは日本では史上2人目、途中出場では初となる快挙だった。この活躍でチームも逆転勝ちした。Jリーグでも得点を狙う動きが増え、開幕戦では決勝ゴールを決めたが、それ以後が続かず、5月1日のJ1第9節広島戦では「チームとして点が取れない中での変化が欲しかった(城福監督)」という理由で、コンディション不良でないにもかかわらず前半28分に交代を命じられた。8月4日に開催されたスルガ銀行チャンピオンシップでは1ゴール1アシストの活躍を見せ、タイトル獲得に貢献。対戦相手であるLDUキトのバウサ監督は「(平山の)身長の高さにてこずった、彼がいると自分たちのコントロールが効かなくなり悩まされた」と評価した。また、同試合のPK戦では真っ先に辞退を申し出ておりPK戦への苦手意識を見せている。10月23日のJ1第27節・新潟戦でも自らが倒されて得たPKを梶山に譲った。大熊清が監督に就任した第24節以降は、中心選手としてスターティングメンバーに固定され、起点として貢献するもチームはJ2降格を喫した。また、この年はワールドカップ招致アンバサダーも務めた。平山相太 フレッシュアイペディアより)

88件中 41 - 50件表示

「平山相太」のニューストピックワード