116件中 61 - 70件表示
  • 平山相太

    平山相太から見た北京オリンピックサッカーアジア予選

    2007年は北京五輪アジア二次予選で5試合で5得点を挙げるなどU-22代表で活躍。しかし最終予選ではU-20代表組の選手たちが合流すると、復調の兆しが見えない平山は重用されなくなった。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たハットトリック

    中学3年時には地元福岡の東福岡高校のセレクションにも参加したが、九州トレセンで国見高校監督を務める小嶺忠敏の指導に好印象を持ったこととなどから、3学期から長崎県の国見中学校へ転校し、2001年に国見高校へと進学。小嶺からは「(かつて国見のエースだった)船越優蔵よりも上」と評価されて1年時から主力に食い込むと、同年9月には自らの決勝点で高円宮杯を制し、2年時の第82回天皇杯では、1回戦の山形中央高校戦でハットトリックを記録。2回戦で国士舘大学を破り高校チームながら3回戦でJリーグ王者のジュビロ磐田と対戦した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たU-20サッカー日本代表

    2003年11月にはワールドユース・UAE大会の日本代表に1年代下から抜擢される。控えFWの立場であったが、坂田大輔以外のレギュラーFW陣にノーゴールが続く中、1次リーグ最終戦・エジプト戦では決勝トーナメント進出を決める貴重な決勝点を挙げ、ポストプレイヤーとしても空中戦をほぼすべて競り勝っていた活躍が認められ、ブラジルとの準々決勝ではスタメンとして起用される。敗れたものの、この試合唯一の得点も決めた。12月から翌年1月に行われた第82回全国高校サッカー選手権では大会前から注目を集め、長崎県代表・国見高の中心選手として得点を量産。大会史上初となる2年連続得点王を引っさげ、アテネオリンピックアジア最終予選の日本代表に高校生として唯一選出された。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た2005 FIFAワールドユース選手権

    2005年は、山本が監督に就いたジュビロ磐田の練習に参加していたが、U-20日本代表の活動を優先し特別指定は見送った。同年6月には、自身2度目のワールドユースに主力メンバーとして出場し、チームの成績は振るわなかったものの開催国のオランダ戦で1得点を挙げる。この大会終了後の同年7月、オランダリーグ・フェイエノールトの練習生として短期留学。翌8月にこのシーズンから1部入りしたヘラクレス・アルメロに3年契約で入団することが決まり、筑波大学を休学することになった。この時期の心境について後年に「2度目のワールドユースに出場し、2003年のワールドユースの時の自分から何も変わっていない、成長していない。厳しい環境に身を置きたいと強く思った」と述べている。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たADOデン・ハーグ

    2005年8月20日、オランダでのデビュー戦となった対デン・ハーグ戦は後半途中から投入。出場から2分後、味方のフリーキックからヘディングで押し込みプロ初ゴールを挙げると、さらにコーナーキックの折り返しを再び頭で合わせ、デビュー戦2得点でチームを逆転勝利に導いた。同年11月20日の対RBC戦ではリフティングからの技巧的なボレーシュートを決め、現地のサッカー番組の中でベストゴールにノミネートされた。2005-06シーズンは途中出場も多い中、チーム最多の8得点を挙げた。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たAFCアジアカップ2011 (予選)

    2010年1月6日開催のアジアカップ最終予選・イエメン戦(サナア)は、既に日本の本大会出場が決まっていたこと及び年明け早々の厳しい日程だったことからA代表歴の少ない若手選手中心に招集が行われ、平山も初招集された。同試合に途中出場して国際Aマッチ初出場及び代表デビュー戦でのハットトリックを達成し、チームを逆転勝利に導いた。デビュー戦でのハットトリックは日本では史上2人目、途中出場では初となる快挙だった。翌2月のキリンチャレンジカップにもイエメン戦で初選出された選手の中では唯一招集され、岡田武史監督から「期待以上。ゴール前で迫力がある」と絶賛されるプレーを見せたが、同月開催の東アジア選手権では無得点に終わり、同年開催のワールドカップの代表候補から外れた。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た国際Aマッチ

    2010年1月6日開催のアジアカップ最終予選・イエメン戦(サナア)は、既に日本の本大会出場が決まっていたこと及び年明け早々の厳しい日程だったことからA代表歴の少ない若手選手中心に招集が行われ、平山も初招集された。同試合に途中出場して国際Aマッチ初出場及び代表デビュー戦でのハットトリックを達成し、チームを逆転勝利に導いた。デビュー戦でのハットトリックは日本では史上2人目、途中出場では初となる快挙だった。翌2月のキリンチャレンジカップにもイエメン戦で初選出された選手の中では唯一招集され、岡田武史監督から「期待以上。ゴール前で迫力がある」と絶賛されるプレーを見せたが、同月開催の東アジア選手権では無得点に終わり、同年開催のワールドカップの代表候補から外れた。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たヘラクレス・アルメロ

    2005年は、山本が監督に就いたジュビロ磐田の練習に参加していたが、U-20日本代表の活動を優先し特別指定は見送った。同年6月には、自身2度目のワールドユースに主力メンバーとして出場し、チームの成績は振るわなかったものの開催国のオランダ戦で1得点を挙げる。この大会終了後の同年7月、オランダリーグ・フェイエノールトの練習生として短期留学。翌8月にこのシーズンから1部入りしたヘラクレス・アルメロに3年契約で入団することが決まり、筑波大学を休学することになった。この時期の心境について後年に「2度目のワールドユースに出場し、2003年のワールドユースの時の自分から何も変わっていない、成長していない。厳しい環境に身を置きたいと強く思った」と述べている。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た第82回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    中学3年時には地元福岡の東福岡高校のセレクションにも参加したが、九州トレセンで国見高校監督を務める小嶺忠敏の指導に好印象を持ったこととなどから、3学期から長崎県の国見中学校へ転校し、2001年に国見高校へと進学。小嶺からは「(かつて国見のエースだった)船越優蔵よりも上」と評価されて1年時から主力に食い込むと、同年9月には自らの決勝点で高円宮杯を制し、2年時の第82回天皇杯では、1回戦の山形中央高校戦でハットトリックを記録。2回戦で国士舘大学を破り高校チームながら3回戦でJリーグ王者のジュビロ磐田と対戦した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た東アジアサッカー選手権2010

    2010年1月6日開催のアジアカップ最終予選・イエメン戦(サナア)は、既に日本の本大会出場が決まっていたこと及び年明け早々の厳しい日程だったことからA代表歴の少ない若手選手中心に招集が行われ、平山も初招集された。同試合に途中出場して国際Aマッチ初出場及び代表デビュー戦でのハットトリックを達成し、チームを逆転勝利に導いた。デビュー戦でのハットトリックは日本では史上2人目、途中出場では初となる快挙だった。翌2月のキリンチャレンジカップにもイエメン戦で初選出された選手の中では唯一招集され、岡田武史監督から「期待以上。ゴール前で迫力がある」と絶賛されるプレーを見せたが、同月開催の東アジア選手権では無得点に終わり、同年開催のワールドカップの代表候補から外れた。平山相太 フレッシュアイペディアより)

116件中 61 - 70件表示

「平山相太」のニューストピックワード