91件中 31 - 40件表示
  • 世界開発協力機構

    世界開発協力機構から見た平沢勝栄平沢勝栄

    2015年5月30日には、列国議会同盟(IPU)との共催で、東京ビッグサイト国際会議場において『グローバル・オピニオン・サミット』を入場料無料で開催した。これは「世界の若い議員と語り合う」を目的としたサミットで、司会兼モデレーターを総裁の半田晴久が務め、日本からは城内実・原口一博・平沢勝栄・松木謙公が参加し、副総裁の伊藤憲一がオブザーバーとなったものである。世界開発協力機構 フレッシュアイペディアより)

  • 丸川珠代

    丸川珠代から見た平沢勝栄平沢勝栄

    2007年、第21回参議院議員通常選挙に東京都選挙区(定数5)から自由民主党公認で出馬し、得票数4位で初当選した。安倍晋三首相から直々に出馬要請を受け、平沢勝栄衆議院議員を選挙対策本部長に迎えたが、知名度の低さにより苦戦を強いられた。さらに、新人の丸川が当選した一方、3選を目指した自民党公認の保坂三蔵が次点で落選したため、当選後の恒例である万歳三唱を省略した。また、選挙戦では幸福の科学からも支援を受けていた。当選後の2007年7月より自由民主党女性局長。2008年6月16日、明治神宮で、同じ自民党に所属する大塚拓衆議院議員と挙式した。6月20日、夫婦揃って清和政策研究会に入会した。2009年、夫の大塚拓が第45回衆議院議員総選挙で落選する。丸川珠代 フレッシュアイペディアより)

  • 池田隆政

    池田隆政から見た平沢勝栄平沢勝栄

    岡山県警の本部長の経験者だった平沢勝栄(元皇宮警察本部護衛部)の政治活動を支援していた。池田隆政 フレッシュアイペディアより)

  • 山口那津男

    山口那津男から見た平沢勝栄平沢勝栄

    1994年12月、公明党解党に伴い公明新党を経て新進党結党に参加。党「明日の内閣」安全保障副担当、党副幹事長などを歴任する。1996年10月の第41回衆議院議員総選挙では、東京17区から新進党公認で出馬したが、自民党公認の新人平沢勝栄に敗れ、落選した。その後1998年1月の新進党分党により、新党平和を経て公明党再結成に参加。2000年の第42回衆議院議員総選挙では再度平沢に敗北し落選した。山口那津男 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都第17区

    東京都第17区から見た平沢勝栄平沢勝栄

    1996年以来、自由民主党の平沢勝栄が連続8回当選。平沢は2005年の第44回衆議院議員総選挙で民主党の錦織淳に9万票以上の差をつけて圧勝した。2009年の第45回衆議院議員総選挙では、比例復活こそ許したものの、対立候補である民主党の早川久美子に3万票の差をつけ勝利した。この選挙において、東京17区は東京都の25の小選挙区で唯一民主党の候補が敗北した選挙区である。2012年の総選挙では、平沢が10万票近い差をつけて圧勝し、早川は比例復活もできずに落選した。東京都第17区 フレッシュアイペディアより)

  • 大川 豊

    大川豊から見た平沢勝栄平沢勝栄

    選挙にも関心が深く、特に大川が「インディーズ候補」と呼ぶ泡沫候補の紹介や取材に熱心である。そのイメージが強くなったためか、縁のない土地へ仕事に行きそこで偶然地方選挙が行われていると、その地の住人から当選予想を聞かれたりするという。新党さきがけ(2002年までに事実上解散)の党員であったことがある。また平沢勝栄の選挙を取材した時は、住所を聞かれ「(当時は)小岩です」と答えた。小岩は平沢の選挙区(東京都第17区)内であるため、急遽平沢と握手したという。大川豊 フレッシュアイペディアより)

  • 政治家の年金未納問題

    政治家の年金未納問題から見た平沢勝栄平沢勝栄

    平沢勝栄(東京・1年11か月)政治家の年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 家庭教師

    家庭教師から見た平沢勝栄平沢勝栄

    平沢勝栄 - 東京大学在学時に成蹊小学校在学時の安倍晋三の家庭教師を務めた。家庭教師 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件

    尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件から見た平沢勝栄平沢勝栄

    11月5日の朝にニュースで映像を見たという高村正彦は、「政府がどれくらいだらしないかということだ」、「最初の時点で公開すべきだった」、「政治判断で公開しなかったものが、こうした形で表に出るのはおかしなことだ」と述べた。塩崎恭久は「国家の体をなしていない」、「政府がもっと早く公開していればこんなことにはならなかった」とし、小野寺五典は、「官僚が流出にかかわったのであれば、役所が今の政府に対して大きな不満を持っていることが背景にある」、逢沢一郎は「国会でしっかりと追及していく」、山本一太は「民主党政権の自滅的外交敗北、流出させた人はやむにやまれない理由があったという気がする」と述べたほか、自民党総務会において谷垣禎一総裁は「一瞬でも早くビデオを全面公開すべきだ」と述べ、石原伸晃幹事長は午前に「国民を馬鹿にしている」と述べたうえで、「政府がちゃんとビデオをすべて公開するまで補正予算案の審議に入るべきではない」とし、他の出席者からも「全面公開しなければ全委員会の審議を中止すべき」と同調の声が挙がった。また、総務会後の記者会見では小池百合子総務会長が「国家の危機管理がもはや効かない状況だ」、「(関係閣僚は)問責に値するし、問責以上なのではないか、いつの間にか責任がうやむやになるのは許し難い」と述べた。11月6日には平沢勝栄がTV番組で、「政府は公開すると海上保安庁の(今後の)活動に支障が生じるとしていたが、ビデオを見た限り当てはまらない」、「非公開としたのは疑問だ」と述べた。尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件 フレッシュアイペディアより)

  • 角谷浩一

    角谷浩一から見た平沢勝栄平沢勝栄

    永田町発サタデートリビューン(文化放送、番組自体は継続中。平沢勝栄が衆議院選挙立候補出馬中のピンチヒッター)角谷浩一 フレッシュアイペディアより)

91件中 31 - 40件表示

「平沢勝栄」のニューストピックワード