100件中 31 - 40件表示
  • 新憲法制定議員同盟

    新憲法制定議員同盟から見た平沢勝栄平沢勝栄

    【常任幹事兼事務局次長】衆院=☆平沢勝栄(自民)、参院=林芳正、岡田直樹(以上自民)新憲法制定議員同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 角谷浩一

    角谷浩一から見た平沢勝栄平沢勝栄

    永田町発サタデートリビューン(文化放送、番組自体は継続中。平沢勝栄が衆議院選挙立候補出馬中のピンチヒッター)角谷浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 国会対策委員会

    国会対策委員会から見た平沢勝栄平沢勝栄

    副委員長 馳浩、平沢勝栄、櫻田義孝、上川陽子、古川禎久、永岡桂子、西銘恒三郎、御法川信英、田中良生、越智隆雄、大塚高司、上野賢一郎、薗浦健太郎、秋元司、関口昌一、水落敏栄国会対策委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 井上信治

    井上信治から見た平沢勝栄平沢勝栄

    2009年の第45回衆議院議員総選挙で3選。東京25区で当初苦戦が伝えられていたが、国民新党公認の真砂太郎(民主党推薦)を倍の得票数で破った。東京都に25ある小選挙区で当選した自民党議員は石原伸晃、平沢勝栄、下村博文、井上の4人のみである。井上信治 フレッシュアイペディアより)

  • 自公連立政権

    自公連立政権から見た平沢勝栄平沢勝栄

    自民党議員では平沢勝栄が2000年(平成12年)の総選挙を前に自公政権を批判、特に支持母体創価学会への批判を展開、幹事長の野中広務から「公明党批判は一切行わない」との一筆を取られ、自民党の小選挙区候補者中最後にようやく党公認が決定した。しかし、立候補する選挙区に公明党の山口那津男も立候補をしていたことから平沢は選挙中から公明党批判を行い、公明党も平沢落としのため猛烈な運動を展開、「与党対決」として全国的な注目を浴びたが、平沢は山口を下した。連立政権樹の期間中小選挙区における自公の直接対決はこの一度だけである(2005年(平成17年)に自民党を離党した八代英太と公明党太田昭宏の直接対決はあった)また平沢は自民党議員の中では唯一、一貫して自公政権を批判し続けた。平沢に敗れた山口は以後、直接対決を避け、参議院に鞍替えするようになった。政権末期には選挙の日程等を巡る問題から、自民党幹部から公明党との選挙協力に疑問が出るようになり古賀誠選対委員長が地方の講演の中で「比例区では公明党」にという表現に言及、「比例区も自民党へ」と発言し公明党幹部が困惑するなど選挙協力については微妙な関係が続いた。公明党幹部からは2005年(平成17ね)と2007年(平成19年)の選挙結果に触れ一部選挙協力の見直しを問う声や自民党議員のスキャンダルや発言を問いただす声はあったがそれ以外で自公政権を批判した議員はいなかった自公連立政権 フレッシュアイペディアより)

  • 葉梨康弘

    葉梨康弘から見た平沢勝栄平沢勝栄

    衆院議員平沢勝栄らと同様に警察庁キャリア官僚出身ということもあり、パチンコ業界と関連が深く、茨城県のパチンコ業者団体主催の新年祝賀会に出席するなどしている。葉梨康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 赤城徳彦

    赤城徳彦から見た平沢勝栄平沢勝栄

    議員宿舎の「入居基準」について、衆議院広報課は「二十三区内に住居を所有する議員は、議員宿舎に入居できないものとする。ただし、所有する住居に議員が入居できない特別の事情がある場合には、例外」と説明しており、東京23区内に住居を構えている国会議員の入居を原則禁止している。一例として、葛飾区に自宅を所有する内閣府副大臣(当時)の平沢勝栄も、都心から離れているが自宅が東京23区内に含まれるため、議員宿舎への入居が認められていない。赤城徳彦 フレッシュアイペディアより)

  • 発進!時空タイムス

    発進!時空タイムスから見た平沢勝栄平沢勝栄

    大鶴義丹・李麗仙親子、北斗晶親子、三浦雄一郎親子、松居一代親子、平沢勝栄親子ほか発進!時空タイムス フレッシュアイペディアより)

  • 笠井亮

    笠井亮から見た平沢勝栄平沢勝栄

    共産党議員を代表してのテレビ出演が多く、自民党の平沢勝栄からは笠井のユニークな人柄について「共産党らしくない。自民党に来ても良いくらい」と評された事がある。笠井亮 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府副大臣

    内閣府副大臣から見た平沢勝栄平沢勝栄

    2006年9月27日 平沢勝栄、渡辺喜美(-2006年12月28日)/大村秀章(2006年12月28日-)、林芳正内閣府副大臣 フレッシュアイペディアより)

100件中 31 - 40件表示

「平沢勝栄」のニューストピックワード