100件中 41 - 50件表示
  • 若宮清

    若宮清から見た平沢勝栄平沢勝栄

    ベニグノ・アキノにインタビューをしたことや、平沢勝栄議員らが拉致被害者の家族の帰国問題で北朝鮮の大使との北京会談を設営したことで知られる。若宮清 フレッシュアイペディアより)

  • 警察庁警備局国際テロリズム対策課

    警察庁警備局国際テロリズム対策課から見た平沢勝栄平沢勝栄

    調査官室には語学研修・欧米大学院での研修・在外公館での勤務などを経験し、外国語が堪能な警察庁キャリアと警視庁及び各道府県警察本部のノンキャリア警察官が集められた。警察庁キャリアからは、平沢勝栄、安藤隆春などが調査官室に配属されている。調査官室は、中東・東南アジア・ヨーロッパなどで、各国の情報機関と協力して日本赤軍メンバーの捜査を行った。警察庁警備局国際テロリズム対策課 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺喜美

    渡辺喜美から見た平沢勝栄平沢勝栄

    1995年9月、父・美智雄が死去。父の地盤を継承し、1996年の第41回衆議院議員総選挙に栃木県第3区から自由民主党公認で出馬し、初当選を果たした(当選同期に河野太郎・菅義偉・平沢勝栄・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下地幹郎・下村博文・新藤義孝・滝実・棚橋泰文・谷畑孝・田村憲久・戸井田徹など)。当選後、美智雄がかつて会長を務めた旧渡辺派に入会。1990年代後半の金融危機では「政策新人類」の1人とされ、金融再生法の成立に尽力。渡辺喜美 フレッシュアイペディアより)

  • 木村隆秀

    木村隆秀から見た平沢勝栄平沢勝栄

    1996年の第41回衆議院議員総選挙に、愛知県第5区より自民党公認で出馬。民主党の赤松広隆に惜敗するが、比例東海ブロックで復活し初当選(当選同期に河野太郎・菅義偉・平沢勝栄・渡辺喜美・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下地幹郎・下村博文・新藤義孝・滝実・棚橋泰文・田村憲久・谷畑孝・戸井田徹など)。当選後、当時の橋本龍太郎首相の出身派閥である平成研究会に入会。木村隆秀 フレッシュアイペディアより)

  • 松本純

    松本純から見た平沢勝栄平沢勝栄

    1990年6月、横浜市会議員補欠選挙に中区選挙区から出馬し、初当選。以後横浜市議を3期務める。1996年、横浜市議を任期途中で辞職。第41回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で神奈川県第1区から出馬し、民主党公認の佐藤謙一郎らを破り当選(佐藤は比例復活。当選同期に河野太郎・菅義偉・平沢勝栄・渡辺喜美・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下地幹郎・下村博文・新藤義孝・滝実・棚橋泰文・田村憲久・谷畑孝・戸井田徹など)。松本純 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎岳

    石崎岳から見た平沢勝栄平沢勝栄

    北海道放送を退職し、1996年10月20日に行われた第41回衆議院議員総選挙(初の小選挙区制での衆院選)に、北海道第3区(中選挙区時代の町村信孝の地盤)で自民党から出馬。荒井聰に3千票あまりの差をつけ初当選を果たす(当選同期に河野太郎・菅義偉・平沢勝栄・渡辺喜美・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下地幹郎・下村博文・新藤義孝・棚橋泰文・田村憲久・谷畑孝・戸井田徹・三沢淳・松浪健四郎・丸谷佳織など)。石崎岳 フレッシュアイペディアより)

  • 大村秀章

    大村秀章から見た平沢勝栄平沢勝栄

    1996年、第41回衆議院議員総選挙に自民党公認で愛知県第13区から出馬。愛知13区では新進党公認の嶋聡に敗れるが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、初当選を果たした(当選同期に平沢勝栄・河本三郎・桜田義孝・下村博文・下地幹郎・滝実・棚橋泰文・谷畑孝・田村憲久・戸井田徹など)。主な敗因は大村が碧南市の出身であるため、愛知13区の大票田である安城市での知名度不足であった。そのため選挙後に安城市篠目町に転居し、町内行事等に積極的に参加。また選挙事務所の本部を三河安城駅前に常設した。当選後は当時の橋本龍太郎首相の出身派閥である平成研究会に入会。4年後の2000年の第42回衆議院議員総選挙では愛知13区で民主党の嶋聡を僅差で破り、再選(嶋も比例復活)。この時の大村・嶋の得票差はわずか339票であった。2001年4月、第1次小泉内閣で当選2回ながら経済産業大臣政務官に任命される。2002年9月、第1次小泉改造内閣で内閣府大臣政務官に就任。2003年の第43回衆議院議員総選挙では再び愛知13区で嶋を破るが、再度嶋に比例復活を許した。2005年の第44回衆議院議員総選挙では自民党への強い追い風に乗り、愛知13区で嶋に大差をつけて4選。大村秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川貴盛

    吉川貴盛から見た平沢勝栄平沢勝栄

    1996年10月20日の第41回衆議院議員総選挙で北海道第2区から出馬し、新進党現職の長内順一に敗北したが、比例復活で初当選(当選同期に河野太郎・菅義偉・平沢勝栄・渡辺喜美・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下村博文・下地幹郎・滝実・棚橋泰文・田村憲久・谷畑孝・戸井田徹など)。吉川貴盛 フレッシュアイペディアより)

  • 戸井田徹

    戸井田徹から見た平沢勝栄平沢勝栄

    1996年の第41回衆議院議員総選挙において、兵庫県第11区より立候補を届け出て既に政見放送の収録も終えていた父・三郎の急死に伴い補充立候補し、弔い選挙の様相を見せて初当選する(当選同期に河野太郎・菅義偉・平沢勝栄・渡辺喜美・河本三郎・桜田義孝・下地幹郎・下村博文・新藤義孝・滝実・棚橋泰文・谷畑孝・田村憲久など)。戸井田徹 フレッシュアイペディアより)

  • 議院運営委員会

    議院運営委員会から見た平沢勝栄平沢勝栄

    秋元司、櫻田義孝、高木毅、平沢勝栄、古川禎久、御法川信英(自由民主党)議院運営委員会 フレッシュアイペディアより)

100件中 41 - 50件表示

「平沢勝栄」のニューストピックワード