100件中 51 - 60件表示
  • 河本三郎

    河本三郎から見た平沢勝栄平沢勝栄

    兵庫県相生市生まれ。海城高等学校、日本大学理工学部を経て、三光汽船に入社し17年間の会社員生活を送る。1992年(平成4年)の参院選でトップ当選。1996年(平成8年)、父・河本敏夫の引退をうけて兵庫12区から第41回衆議院議員総選挙に立候補し、初当選する(当選同期に河野太郎・菅義偉・平沢勝栄・渡辺喜美・大村秀章・桜田義孝・下地幹郎・下村博文・新藤義孝・滝実・田村憲久・谷畑孝・戸井田徹など)。同じ年の11月に、第2次橋本内閣で経済企画政務次官に就任し、その後、自由民主党国会対策副委員長などの要職に就任する。河本三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 松本和那

    松本和那から見た平沢勝栄平沢勝栄

    1996年総選挙当選同期には河野太郎・菅義偉・平沢勝栄・渡辺喜美・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下地幹郎・下村博文・新藤義孝・滝実・棚橋泰文・田村憲久・谷畑孝・戸井田徹などがいる。松本和那 フレッシュアイペディアより)

  • 今村雅弘

    今村雅弘から見た平沢勝栄平沢勝栄

    1996年、第41回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で佐賀県第2区から出馬し、初当選を果たした(当選同期に河野太郎・菅義偉・平沢勝栄・渡辺喜美・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下村博文・下地幹郎・新藤義孝・滝実・棚橋泰文・谷畑孝・田村憲久・戸井田徹など)。今村雅弘 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た平沢勝栄平沢勝栄

    ビートたけしのTVタックルでの「政界時代劇」には平沢勝栄、河村たかしらとともにたびたび出演している。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 桜田義孝

    桜田義孝から見た平沢勝栄平沢勝栄

    千葉県立東葛飾高等学校、明治大学商学部商学科卒業。1976年に桜田建設創立。柏青年会議所理事長、柏市議会議員(2期)、千葉県議会議員(1期)を経て1996年に第41回衆議院議員総選挙に初当選(当選同期に河野太郎・菅義偉・平沢勝栄・渡辺喜美・大村秀章・河本三郎・新藤義孝・下村博文・下地幹郎・滝実・棚橋泰文・田村憲久・谷畑孝・戸井田徹など)。以後連続当選4回。2009年の第45回衆議院議員総選挙には落選したが、2012年の第46回衆議院議員総選挙で当選し、政界復帰。道州制推進議員連盟幹事長を務め、積極的な道州制推進派。桜田義孝 フレッシュアイペディアより)

  • 錦織淳

    錦織淳から見た平沢勝栄平沢勝栄

    2003年の第43回衆議院議員総選挙では選挙区を東京17区に移したものの、自由民主党の平沢勝栄に大敗。2005年の第44回衆議院議員総選挙でも落選したため、2006年2月に政界引退を表明した。政界引退後は日本女子プロ将棋協会の設立に尽力し、同協会の顧問弁護士も務めた。錦織淳 フレッシュアイペディアより)

  • 新藤義孝

    新藤義孝から見た平沢勝栄平沢勝栄

    1996年(平成8年)、38歳で第41回衆議院議員総選挙に埼玉県第2区から自由民主党公認で出馬。新進党現職の石田勝之に敗れるも、比例南関東ブロックで復活し初当選(当選同期に河野太郎・菅義偉・平沢勝栄・渡辺喜美・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下村博文・下地幹郎・滝実・田村憲久・谷畑孝・戸井田徹など)。2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙では、新進党解党後改革クラブ幹事長を務めていた石田も与党の一員だったが一本化に失敗し、新藤、石田が共に同一選挙区から出馬。新藤は保守党、石田は公明党から推薦を得ていたが、新藤が埼玉2区で当選した。新藤義孝 フレッシュアイペディアより)

  • 森裕子

    森裕子から見た平沢勝栄平沢勝栄

    2005年6月25日、拉致被害者家族連絡会と拉致議連の合同訪韓において、1997年に北朝鮮から亡命した元朝鮮労働党書記・黄長ヨプ(ファン・ジャンヨプ)と面会した。この時、森は途中退席し、当時拉致議連幹事長だった西村眞悟の許可を得て、「個別の具体的なことは知らないが、(死亡とされた被害者は)非常に重要な機密を知っているがために、北朝鮮側が『死んだ』という発表を行った可能性が強い。全員が死んでいるとは考えられない」とのファン・ジャンヨプの発言をマスコミに公開した(この会談の内容はその後、内閣・政府に提出されている)。なおこの森発言は、当時拉致議連の事務局長であった平沢勝栄によって訂正されているが、この平沢発言に対して「平沢が会談の内容を独占してメディアに取材させるために行った虚偽の発言」と主張する救う会関係者もいる。後日、混乱を起こしたことにより、平沢は拉致議連総会において森に謝罪した(ファン・ジャンヨプが発言した内容が真実であることは内閣・政府に提出した会談の内容を読めば確認できる)。森裕子 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都第17区

    東京都第17区から見た平沢勝栄平沢勝栄

    1996年以来、自民党の平沢勝栄が連続6回当選。2005年の総選挙で平沢は、民主党の錦織淳に9万票以上の差をつけて圧勝した。2009年の総選挙では、比例復活こそ許したものの、平沢は対立候補である民主党の早川久美子に3万票の差をつけ勝利した。東京都第17区 フレッシュアイペディアより)

  • 河野太郎

    河野太郎から見た平沢勝栄平沢勝栄

    小選挙区比例代表並立制の導入に伴い、父・洋平の選挙区が分割されたため、1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙に神奈川15区から自民党公認で立候補し、当選する(当選同期に菅義偉・平沢勝栄・渡辺喜美・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下地幹郎・下村博文・新藤義孝・棚橋泰文・田村憲久・谷畑孝・戸井田徹・三沢淳・丸谷佳織・松浪健四郎など)。河野太郎 フレッシュアイペディアより)

100件中 51 - 60件表示

「平沢勝栄」のニューストピックワード