91件中 61 - 70件表示
  • 佐藤道夫

    佐藤道夫から見た平沢勝栄平沢勝栄

    任期満了の2001年参院選では民主党に移籍。立正佼成会のバックアップを受けて再選した。北朝鮮による日本人拉致問題にも取り組み、2002年には石破茂・中川昭一・平沢勝栄・上田清司・西村眞悟らとともに新拉致議連の呼びかけ人となっている。2007年の参院選は出馬せず、政界を引退。佐藤道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た平沢勝栄平沢勝栄

    平沢勝栄からは「拉致はないと言っていたんだから社会党は。それを信じていたんだから。」「拉致問題はないとは言ってないと言いますけどね、私は土井たか子さんの(発言を)鮮明に覚えてます。土井たか子さんはね、『拉致問題拉致問題って言うけど、先方が拉致なんかないって言っているんだからないんです』とテレビで言った。これは鮮明に覚えています。」と厳しい批判を受け、また、拉致被害者家族の有本嘉代子からは「社民党ですか? 私、あれ日本の政治家と思ってませんよ。あれは北朝鮮の政治家です。」と厳しく批判されている。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 旭鷲山昇

    旭鷲山昇から見た平沢勝栄平沢勝栄

    断髪式には200人以上の人が参加し、最後に大島親方が止めばさみを入れた。海部俊樹元内閣総理大臣、平沢勝栄衆議院議員、上田清司埼玉県知事、藤岡弘、、池谷幸雄、木下博勝(ジャガー横田の夫で医師)、モンゴル関係者、旭道山、大関以上の各力士が断髪式に参加し髷にはさみをいれたが、2007年5月場所で引退した栃東は参加していない。式の後、長女と旭鷲山の写真集にも参加している女優の土屋アンナから花束が贈呈された。旭鷲山昇 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本鉄道労働組合総連合会

    全日本鉄道労働組合総連合会から見た平沢勝栄平沢勝栄

    革マル派との関係については、以前から『週刊文春』や『週刊現代』などが取り上げていたが、2010年(平成22年)2月、警察庁は広報誌にて「労働運動等への介入を強めた過激派」への動向に警鐘を鳴らした上で、JR総連やJR東労組に革マル派が浸透しているとの認識を示した。これについて佐藤勉衆議院議員が第174回国会の質問答弁にて鳩山由紀夫首相に問い質したところ、鳩山首相は「JR総連及びJR東労組の影響を行使し得る立場に、革マル派活動家が相当浸透している」との答弁書を送付した。更に、8月3日に開催された第175回国会予算委員会にて平沢勝栄衆議院議員が「JR総連及びJR東労組の政策調査部長という幹部が民主党の公認で全国比例区から出馬し当選している」と指摘、それに対して中野寛成国家公安委員会委員長は「革マル派が相当浸透しているとの認識は事実である」「候補者が民主党から出たいと希望し、当時の民主党執行部が判断し公認した」という趣旨の答弁を行った。全日本鉄道労働組合総連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 木村義雄 (香川県の政治家)

    木村義雄 (香川県の政治家)から見た平沢勝栄平沢勝栄

    2017年8月25日、自民党の有志議員による勉強会「日本の明日を創る会」の立ち上げにあたっては、同会の呼びかけ人を務め、同日開かれた初回会合に出席した。なお同会には、8月3日に発足した第3次安倍第3次改造内閣において、当選回数は入閣適齢期ながら処遇されなかった竹本直一や山本拓、平沢勝栄や、安倍晋三首相への批判を強める石破茂や古賀誠の側近議員らが多く参加した。木村義雄 (香川県の政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 新憲法制定議員同盟

    新憲法制定議員同盟から見た平沢勝栄平沢勝栄

    【常任幹事兼事務局次長】衆院=平沢勝栄(自民)、参院=林芳正・岡田直樹(以上自民)新憲法制定議員同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤英彦

    佐藤英彦から見た平沢勝栄平沢勝栄

    警察庁採用(1968年)入庁同期に、平沢勝栄、石川重明、兼元俊徳(内閣情報調査室長)など。佐藤英彦 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉隆

    上杉隆から見た平沢勝栄平沢勝栄

    東京都立広尾高等学校卒業後、1年浪人し、2年留年して都留文科大学文学部英文科卒業。平沢勝栄からの名誉毀損訴訟(後述)で、NHK「記者見習い」という形でアルバイトとして勤務してきており、正社員としての勤務実態が無いことを東京地裁で証明している 。著者紹介では、「NHK取材記者」と紹介されている。ニューヨーク・タイムズの臨時調査員 ("one-time researcher") を務めた経験がある。上杉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋美穂 (政治家)

    高橋美穂 (政治家)から見た平沢勝栄平沢勝栄

    2014年12月14日執行の第47回衆議院議員総選挙を前に、所属していた維新の党が北海道2区に新党大地を離党した元職の松木謙公を公認。高橋は公示前に東京17区に国替えを命じられ、この時は民主党の推薦も受けたが、盤石な地盤を築く自民前職の平沢勝栄に敗れ、比例復活もかなわず落選した。高橋美穂 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 高村正彦

    高村正彦から見た平沢勝栄平沢勝栄

    2003年、自由民主党総裁選挙に出馬。高村派所属議員の他、宏池会堀内派の林義郎やその長男・林芳正、大勇会の鈴木恒夫や森英介、平沢勝栄らが高村の推薦人に名を連ね、保守党党首から自民党に復党した野田毅も高村を支援した。結果は最下位(54票)に終わったものの、議員票では高村派議員数の16人を大きく上回る47票を獲得。一定の存在感を示した。高村正彦 フレッシュアイペディアより)

91件中 61 - 70件表示

「平沢勝栄」のニューストピックワード