91件中 71 - 80件表示
  • 北朝鮮による日本人拉致問題

    北朝鮮による日本人拉致問題から見た平沢勝栄平沢勝栄

    旧拉致議連は後任人事について桜井新幹事長と西村眞悟事務局長代理に一任したが、同年4月3日、両名の協議の結果「体制一新が必要」との判断に達し、旧「北朝鮮拉致疑惑日本人救済議員連盟」は解散した。これを受けて同月、石破茂を会長、西村を幹事長、平沢勝栄を事務局長とした「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」(新拉致議連)が改めて結成された。同年4月25日の新拉致議連設立総会には衆参国会議員31人と代理30人が参加、家族会・救う会と結束して行動することを確認した。新拉致議連は当時経済産業大臣だった平沼赳夫や内閣官房副長官の安倍晋三らが賛同、第1次小泉内閣もこれを支持するところとなった。また中川昭一・上田清司ら新拉致議連の呼びかけ人に応じた中井洽・古屋圭司ら自由民主党・民主党・自由党・保守党の超党派の議員が発足当初から参加しているが、公明党・社会民主党・日本共産党からの参加はなかった。一方中山は同年5月7日の昼、赤坂プリンスホテルの中華料理店で「救う会」の役員に「有本恵子さんは生きている」と語ったが、9月21日の12時頃、「救う会」の西岡力が秘書を通じて中山にこの発言の根拠を確認したものの回答はなかった。このような中山の言動は被害者家族はもとより国民の不信感を生み、拉致事件の解決が妨害されたとして真摯な説明と謝罪を求める声が議員辞職後の現在も多くあがっている。北朝鮮による日本人拉致問題 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の警察

    日本の警察から見た平沢勝栄平沢勝栄

    平沢勝栄『警察官僚が見た「日本の警察」』(講談社)日本の警察 フレッシュアイペディアより)

  • 森裕子

    森裕子から見た平沢勝栄平沢勝栄

    2005年6月25日、拉致被害者家族連絡会と拉致議連の合同訪韓において、1997年に北朝鮮から亡命した元朝鮮労働党書記・黄長燁(ファン・ジャンヨプ)と面会した。この時、森は途中退席し、当時拉致議連幹事長だった西村眞悟の許可を得て、「個別の具体的なことは知らないが(死亡とされた被害者は)非常に重要な機密を知っているがために、北朝鮮側が『死んだ』という発表を行った可能性が強い。全員が死んでいるとは考えられない」とのファン・ジャンヨプの発言をマスコミに公開した(この会談の内容はその後、内閣・政府に提出されている)。なおこの森発言は、当時拉致議連の事務局長であった平沢勝栄によって訂正されているが、この平沢発言に対して「平沢が会談の内容を独占してメディアに取材させるために行った虚偽の発言」と主張する救う会関係者もいる。後日、混乱を起こしたことにより、平沢は拉致議連総会において森に謝罪した(ファン・ジャンヨプが発言した内容が真実であることは内閣・政府に提出した会談の内容を読めば確認できる)。森裕子 フレッシュアイペディアより)

  • サタデーずばッと

    サタデーずばッとから見た平沢勝栄平沢勝栄

    平沢勝栄(自由民主党衆議院議員)サタデーずばッと フレッシュアイペディアより)

  • ミッキー安川の「勝負」シリーズ

    ミッキー安川の「勝負」シリーズから見た平沢勝栄平沢勝栄

    日付が変わった毎週土曜日の24:00-29:00まで放送された5時間の生ワイド番組であり、中断期間はあったものの約13年間の長期間に渡り放送された人気番組であった。番組前半の約1時間はミッキー安川とゲスト(このトーク時の常連ゲストは平沢勝栄、宮崎正弘、松野頼三、南丘喜八郎、上田哲など)との時事、世相等のトークであり、残り時間は数名の演歌歌手(メインの出演歌手は大川健太郎、久保田健司、高石省三、民謡歌手の浜より子など)が交代でトークや生歌を披露したりする内容であった。またリスナーから生歌のリクエストも受け付けていた。ときにはリスナーとミッキー安川本人やゲスト歌手(歌手以外のゲスト出演者や、女性アシスタントが生電話に直接出てリスナーと会話をする事もあり、中には常連リスナーから指名されて生電話に出るケースもあった。またリスナーの中には長く会話をする者もおり、その際はミッキー安川が次の人のために早めに会話を終わらせる様に促す場面もよくあった)との「生電話」が展開されることもあった。このコンセプトは後の『スーパーフライデー』にも引き継がれている。ミッキー安川の「勝負」シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 呉竹会

    呉竹会から見た平沢勝栄平沢勝栄

    第15回 平沢勝栄(衆議院議員)平成17年11月29日呉竹会 フレッシュアイペディアより)

  • 朝まで生テレビ!

    朝まで生テレビ!から見た平沢勝栄平沢勝栄

    2017年4月13日には港区にて「『朝まで生テレビ!』30周年記念の集い」を開催。歴代キャスターの田丸美寿々、丸川珠代を始め、歴代4811人の論客から石破茂、平沢勝栄、山本一太、辻元清美、福島瑞穂、猪瀬直樹、西部邁、百地章、吉崎達彦、高森明勅、鈴木邦夫、雨宮処凛、田岡俊次、荻原博子、川村晃司、飯田哲也、岩田温、駒崎弘樹、荻上チキ、津田大介、古市憲寿、三浦瑠麗などが出席した。会場では第1回放送(1987年4月24日)の映像や名論客の故野坂昭如や故大島渚の写真が映し出された。朝まで生テレビ! フレッシュアイペディアより)

  • 東日本旅客鉄道労働組合

    東日本旅客鉄道労働組合から見た平沢勝栄平沢勝栄

    2010年2月、警視庁は広報誌にて「労働運動等への介入を強めた過激派」への動向に警鐘を鳴らした上で、JR東労組やJR総連に革マル派が浸透しているとの認識を示した。この事から佐藤勉衆議院議員が第174回国会の質問趣意書にて、鳩山由紀夫総理大臣に問い質したところ、総理は「JR総連及びJR東労組の影響を行使し得る立場に、革マル派活動家が相当浸透している」との答弁書を送付した。さらに、8月3日に開催された第175回国会予算委員会にて平沢勝栄衆議院議員が「JR総連及びJR東労組の政策調査部長という幹部が民主党の公認で全国比例区から出馬し当選している」と指摘、それに対して中井洽防災担当相は「革マル派が相当浸透しているとの認識は事実である」と答弁した。また、菅直人首相は「いろいろな労働団体、さらにはいろいろな各種の団体、そういうところから候補者が民主党から出たいということで、当時の執行部として判断されて公認をした」との答弁を行った。なお、JR東労組側は関連性を否定している。東日本旅客鉄道労働組合 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の警察官

    日本の警察官から見た平沢勝栄平沢勝栄

    平沢勝栄『警察官僚が見た「日本の警察」』(講談社)日本の警察官 フレッシュアイペディアより)

  • 河野太郎

    河野太郎から見た平沢勝栄平沢勝栄

    小選挙区比例代表並立制の導入に伴い、父・洋平の選挙区が分割されたため、1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙に神奈川15区から自民党公認で立候補し、当選する(当選同期に菅義偉・平沢勝栄・渡辺喜美・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下地幹郎・下村博文・新藤義孝・棚橋泰文・田村憲久・谷畑孝・戸井田徹など)。河野太郎 フレッシュアイペディアより)

91件中 71 - 80件表示

「平沢勝栄」のニューストピックワード