前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示
  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た山口那津男

    1996年、第41回衆議院議員総選挙に東京17区から自由民主党公認で出馬し、新進党(旧公明党系)の山口那津男を破り、初当選。出馬の際、面識のあった公明代表の藤井富雄から選挙区の変更か比例区への転出を要求されたが拒否。後藤田正晴の勧めもあり、初当選後は平成研究会に所属した。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た山崎拓

    2004年4月、山崎拓が極秘に訪中し、拉致問題について北朝鮮高官を相手に直接交渉した際、山崎に同行した。山崎・平沢の訪中は対北朝鮮交渉を政府間ルートに一本化するとの外交方針に反する可能性があるとして問題視された。平沢については、総務大臣政務官在任中であること、事前の届出無しに訪中したことが政府・与党内でも批判された。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た高村正彦

    2003年自由民主党総裁選挙では、高村正彦の推薦人に名を連ねる。同年の第43回衆議院議員総選挙で、東京17区で民主党の錦織淳を破り、3選。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た野中広務

    自公連立政権には山口那津男が同じ選挙区だったため極めて否定的であった。2000年の第42回衆議院議員総選挙に際しては、自由民主党幹事長の野中広務から、公明党批判を一切行わない旨の誓約書を提出するよう求められ、自民党の小選挙区候補者で公認が内定したのも最後であった。しかし、平沢は選挙戦中から盛んに公明党を批判し、公明党も同選挙区の平沢を落選させ山口那津男を当選させるべく、猛烈な落選運動を展開したが、両者の「与党対決」は平沢が勝利した。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た小林節

    小林節・平沢勝栄)「憲法、危篤!」 ISBN 4584187053平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た早川久美子

    2009年の第45回衆議院議員総選挙では、東京17区で5選した。この際、民主党の早川久美子に比例復活を許した。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見たパチンコ

    2008年には「パチンコ業界の位置づけを真剣に考えていく」ために、自民党内に「遊技業等の営業の健全化に関するプロジェクト会議」を立ち上げた。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た公明党

    1996年、第41回衆議院議員総選挙に東京17区から自由民主党公認で出馬し、新進党(旧公明党系)の山口那津男を破り、初当選。出馬の際、面識のあった公明代表の藤井富雄から選挙区の変更か比例区への転出を要求されたが拒否。後藤田正晴の勧めもあり、初当選後は平成研究会に所属した。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た深見東州

    新興宗教ワールドメイトの代表深見東州が主催するイベントに、深見の個人的なものも含めてたびたび賓客として招かれている。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た早川忠孝

    岐阜県白川村生まれ。のちに父親の仕事の都合により福島県に転居。福島県立福島高等学校、東京大学法学部卒業(同級生に白川勝彦、早川忠孝)。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示

「平沢勝栄」のニューストピックワード