126件中 11 - 20件表示
  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た谷垣禎一

    谷垣禎一総裁については、「地方ではステルス谷垣と呼ばれている」として、現状の姿勢に批判的である。また「次期総裁選には(谷垣禎一は)出るなという声がある」と発言。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た渡辺喜美

    96年衆院選で当選した同期に河野太郎・菅義偉・渡辺喜美・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下地幹郎・新藤義孝・滝実・棚橋泰文・谷畑孝・田村憲久・戸井田徹などがいる。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た河野太郎

    96年衆院選で当選した同期に河野太郎・菅義偉・渡辺喜美・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下地幹郎・新藤義孝・滝実・棚橋泰文・谷畑孝・田村憲久・戸井田徹などがいる。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た滝実

    96年衆院選で当選した同期に河野太郎・菅義偉・渡辺喜美・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下地幹郎・新藤義孝・滝実・棚橋泰文・谷畑孝・田村憲久・戸井田徹などがいる。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た菅義偉

    96年衆院選で当選した同期に河野太郎・菅義偉・渡辺喜美・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下地幹郎・新藤義孝・滝実・棚橋泰文・谷畑孝・田村憲久・戸井田徹などがいる。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た高村正彦

    1996年、第41回衆議院議員総選挙に東京都第17区から自由民主党公認で出馬し、新進党(旧公明党系)の山口那津男を破り、初当選。出馬の際、面識のあった公明代表の藤井富雄から選挙区の変更か比例区への転出を要求されたが拒否。後藤田正晴の勧めもあり、初当選後は平成研究会に所属した。第42回衆議院議員総選挙では、東京17区から同じ連立与党の所属である自民党の平沢、公明党の山口那津男が出馬し、「与党対決」が全国的に注目を集めたが、再度山口を下し、再選。当選後、平成研究会を退会した。2001年、第1次小泉内閣で防衛庁長官政務官、2003年の第1次小泉再改造内閣で総務大臣政務官に就任した。2003年自由民主党総裁選挙では、高村正彦の推薦人に名を連ねる。同年の第43回衆議院議員総選挙で、東京17区で民主党の錦織淳を破り、3選。翌2004年、山崎派に入会した。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た大村秀章

    96年衆院選で当選した同期に河野太郎・菅義偉・渡辺喜美・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下地幹郎・新藤義孝・滝実・棚橋泰文・谷畑孝・田村憲久・戸井田徹などがいる。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た田中直紀

    野田内閣組閣について、田中直紀を防衛大臣に登用したことに批判的で、長島昭久を就けるべきだったと主張。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た野中広務

    自民党所属議員であり東京に選挙区を持ちながら、自公連立政権には極めて否定的であった。2000年の第42回衆議院議員総選挙に際しては、自由民主党幹事長の野中広務から、公明党批判を一切行わない旨の誓約書を提出するよう求められ、自民党の小選挙区候補者で公認が内定したのも最後であった。しかし、平沢は選挙戦中から盛んに公明党を批判し、公明党も平沢を落選させ山口那津男を当選させるべく、猛烈な落選運動を展開したが、両者の「与党対決」は平沢が勝利した。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た前原誠司

    第44回衆議院議員総選挙では、東京17区で再度錦織を大差で破り、4選。総選挙後、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長に就任。2006年2月、民主党の永田寿康の国会質疑をきっかけに起こった堀江メール問題では、問題のメールを入手し、メールの正当性を否定するコメントをマスコミに発表している(事実、そのメールは偽物であり、永田は議員辞職、前原誠司民主党代表は辞任に追い込まれた)。2006年9月、安倍内閣で内閣府副大臣に就任。翌2007年の第21回参議院議員通常選挙では、東京都選挙区から出馬した自民党新人の丸川珠代の選挙対策本部長を務め、丸川の当選に貢献した。ただし、自民党への逆風により、丸川に代わり保坂三蔵が落選した。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

126件中 11 - 20件表示

「平沢勝栄」のニューストピックワード