107件中 31 - 40件表示
  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た外国人労働者

    外国人労働者の日本への受け入れや永住資格の付与を主張し、1000万人の移民受け入れを主張した自民党の外国人材交流推進議員連盟の提言に賛成している。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た自公連立政権

    自公連立政権には山口那津男が同じ選挙区だったため極めて否定的であった。2000年の第42回衆議院議員総選挙に際しては、自由民主党幹事長の野中広務から、公明党批判を一切行わない旨の誓約書を提出するよう求められ、自民党の小選挙区候補者で公認が内定したのも最後であった。しかし、平沢は選挙戦中から盛んに公明党を批判し、公明党も同選挙区の平沢を落選させ山口那津男を当選させるべく、猛烈な落選運動を展開したが、両者の「与党対決」は平沢が勝利した。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た日本共産党

    2017年、近未来政治研究会を退会し無派閥となり、その後志帥会に入会した。10月の第48回衆議院議員総選挙で希望の党が擁立した環境省職員の新人、日本共産党の新人らを破り8選。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た比例代表制

    1996年、第41回衆議院議員総選挙に東京17区から自由民主党公認で出馬し、新進党(旧公明党系)の山口那津男を破り、初当選。出馬の際、面識のあった公明代表の藤井富雄から選挙区の変更か比例区への転出を要求されたが拒否。後藤田正晴の勧めもあり、初当選後は平成研究会に所属した。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た2009年

    2009年の第45回衆議院議員総選挙では、東京17区で5選した。この際、民主党の早川久美子に比例復活を許した。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た警察庁

    平沢 勝栄(ひらさわ かつえい、1945年9月4日 - )は、日本の政治家、元警察官僚。自由民主党所属の衆議院議員(8期)。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た総務大臣政務官

    2001年、第1次小泉内閣で防衛庁長官政務官、2003年の第1次小泉再改造内閣で総務大臣政務官に就任した。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た第42回衆議院議員総選挙

    2000年の第42回衆議院議員総選挙では、東京17区から共に与党に所属している自民党の平沢、公明党の山口が出馬し、「与党対決」が全国的に注目を集めたが、再度山口を下し、再選。当選後、平成研究会を退会した。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見た第1次安倍内閣

    2006年9月、安倍内閣で内閣府副大臣に就任。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

  • 平沢勝栄

    平沢勝栄から見たデューク大学

    1968年、東大法学部を卒業し警察庁に入庁。入庁後15年ほどは、警察庁警備局外事課、在外研修(米国デューク大学修士課程修了)、福岡県警察本部警備部外事課長、警察庁警備局公安第三課兼外事課長補佐(国際テロ対策課の前身)、外務省在英国日本国大使館一等書記官などを務めた。平沢勝栄 フレッシュアイペディアより)

107件中 31 - 40件表示

「平沢勝栄」のニューストピックワード