195件中 11 - 20件表示
  • 乙骨正生

    乙骨正生から見た平沼赳夫平沼赳夫

    政治的位置を問わず、きわめて多岐にわたる人脈を持つ。乙骨と同様に創価学会を脱会した元創価学会教学部長の原島嵩や元創価学会顧問弁護士の山崎正友、元公明党代議士の大橋敏雄、元公明党都議会公明党幹事長の龍年光、元公明党都議会公明党幹事長の藤原行正らとの連携・協力に加え、著作の多くは共産党系の出版社から出ている(参照)一方、櫻井よし子・平沼赳夫・水島総などの保守系人脈と共著がある(参照)。朝木明代市議転落死事件(東村山市)では、事件の翌日から東村山市議会議員矢野穂積と連携して他殺説の広報を行い、『文藝春秋』に執筆した記事は自民党議員の国会質問の根拠となった。2008年には矢野に協力する瀬戸弘幸・西村修平ら右翼活動家の集会に参加している。また、石井一・前田雄吉ら小沢一郎系の民主党国会議員らによる流通ビジネス議員連盟による番組「ネットワーク・プラザ」が乙骨が法人理事をつとめる多摩レイクサイドFMで放送され、乙骨は番組制作費として同連盟から数十万を受領し、番組の著作権は同連盟に譲渡されて、番組収録CDの販売代金は同連盟の収益となっている。石井・前田らはFORUM21にも数度寄稿している。乙骨正生 フレッシュアイペディアより)

  • 国民新党

    国民新党から見た平沼赳夫平沼赳夫

    衆議院では第172特別国会より新党大地が民主党・無所属クラブへ会派を移ったことに伴い、単独会派「国民新党」として亀井静香・松下・下地の3名で活動している。しかし、同年11月、亀井代表は民主党圧勝で低下した与党内での発言力を確保するため、かつて綿貫代表と対立していた新党日本の田中代表に、対等合併を提案。さらに、平沼赳夫ら平沼グループにも合流を呼びかけた。さしあたり、新党日本との統一会派再結成で合意し、2010年6月8日に新党日本と統一会派国民新党・新党日本を結成した。国民新党 フレッシュアイペディアより)

  • 日華議員懇談会

    日華議員懇談会から見た平沼赳夫平沼赳夫

    1997年、超党派の日華議員懇談会に改組された。発足時には、国会議員の約40%にあたる300名(自民党202名、新進党86名、太陽党7名、新党さきがけ5名)が参加。会長には山中貞則、副会長には小沢辰男、村上正邦、平沼赳夫、前田勲男が就いた。日華議員懇談会 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇特例会見

    天皇特例会見から見た平沼赳夫平沼赳夫

    無所属の平沼赳夫元経済産業大臣は、真・保守政策研究会(平沼は同会の最高顧問)や日本会議国会議員懇談会の会長として「会見を中止すべき」「小沢氏の強権で認めたことが明らかになってきた。国民各界各層が反対を表明しないといけない」と民主党政権を批判し、天皇陛下の訪韓にも反対するとした。天皇特例会見 フレッシュアイペディアより)

  • 日台関係史

    日台関係史から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2001年10月、APEC上海会議の際、平沼赳夫経産相と林義夫経済部長が会談し、「日台FTA」の検討開始で合意した(未実現)。2002年末、外務省の内部規則が改訂され、日台間の政府当局間接触が課長補佐から課長レベルに引き上げられた。小泉純一郎首相の私的懇談会が発表した「21世紀日本外交の基本戦略」(2002年11月)では「日台関係強化の研究」の必要性を指摘。2004年以降、日本政府は台湾の世界保健機関(WHO)へのオブザーバー参加を支持する立場をとり、2005年2月には、日米政府当局が日米安全保障協議委員会(2プラス2)で合意した「共通戦略目標」で、初めて台湾海峡問題に明確に言及した。当時の町村信孝外相も、日米安保は台湾地域も対象に入ると言明した。日台関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のこころ (政党)

    日本のこころ (政党)から見た平沼赳夫平沼赳夫

    6月5日、山田宏を座長として新党準備会を設立した。12日には、暫定的な役員人事として、平沼赳夫が暫定代表、山田が暫定幹事長、桜内文城が暫定政調会長に就任した。日本のこころ (政党) フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2009年9月29日、前日に自民党総裁に就任した谷垣禎一の下で国対委員長から転じて幹事長に就任した(後任の国対委員長には谷垣と同派閥の川崎二郎が就いた)。就任当初は鳩山由紀夫内閣の高支持率の前に国会運営でも押され気味で、与党の強行採決を許し、審議拒否戦術も結局は空振りに終わり、平将明ら中堅・若手議員からはテレビ出演時の大島の顔が「怖い」などと苦言を呈され、執行部の人心一新を求める声が絶えないなど苦境が続いた。しかし、翌年にかけて民主党の支持率が低下していく一方で、自民党は地方選挙で地道に勝利を収めていったため、求心力を維持した。7月11日、菅内閣の下で行われた第22回参議院議員通常選挙では、参議院一人区に的を絞った選挙戦術や公明党・平沼赳夫との選挙協力が奏功し、自民党が改選第1党となりねじれ国会をもたらす勝利を成し遂げた。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 日本維新の会 (2012-2014)

    日本維新の会 (2012-2014)から見た平沼赳夫平沼赳夫

    11月17日 - 太陽の党と合流。太陽の党共同代表の石原慎太郎が日本維新の会の代表に就任し、橋下は代表代行に退いた。また旧太陽の党共同代表の平沼赳夫が国会議員団代表に就任。日本維新の会 (2012-2014) フレッシュアイペディアより)

  • 亀井静香

    亀井静香から見た平沼赳夫平沼赳夫

    自民党内の派閥では清和会(福田赳夫→安倍晋太郎→三塚博派)に所属していたが、平沼赳夫や中川昭一らとともに離脱し、亀井グループを旗揚げ。後に亀井グループと政策科学研究所(旧渡辺派)を合併させ、新たに志帥会(村上・亀井派)を結成、会長を務めた。亀井静香 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間基地移設問題

    普天間基地移設問題から見た平沼赳夫平沼赳夫

    そうした経緯があるだけに、運輸省が音頭をとった「メガフロート技術研究組合」の熱の入れ方は半端ではなかったと言う。今回の場合は組合の発足した1995年7月、運輸大臣であった亀井静香が第7次空港整備計画(期間:1996?2000年)にてメガフロート工法を積極的に取り入れる方針を明らかにし、翌1996年9月には亀井や同じく運輸相を務めた経験のある平沼赳夫などを中心とする「メガフロート実用化推進議員連盟」も発足していた。普天間基地移設問題 フレッシュアイペディアより)

195件中 11 - 20件表示

「平沼赳夫」のニューストピックワード

  • チャゲチャゲは温かいやつ

  • ユーリ!!! on ICE

  • Qさま!! 来日外国人が選んだ!日本の名所・紅葉・世界遺産ベスト25から出題3時間SP