170件中 21 - 30件表示
  • 日本維新の会

    日本維新の会から見た平沼赳夫平沼赳夫

    11月17日 - 太陽の党との合流を正式に発表。石原が代表に就任し、橋下は代表代行に退いた。また旧太陽の党共同代表の平沼赳夫が国会議員団代表に就任。日本維新の会 フレッシュアイペディアより)

  • 日台関係史

    日台関係史から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2001年10月、APEC上海会議の際、平沼赳夫経産相と林義夫経済部長が会談し、「日台FTA」の検討開始で合意した(未実現)。2002年末、外務省の内部規則が改訂され、日台間の政府当局間接触が課長補佐から課長レベルに引き上げられた。小泉純一郎首相の私的懇談会が発表した「21世紀日本外交の基本戦略」(2002年11月)では「日台関係強化の研究」の必要性を指摘。2004年以降、日本政府は台湾の世界保健機関(WHO)へのオブザーバー参加を支持する立場をとり、2005年2月には、日米政府当局が日米安全保障協議委員会(2プラス2)で合意した「共通戦略目標」で、初めて台湾海峡問題に明確に言及した。当時の町村信孝外相も、日米安保は台湾地域も対象に入ると言明した。日台関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井静香

    亀井静香から見た平沼赳夫平沼赳夫

    自民党内の派閥では清和会(福田赳夫→安倍晋太郎→三塚博派)に所属していたが、平沼赳夫や中川昭一らを引き連れ離脱し、亀井グループを旗揚げ。後に亀井グループと政策科学研究所(旧渡辺派)を合併させ、新たに志帥会(村上・亀井派)を結成、会長を務めた。亀井静香 フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮による日本人拉致問題

    北朝鮮による日本人拉致問題から見た平沼赳夫平沼赳夫

    旧拉致議連は後任人事について桜井新幹事長と西村眞悟事務局長代理に一任したが、同年4月3日、両名の協議の結果「体制一新が必要」との判断に達し、旧「北朝鮮拉致疑惑日本人救済議員連盟」は解散した。これを受けて同月、石破茂を会長、西村を幹事長、平沢勝栄を事務局長とした「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」(新拉致議連)が改めて結成された。同年4月25日の新拉致議連設立総会には衆参国会議員31人と代理30人が参加、家族会・救う会と結束して行動することを確認した。新拉致議連は当時経済産業大臣だった平沼赳夫や内閣官房副長官の安倍晋三らが賛同、第1次小泉内閣もこれを支持するところとなった。また中川昭一・上田清司ら新拉致議連の呼びかけ人に応じた中井洽・古屋圭司ら自由民主党・民主党・自由党・保守党の超党派の議員が発足当初から参加しているが、公明党・社会民主党・日本共産党からの参加はなかった。一方中山は同年5月7日の昼、赤坂プリンスホテルの中華料理店で「救う会」の役員に「有本恵子さんは生きている」と語ったが、9月21日の12時頃、「救う会」の西岡力が秘書を通じて中山にこの発言の根拠を確認したものの回答はなかった。このような中山の言動は被害者家族はもとより国民の不信感を生み、拉致事件の解決が妨害されたとして真摯な説明と謝罪を求める声が議員辞職後の現在も多くあがっている。北朝鮮による日本人拉致問題 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤信二

    佐藤信二から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2008年2月18日、台湾の陳水扁総統から、日華議員懇談会の前会長として長年・日台友好に寄与した功績から、「大綬景星勲章」を平沼赳夫とともに授与された。佐藤信二 フレッシュアイペディアより)

  • 国民新党

    国民新党から見た平沼赳夫平沼赳夫

    衆議院では第172特別国会より新党大地が民主党・無所属クラブへ会派を移ったことに伴い、単独会派「国民新党」として亀井静香・松下・下地の3名で活動している。しかし、同年11月、亀井代表は民主党圧勝で低下した与党内での発言力を確保するため、かつて綿貫代表と対立していた新党日本の田中代表に、対等合併を提案。さらに、平沼赳夫ら平沼グループにも合流を呼びかけた。さしあたり、新党日本との統一会派再結成で合意し、2010年6月8日に新党日本と統一会派国民新党・新党日本を結成した。国民新党 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生太郎

    麻生太郎から見た平沼赳夫平沼赳夫

    「東京で美濃部革新都政が誕生したのは婦人が美濃部スマイルに投票したのであって、婦人に参政権を与えたのが最大の失敗だった」( 1983年2月9日、高知県議選の応援演説にて、国が女性に参政権を与えていることを批判した)。のちに自民党を離党した平沼赳夫とともに、当時の新聞しんぶん赤旗一面に掲載された。麻生太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 乙骨正生

    乙骨正生から見た平沼赳夫平沼赳夫

    政治的位置を問わず、きわめて多岐にわたる人脈を持つ。乙骨と同様に創価学会を脱会した元創価学会教学部長の原島嵩や元創価学会顧問弁護士の山崎正友、元公明党代議士の大橋敏雄、元公明党都議会公明党幹事長の龍年光、元公明党都議会公明党幹事長の藤原行正らとの連携・協力に加え、著作の多くは共産党系の出版社から出ている(参照)一方、櫻井よし子・平沼赳夫・水島総などの保守系人脈と共著がある(参照)。朝木明代東村山市議他殺説では、事件の翌日から東村山市議会議員矢野穂積と連携して広報を行い、『文藝春秋』に執筆した記事は自民党議員の国会質問の根拠となった。2008年には矢野に協力する瀬戸弘幸・西村修平ら右翼活動家の集会に参加している。また、石井一・前田雄吉ら小沢一郎系の民主党国会議員らによる流通ビジネス議員連盟による番組「ネットワーク・プラザ」が乙骨が法人理事をつとめる多摩レイクサイドFMで放送され、乙骨は番組制作費として同連盟から数十万を受領し、番組の著作権は同連盟に譲渡されて、番組収録CDの販売代金は同連盟の収益となっている。石井・前田らはFORUM21にも数度寄稿している。乙骨正生 フレッシュアイペディアより)

  • 士志の会

    士志の会から見た平沼赳夫平沼赳夫

    士志の会(ししのかい)は、自民党の古賀誠が麻生太郎、平沼赳夫、高村正彦らに呼びかけて作ったグループ。麻生を除く3人は1980年衆議院選挙初当選の同期である。士志の会 フレッシュアイペディアより)

  • 亜細亜友之会

    亜細亜友之会から見た平沼赳夫平沼赳夫

    平沼赳夫(衆議院議員、元経産大臣)亜細亜友之会 フレッシュアイペディアより)

170件中 21 - 30件表示

「平沼赳夫」のニューストピックワード