170件中 31 - 40件表示
  • 生命の實相

    生命の實相から見た平沼赳夫平沼赳夫

    生命の實相(生命の実相、せいめいのじっそう)は、昭和初期?中期の谷口雅春の代表的著書。宗教法人「生長の家」の聖典の一つ。頭注版・携帯版は全40巻。愛蔵版は全20巻。初版(復刻版)、点字版もある。初期には豪華版と言うものも刊行されていた。日本教文社刊。生長の家では是を神が谷口雅春に書かせたものとする。平沼赳夫の愛読書でもある。生命の實相 フレッシュアイペディアより)

  • 政治家の年金未納問題

    政治家の年金未納問題から見た平沼赳夫平沼赳夫

    平沼赳夫(岡山・11年8か月)政治家の年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 村山内閣 (改造)

    村山内閣 (改造)から見た平沼赳夫平沼赳夫

    平沼赳夫(自由民主党・三塚派)村山内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

  • サム・ブラウンバック

    サム・ブラウンバックから見た平沼赳夫平沼赳夫

    同月には、訪米した平沼赳夫元経産相や家族会のメンバーらと面会、ブッシュ政権が推し進める北朝鮮のテロ支援国家指定解除の動きを批判。指定解除を阻止する法案提出の意向を示し、12月10日、ジョー・リーバーマンやジョン・カイルらと共に、北朝鮮のテロ支援国家指定解除に反対する決議を上院に提出した。同決議案では、指定解除には拉致問題の解決、イランやシリアなどへの核拡散の防止などが盛り込まれており、先の平沼赳夫との会談の中身が実行された形である。北朝鮮に対する融和姿勢を理由にクリストファー・ヒル国務次官補の駐イラク大使就任にも、ジョン・マケインらとともに異を唱えている。サム・ブラウンバック フレッシュアイペディアより)

  • 辜振甫

    辜振甫から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2005年(民国94年)2月2日、台湾政府は国父記念館で追悼式を挙行した。陳水扁総統が「台湾の社会が最も尊敬した人物」と最大級の賛辞を送り、故人の国家への貢献を称える「褒揚令」が読み上げられた。中国側からは、汪・海協会会長の個人代理として、同協会の孫亜夫副会長(兼国務院台湾事務弁公室副主任)と李亜飛秘書長が弔問のため訪台した。日本側からも日華議員懇談会会長の平沼赳夫元経済産業大臣、財団法人交流協会会長、日本経団連事務総長ら、政・財・学の各界要人50人余が参列した。辜振甫 フレッシュアイペディアより)

  • 自由革新同友会

    自由革新同友会から見た平沼赳夫平沼赳夫

    1983年1月に中川が急死すると取り敢えずは長谷川四郎が代表代行を務め、その後石原が後を継ぐ(石原派)が、求心力の低下は避けられず、他派閥の草刈場となってしまった。一時は中川直系だけでも14人を数えたが、少なからざる人数が総裁派閥として勢力拡大を図っていた中曽根派に移籍するなど解散直前には衆参合わせて7人にまで落ち込んだ。小世帯では内閣・党の主要ポストも獲得できず、派の運営費だけが嵩む一方で、ついに1984年11月、石原をはじめ長谷川四郎、長谷川峻、高橋辰夫、平沼赳夫、中川昭一の衆院議員6人は福田派に合流し(古屋亨は先行離脱し合流していた)、派閥は消滅することになった。自由革新同友会 フレッシュアイペディアより)

  • 大下英治

    大下英治から見た平沼赳夫平沼赳夫

    平沼赳夫の「宣戦布告」 河出書房新社 2005.9大下英治 フレッシュアイペディアより)

  • イリアナ・ロス・レイティネン

    イリアナ・ロス・レイティネンから見た平沼赳夫平沼赳夫

    ただ、その後バランスをとるためか、対テロ戦争で米国・英国と共同歩調をとってきたことに対する「対日感謝決議」を提出・成立させている。また、同年11月には訪米した拉致被害者家族会や拉致議連の平沼赳夫・衆議院議員と面会。拉致問題の解決が成されない限り、北朝鮮のテロ支援国家指定解除に反対する意向を示し、指定解除に反対する法案提出に言及した。2008年アメリカ合衆国大統領選挙においては、ジョン・マケイン上院議員を支持しており、予備選の際は票の取りまとめも行った。イリアナ・ロス・レイティネン フレッシュアイペディアより)

  • 保保連合構想

    保保連合構想から見た平沼赳夫平沼赳夫

    自民党で梶山静六や亀井静香や平沼赳夫が、新進党では小沢一郎や野田毅や扇千景や小池百合子がこの構想に賛同した。保保連合構想 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇陛下御即位二十年奉祝国会議員連盟

    天皇陛下御即位二十年奉祝国会議員連盟から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2009年2月には、海部俊樹、羽田孜、小泉純一郎、安倍晋三、福田康夫、綿貫民輔、小沢一郎、太田昭宏、渡部恒三、青木幹雄、中山太郎、森喜朗、平沼赳夫の計13名の連名による設立趣意書を発表し、各議員らに対し幅広く参加を募るなど、その活動を本格化させた。その結果、会員となる議員も増加し、2009年9月1日時点では衆議院議員160名、参議院議員129名に達した。天皇陛下御即位二十年奉祝国会議員連盟 フレッシュアイペディアより)

170件中 31 - 40件表示

「平沼赳夫」のニューストピックワード