170件中 61 - 70件表示
  • 郵政造反組復党問題

    郵政造反組復党問題から見た平沼赳夫平沼赳夫

    無条件一括復党を求める形で造反議員の代表として自民との交渉役になっている平沼赳夫元経産相は自民党執行部の代表である中川秀直幹事長の要求に反発を示した。中川幹事長と平沼議員との交渉が注目され、中川・平沼の二人がかつて同じ三塚派所属時代の過去の確執も取り上げられた。郵政造反組復党問題 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生包囲網

    麻生包囲網から見た平沼赳夫平沼赳夫

    麻生が有力な自民党後継者候補であったことから、麻生が幹事長として自由民主党総裁選挙を取り仕切ることに自民党内部で反発が起こり、郵政民営化法案に反対して自民党を離党した平沼赳夫の復党を積極的に進めていた麻生と対立していた小泉チルドレンは、小泉純一郎の擁立を画策し、反麻生の態度を示した。麻生包囲網 フレッシュアイペディアより)

  • 新憲法制定議員同盟

    新憲法制定議員同盟から見た平沼赳夫平沼赳夫

    【副会長】衆院=津島雄二、古賀誠、野田毅、島村宜伸、深谷隆司、与謝野馨、高村正彦、二階俊博、町村信孝、額賀福志郎、大野功統、斉藤斗志二、杉浦正健、森山眞弓、堀内光雄、☆臼井日出男、☆石原伸晃(以上自民)、☆前原誠司(民主)、平沼赳夫、☆玉澤徳一郎(以上無所属)、参院=☆藤井孝男、 ☆尾辻秀久(以上自民)、☆田名部匡省、☆渡辺秀央(以上民主)、山東昭子(無所属)、元職=小野清子新憲法制定議員同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 唯是一寿

    唯是一寿から見た平沼赳夫平沼赳夫

    大学院在学中から政府系シンクタンクの研究員、道路経済研究所のプロジェクト委員などを務め、道路問題や都市交通などの研究に力を注ぐ。また、政策研究グループ「都市・地方振興フォーラム」を主宰し、ロビー活動や地域振興コンサルティングに取り組んだ。国会議員や首長のブレーンおよびアドヴァイザーを務めた関係上、東国原英夫(後述)、与謝野馨、平沼赳夫らと親交が深い。唯是一寿 フレッシュアイペディアより)

  • のぞみ (政治)

    のぞみ (政治)から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2010年2月25日、無所属の平沼赳夫ら3人と意見交換会を開いた。会合では、外国人参政権などに反対することで一致し、今後、定期的に会合を開くことを確認した。会合後、山本は「平沼氏からともに行動できるグループとの評価をいただいた」と述べ、平沼は「山本氏らは良質の政治家で(平沼が結成を明言している)新党に加わってくれるのが望ましいが、なかなかそこまでいっていない」と述べた。のぞみ (政治) フレッシュアイペディアより)

  • 中川義雄

    中川義雄から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2010年(平成22年)4月、自民党を離党、実兄・一郎の秘書だった平沼赳夫が発足させた新党「たちあがれ日本」に参加し、党参議院幹事長に就任した。同年7月、第22回参議院議員通常選挙にたちあがれ日本公認で比例区より出馬し、再選を目指すも落選。中川義雄 フレッシュアイペディアより)

  • 第2次森内閣 (改造 中央省庁再編前)

    第2次森内閣 (改造 中央省庁再編前)から見た平沼赳夫平沼赳夫

    前内閣が閣僚待望組を多く入れた「滞貨一掃」などと言われたのとは対象的に、総理経験者である橋本龍太郎や、将来のリーダー候補とみなされていた額賀福志郎、町村信孝、高村正彦などを新たに入閣させ、留任の宮澤喜一、平沼赳夫、河野洋平らと合わせて「重量級」の布陣と言われた。他方、2000年(平成12年)11月に起きた加藤の乱の中心となった加藤派・山崎派の議員からは、閣僚や党役員が起用されていない。第2次森内閣 (改造 中央省庁再編前) フレッシュアイペディアより)

  • 小沢民主党は信用できるか

    小沢民主党は信用できるかから見た平沼赳夫平沼赳夫

    日本を愛する議員よ、立ち上がれ (平沼赳夫、櫻井よしこ、Voice 2008年1月号、原題:政界大再編へ)小沢民主党は信用できるか フレッシュアイペディアより)

  • 創生「日本」

    創生「日本」から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2007年7月の第21回参議院議員通常選挙で自民党が大敗、同年9月に安倍改造内閣が退陣。福田内閣が発足。これを受け、保守勢力の結集を目指し、自民党の中川昭一、島村宜伸や当時無所属だった平沼赳夫をはじめとした自民党(谷垣派を除く党内8派閥から参加)及び無所属の議員によって設立された。創生「日本」 フレッシュアイペディアより)

  • 中山太郎

    中山太郎から見た平沼赳夫平沼赳夫

    派閥は参議院初当選から一貫して清和会(福田派→安倍派→三塚派)に属し、安倍晋太郎会長下で加藤六月、塩川正十郎、森喜朗、三塚博が「安倍派四天王」と称されると、これに続く「安倍派第5の男」と呼ばれた。1998年、三塚派内で森ラインと亀井静香ラインの対立が激化すると、亀井、平沼赳夫らと清和会を脱退し、「中山 ・亀井グループ」を結成。しかし、翌年の志帥会結成には参加せず、以来無派閥を貫く。中山太郎 フレッシュアイペディアより)

170件中 61 - 70件表示

「平沼赳夫」のニューストピックワード