170件中 71 - 80件表示
  • 萩生田光一

    萩生田光一から見た平沼赳夫平沼赳夫

    安倍内閣が道路特定財源の一般財源化を打ち出した際は、山本一太らと後押しをすべく動いた。安倍内閣失速の原因とされる郵政造反組復党問題では、平沼赳夫や古屋圭司と靖国神社参拝や人権擁護法案反対で共闘してきた経緯から復党を是としていた。萩生田光一 フレッシュアイペディアより)

  • 中川泰宏

    中川泰宏から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2007年9月10日に行われた自民党の代議士会で川条志嘉となどと共に平沼赳夫の復党問題に関して、「平沼氏が無条件で復党することは、小泉改革を否定することだ。国民はアホじゃない」と発言し、マスコミでは「小泉チルドレンの反乱」かと騒がれる。中川泰宏 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋文化振興議員連盟

    将棋文化振興議員連盟から見た平沼赳夫平沼赳夫

    安倍晋三(元首相)、鳩山由紀夫(同)、平沼赳夫、原口一博、松原仁、市田忠義など計94人。将棋文化振興議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 松本和巳

    松本和巳から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2009年6月に自民党を離党した後、同年8月30日投開票の第45回衆議院議員総選挙で千葉6区より無所属で出馬することを表明し、平沼赳夫率いる平沼グループに参加して選挙戦を行ったが落選した。なお、連座制が適用される千葉7区では2011年1月まで立候補が禁止されていたが、それ以外の選挙区からの立候補は特に禁止されていなかった。松本和巳 フレッシュアイペディアより)

  • 第21回参議院議員通常選挙

    第21回参議院議員通常選挙から見た平沼赳夫平沼赳夫

    岡山選挙区では、自民党の参院幹事長である片山虎之助が地元に張り付いて選挙活動を続け、平沼赳夫衆院議員(郵政造反組として自民党を離党、岡山県選出)から支持も得たものの、民主党の新人候補に約48,000票の差をつけられ落選した。各メディアは当選者の苗字に「姫」が使われていたことから「姫の虎退治」と報じた。第21回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 舛添要一

    舛添要一から見た平沼赳夫平沼赳夫

    尊敬する政治家は野中広務と青木幹雄である(舛添は当選以来無派閥)。先述のように党の政策部会への出席率は高く、野中からは「自民党議員は舛添さんを見習うべき」と評された。現実に野中らは03年自民党総裁選の際、反小泉の統一候補として舛添擁立を真剣に考えていたとされる。反小泉候補としては他に平沼赳夫擁立構想が一時取り沙汰されていたが、野中と平沼が政治的信念を180度異にすることや派閥の領袖だった亀井静香が難色を示したため、実現に至らず、舛添の名が浮上したとされる(後に亀井自身が立候補している)。野中は筑紫哲也NEWS23に出演した際、「秘策がある」と明言しているが、その秘策とは舛添擁立構想を指すものと思われる。野中は最終的には舛添擁立を断念し、藤井孝男を擁立した。舛添要一 フレッシュアイペディアより)

  • フールファイブ

    フールファイブから見た平沼赳夫平沼赳夫

    衆議院議員平沼赳夫は、第21回参議院議員通常選挙での自由民主党大敗後に執筆した論文にて「官房長官、副長官から、首相補佐官まで『仲良しクラブ』で固めたために、『少年官邸団』という有様になってしまった」と指摘したうえで、「『少年探偵団』には、明智小五郎を助ける小林少年がいたけれど、『少年官邸団』にはそれすら存在しない」と皮肉っており、「安倍総理の第一の失敗は、人事」と断言している。フールファイブ フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県第4区

    熊本県第4区から見た平沼赳夫平沼赳夫

    小選挙区制導入以来、園田博之が新党さきがけ時代から強固な地盤を築き、連続5選している。2009年の衆院選でも自民党への逆風をはね返して当選した。園田は2010年4月、再度自民党を離党したちあがれ日本を結成し、党幹事長に就任。2012年には日本維新の会に合流。第46回衆議院議員総選挙における維新の会公認の小選挙区立候補者のうち、本部がある大阪府以外での当選者は、たちあがれ日本出身の園田と平沼赳夫(岡山県第3区)のみである。熊本県第4区 フレッシュアイペディアより)

  • 外国人住民基本法案

    外国人住民基本法案から見た平沼赳夫平沼赳夫

    (6)保守・右派の間で、外国人参政権と人権擁護法案を合わせた危険な法案だ、日本人を差別する法案として反対意見が出されている。平沼赳夫が既に反対を表明している。また、青山繁晴が外国人参政権問題と関連付けて取り上げている。外国人住民基本法案 フレッシュアイペディアより)

  • 野呂田芳成

    野呂田芳成から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2005年、小泉純一郎首相が執念を燃やす郵政民営化法案が衆院に提出されたが、自民党内から綿貫民輔、亀井静香、堀内光雄、野田聖子、平沼赳夫ら有力議員が次々に造反し、野呂田も反対票を投じた。衆院では僅差で可決されたものの、参議院でも中曽根弘文、鴻池祥肇らの反対により法案は否決された。そのため小泉首相は衆院を解散(郵政解散)し、反対票を投じた議員を公認せず、自民党公認の刺客を擁立する策に出た。野呂田の選挙区である秋田2区にも自民党公認の小野貴樹が擁立されたが、野呂田は小野を約3万票差で下し、議席を死守する。野呂田芳成 フレッシュアイペディアより)

170件中 71 - 80件表示

「平沼赳夫」のニューストピックワード