195件中 71 - 80件表示
  • 中山太郎

    中山太郎から見た平沼赳夫平沼赳夫

    派閥は参議院初当選から一貫して清和会(福田派→安倍派→三塚派)に属し、安倍晋太郎会長下で加藤六月、塩川正十郎、森喜朗、三塚博が「安倍派四天王」と称されると、これに続く「安倍派第5の男」と呼ばれた。1998年(平成10年)、三塚派内で森ラインと亀井静香ラインの対立が激化すると、亀井、平沼赳夫らと清和会を脱退し、「中山 ・亀井グループ」を結成。しかし、翌年の志帥会結成には参加せず、以来無派閥を貫く。中山太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤静雄 (衆議院議員)

    佐藤静雄 (衆議院議員)から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2008年1月、次期衆議院議員総選挙では北海道4区(札幌市手稲区、後志管内)に、 平沼赳夫元経済産業大臣が検討している新党から出馬する意向を明らかにしていたが、同年8月23日自民党が宮本融を擁立することを決定したため、出馬を断念し政治家を再び引退表明。実業家に転身し株式会社ジャパンドリームカンパニー代表取締役。みんなの党を応援している。佐藤静雄 (衆議院議員) フレッシュアイペディアより)

  • 第22回参議院議員通常選挙

    第22回参議院議員通常選挙から見た平沼赳夫平沼赳夫

    たちあがれ日本は「郵政民営化」に反対した事で自民党を離党した平沼赳夫が代表となり、これに元財務大臣の与謝野馨らが自民党を離党して加わり、5人の国会議員を確保して「政党」となった。また、東京都知事の石原慎太郎がこれとは別に発起人・応援団長として加わっている。10議席以上の確保を目標にしている。しかし郵政民営化については、「100%民営化」を前提としつつ、全国どこでも公平に利用できる制度設計をすると公約に掲げた。第22回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 保坂武

    保坂武から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2006年(平成18年)、自由民主党総裁の安倍晋三が郵政造反組の復党を認める意向を表明。自由民主党幹事長の中川秀直は保坂ら造反組に対し、「郵政民営化に反対しない」「安倍政権の公約を支持する」旨を記した誓約書の提出を求め、平沼赳夫を除く全員が誓約書及び復党届を自民党に提出。同年12月4日の党紀委員会で復党が正式に認められ、自民党に復帰した。2007年(平成19年)8月、かつて所属していた平成研究会(津島派)に再入会した。保坂武 フレッシュアイペディアより)

  • 江口克彦

    江口克彦から見た平沼赳夫平沼赳夫

    8月25日、かねてより超党派自主憲法研究会の活動などを通じて考え方が近いと伝えられてきた次世代の党への入党意向を固めたことが一部で報じられ、翌26日次世代の平沼赳夫党首、山田宏幹事長とともに記者会見し、党総務会で正式に入党が認められたことが発表された。また同時に、江口が次世代の党の憲法調査会長と顧問を務めることが発表された。9月、参議院におけるみんなの党会派も離脱して会派「次世代の党」に参加し、参議院行政監視委員長のポストも失職した。これにより、みんなの党は衆参両院での委員長ポストを失った。江口克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 新党改革

    新党改革から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2008年9月24日に召集された第170臨時国会の冒頭に行われた内閣総理大臣指名選挙では、参議院において改革クラブの4人は1回目・決選投票の双方とも自民党総裁・麻生太郎に投票した。一方、衆議院で唯一の所属議員である西村眞悟は麻生でなく平沼赳夫に投票した(1回目で麻生が過半数の票を獲得したことに伴い決選投票は行われず)。新党改革 フレッシュアイペディアより)

  • 樽井良和

    樽井良和から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2000年、第42回衆議院議員総選挙に岡山3区から民主党公認で出馬するが、当時通商産業大臣だった自由民主党の平沼赳夫に大差で敗れ、落選。2003年の第43回衆議院議員総選挙では大阪16区に国替えして出馬。大阪16区では公明党の北側一雄に敗れるが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、初当選を果たした。樽井良和 フレッシュアイペディアより)

  • 林潤

    林潤から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2008年5月28日 - 「ゐ」や「ゑ」など旧仮名づかいの復活を目指す超党派議連「国語を考える国会議員懇談会」(国語議連)事務局長就任。会長は平沼赳夫衆議院議員。林潤 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡利勝

    松岡利勝から見た平沼赳夫平沼赳夫

    党内では、安倍晋太郎派→三塚博派→亀井グループを経て1998年に江藤・亀井派結成に参加していた。当初は小泉改革に反対する立場だったが、衆議院予算委員会理事、衆議院郵政民営化に関する特別委員会理事を経て、小泉を積極的に支持する姿勢に転換、郵政国会を機に長年仕えてきた亀井静香・平沼赳夫らと事実上訣別した。同年の通常国会では、2003年に解党された自由党の政党交付金を同党の党首を務めていた小沢一郎が着服したとされる疑惑を追及した。また、同年8月に郵政関連法案が参議院で否決されたことにより当時の小泉首相は衆議院の解散を決断するが、同日に小泉と改革への決意を首相官邸で語っていた人物は松岡である。他方、これまでの主張であったコメの輸入自由化・FTAへの頑強なまでの反対姿勢を一転させたことは、従来の支持基盤だった農家からの激しい反発を招いた。松岡利勝 フレッシュアイペディアより)

  • 笹川堯

    笹川堯から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2006年10月26日、自民党党紀委員長であった笹川は津島派の総会において、郵政造反組復党問題について「落選した候補も見捨てない。救済するときは一括して救済していくのが一番正しい道」と述べ、無所属の現職衆議院議員に落選した前職を加えた「一括復党」を認める意向を表明した(最終的に、12月4日に平沼赳夫を除く11人の無所属の現職衆議院議員のみを復党させた)。また、2007年の第21回参議院議員通常選挙において無所属で当選した藤井孝男を、欠員が生じて決議ができない党紀委員会の審査を経ずに、委員長の独断で仮復党を認めた(9月7日に党紀委員会で正式に復党が認められた)。笹川堯 フレッシュアイペディアより)

195件中 71 - 80件表示

「平沼赳夫」のニューストピックワード