170件中 81 - 90件表示
  • 島村宜伸

    島村宜伸から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2007年11月13日 - 中川昭一・平沼赳夫らとともに、安倍内閣崩壊後停滞していた保守主義再建のための勉強会を準備。島村宜伸 フレッシュアイペディアより)

  • 植竹繁雄

    植竹繁雄から見た平沼赳夫平沼赳夫

    1980年(昭和55年)-第36回衆議院議員総選挙初当選(当選同期に古賀誠・川崎二郎・平沼赳夫など)。植竹繁雄 フレッシュアイペディアより)

  • 中曽根弘文

    中曽根弘文から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2005年の郵政国会では、参院亀井派会長である中曽根の動向が注目された。衆議院では綿貫民輔や亀井静香ら大物議員が造反し、参議院での可決が微妙な情勢の中で執行部・反執行部双方の説得が続いていた。参議院では郵政法案反対結集の中心人物になりうる大物議員が存在しない状況下で、中曽根が8月5日法案への反対票を投じることを明言し、法案否決への決定的な大きな流れをつくった。これについて、父・康弘は「息子は私の言うことは聞かない人だから」と評した。8月8日、郵政民営化法案の参議院本会議では、予告通り反対票を投じ法案は否決された。だが、その後の衆議院解散に伴う9月11日の第44回衆議院議員総選挙で、自由民主党が圧勝したことを受けて、翌12日に法案に賛成する意向を表明し、反対票を投じた参院旧亀井派の残り10人も賛成に回る、と会見で明らかにした。これを受けて、10月14日の参議院本会議において賛成票を投じ、郵政民営化法案は可決された。その後、国会参議院予算委員長を辞任。年齢、実績、当選回数から次期参議院議長候補の筆頭に目されていたが、郵政採決での参議院の戦犯と党内で槍玉に挙げられたことから、党内での地位が大幅に低下した。一方、郵政法案に最後まで反対した平沼赳夫は「親子2代の風見鶏」と中曽根の変節ぶりを激しく批判している。中曽根弘文 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤静雄 (衆議院議員)

    佐藤静雄 (衆議院議員)から見た平沼赳夫平沼赳夫

    2008年1月、次期衆議院議員総選挙では北海道第4区(札幌市手稲区、後志管内)に、 平沼赳夫元経済産業大臣が検討している新党から出馬する意向を明らかにしていたが、同年8月23日自民党が宮本融を擁立することを決定したため、出馬を断念し政治家を再び引退表明。実業家に転身し株式会社ジャパンドリームカンパニー代表取締役。みんなの党を応援している。佐藤静雄 (衆議院議員) フレッシュアイペディアより)

  • 田久保忠衛

    田久保忠衛から見た平沼赳夫平沼赳夫

    平沼赳夫・櫻井よしこ・大原康男他)『日本の正道?真の保守政治を確立するための政策提言』(平沼赳夫,正しい日本を創る会編. PHP研究所, 2007年7月)ISBN 978-4569692913田久保忠衛 フレッシュアイペディアより)

  • 谷津義男

    谷津義男から見た平沼赳夫平沼赳夫

    1997年、衆議院内閣委員長に就任。自民党では安倍派→三塚派に所属していたが、1998年に三塚派を離脱し、翌年の志帥会結成に参加。三塚派時代から亀井静香の側近であり、三塚派からの亀井や谷津、平沼赳夫、中川昭一らの離脱は、派内で発言力が増していた森喜朗らのグループに対抗しての行動であったが、2000年12月には第2次森改造内閣で農林水産大臣に任命され、初入閣を果たしている。在任中、中華人民共和国からの葱・椎茸・イグサの輸入に対してセーフガードを発令する決定を行った。谷津義男 フレッシュアイペディアより)

  • 塚原俊平

    塚原俊平から見た平沼赳夫平沼赳夫

    大蔵・労働の各政務次官を務め、1990年に第2次海部内閣で労働大臣として初入閣(父・俊郎は第3次佐藤内閣で労働大臣に就任しており、親子2代での労相就任となった)。三塚派では亀井静香グループに属し、1995年の自民党総裁選では、三塚ら派閥幹部が河野洋平支持に動く中、亀井や平沼赳夫らと橋本龍太郎支持に奔走。1996年に成立した第1次橋本内閣では通商産業大臣に抜擢。同ポストに40代の人物が就いたのは愛知揆一以来42年ぶりのことであり、将来が嘱望される存在だった。塚原俊平 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎清光

    尾崎清光から見た平沼赳夫平沼赳夫

    この間、1978年に上京。全日本同和会に所属し、最高顧問の地位にあったが、内紛で脱退後、自ら日本同和清光会を結成(1978年)。同和団体幹部としての地位や政財界へのパイプや暴力団幹部との繋がりを道具に使って行政を恫喝し、市街化調整区域など通常は開発の許可が下りない土地の許可を強引に取得して開発業者に斡旋。地上げの帝王といわれた最上恒産会長の早坂太吉とは兄弟分であり、スポンサーでもあった。億単位の仲介料を荒稼ぎし、暴利をむさぼった。1億2000万円のダイヤモンド入り腕時計や8000万円のブレスレットや最高級のスーツや靴で全身を飾り、3000万円のリムジンを2台乗り回して「歩く三億円」と呼ばれたのはこの時期のことである。銀座の某クラブ経営者は尾崎の格好を評して「アフリカの部族が精一杯気張っておしゃれしたみたい」「白いスーツの上下に白い靴、べっこう縁の眼鏡に、ダイヤの指輪にダイヤのネクタイピン。タバコ入れにもダイヤモンドが付いている。一個一億円もする腕時計を両手にはめて、それでいて実際に時間を見るのは懐中時計。差し出す名刺は普通のやつの三倍もある大きさで、二つ折りでおまけに自分の顔のカラー写真が刷り込んである。まあ、派手好きは大勢いるけれど、あそこまでやるのは、日本中探したって、どこにもいないんじゃないですかね」と発言している。専用車として超高級外車2台を乗り回し、そのうちの1台である白いキャデラックのリムジンには自動車電話4台が設置され、床には毛皮が敷かれ、ソファーのようなシートには家紋の剣カタバミが金糸で縫い取られ、車内にはテレビやビデオデッキ、カラオケセット、冷蔵庫、電子レンジにシャンデリアまで備わっていた。競輪、競艇、オートレースといった公営賭博に熱中し、1日に5000万円から1億円を使っていた時期もあるという。また、複数の有名女優を愛人とし、佐渡ヶ嶽部屋のタニマチとして振る舞い、北島三郎のスポンサーとなり、自らも芸能プロダクションを設立し会長を務めた。自民党では、中川一郎や武藤嘉文、玉置和郎、平沼赳夫らに取り入った。尾崎清光 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田幹生

    奥田幹生から見た平沼赳夫平沼赳夫

    京都府綾部市出身。早稲田大学政治経済学部を卒業後、読売新聞記者となる。その後京都市議会議員・同市議会議長・京都府議会を経て、1979年の総選挙に自民党公認で京都1区で出馬。この時は落選するが翌1980年の総選挙では(現職の田中伊三次が公認を返上したため)唯一の自民党公認候補として選挙戦を戦い、初当選を果たした(当選同期に古賀誠・平沼赳夫・川崎二郎・柿沢弘治など)。奥田幹生 フレッシュアイペディアより)

  • 青山繁晴

    青山繁晴から見た平沼赳夫平沼赳夫

    「拉致問題では絶対にぶれていない」として安倍首相(当時)による対北政策を高く評価しており、拉致問題の対応で最も信頼できる政治家として安倍のほかに中川昭一と平沼赳夫を挙げている。また、拉致問題に関して独自の行動をとっている山崎拓前自民党副総裁については、「政府の統一見解とは異なる自らの判断に基づくアプローチは、二元外交であり政府与党内の分裂をもたらすものである」とし、それを報道2001等のテレビ番組を通じ、直接山崎に述べている。青山繁晴 フレッシュアイペディアより)

170件中 81 - 90件表示

「平沼赳夫」のニューストピックワード