257件中 21 - 30件表示
  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た中曽根康弘

    1980年(昭和55年)の第36回衆議院議員総選挙にて、旧岡山1区で自民党から立候補して初当選する(当選同期に古賀誠・太田誠一・久間章生・川崎二郎・森田一・高村正彦・柿沢弘治など)。以後10回連続当選。この間石原慎太郎、亀井静香、中川昭一といった中川一郎に近い保守派の議員らと行動をともにする。1995年(平成7年)、村山改造内閣で運輸大臣として初入閣。その後も第2次森内閣で通商産業大臣に、第2次森内閣 (中央省庁再編)で初代経済産業大臣に、第1次小泉内閣でも再び経済産業大臣に任命された。自民党では中川率いる自由革新同友会に所属し、中川の死後は石原らとともに清和会(福田赳夫→安倍晋太郎→三塚博派)へ合流した。清和会を離脱した亀井グループと中曽根康弘が率いていた旧渡辺派が合流し、志帥会が発足。名称は初代事務総長である平沼の命名による。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た馬英九

    2008年(平成20年)2月18日、民主進歩党主席で中華民国総統の陳水扁(当時)から、日台友好に長年にわたって寄与した功績により「大綬景星勲章」を佐藤信二とともに授与された。同年5月20日には、先の選挙で民進党を破り、新たに同国の総統に就任した中国国民党主席の馬英九の就任式にて、石原慎太郎東京都知事らとともに出席した。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た川崎二郎

    1980年(昭和55年)の第36回衆議院議員総選挙にて、旧岡山1区で自民党から立候補して初当選する(当選同期に古賀誠・太田誠一・久間章生・川崎二郎・森田一・高村正彦・柿沢弘治など)。以後10回連続当選。この間石原慎太郎、亀井静香、中川昭一といった中川一郎に近い保守派の議員らと行動をともにする。1995年(平成7年)、村山改造内閣で運輸大臣として初入閣。その後も第2次森内閣で通商産業大臣に、第2次森内閣 (中央省庁再編)で初代経済産業大臣に、第1次小泉内閣でも再び経済産業大臣に任命された。自民党では中川率いる自由革新同友会に所属し、中川の死後は石原らとともに清和会(福田赳夫→安倍晋太郎→三塚博派)へ合流した。清和会を離脱した亀井グループと中曽根康弘が率いていた旧渡辺派が合流し、志帥会が発足。名称は初代事務総長である平沼の命名による。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た鳩山邦夫

    2009年(平成21年)7月22日、都内のホテルで、保守系無所属の元衆議院議員や地方議員らでつくる「平沼グループ」の結成を発表。平沼は「新しい第三極」を目指しており、衆院選後に新党を結成する方針を明かした。また、総務大臣を辞任した鳩山邦夫や、自民党を離党した渡辺喜美らとの連携にも含みを持たせた。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見たYOSHIKI

    X JAPANのYOSHIKIとは、通商産業大臣時代の2000年(平成12年)にYOSHIKIがIT戦略の意見書の提出に訪れた時から親交がある。『天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典』でのYOSHIKIの演奏に深い感銘を受けていたことから、愛知万博の際には平沼自ら「テーマ曲みたいなものを考えてやってくれないか」と依頼し、YOSHIKIが愛知万博の公式テーマ曲を手がけている。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た津村啓介

    脳梗塞のため、12月から入院。このことは2007年(平成19年)1月に明らかにされ、後援会の説明によると症状は軽く意識もはっきりしており、同年2月22日退院した。その後も政界復帰へ向けて身体のリハビリを続け、同年5月10日に衆議院本会議に出席し、政治活動を再開した。その際には、本会議で演説していた同じ岡山県を地盤とする衆議院議員の津村啓介から祝意が示された。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た世耕弘成

    安倍内閣崩壊の元凶として、同内閣の首相補佐官だった世耕弘成を名指しで「功名心や虚栄心に走る傾向があり、本気で首相を支えようとしていない」と激しく批判した。世耕は安倍内閣崩壊後は、安倍の政敵だった福田康夫陣営にいち早く与している。一方、安倍内閣で農林水産大臣を務めた松岡利勝については郵政民営化への是非を巡り対応が分かれたものの、晩年、農業自由化推進論者に転じた松岡の姿勢を高く評価していた。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た衛藤晟一

    同年9月29日の読売新聞らマスコミの報道により、政治資金収支報告書の内訳が報じられ、平沼の集金力は亀井静香、中川秀直に次3番手であった。また、平沼が城内実や川上義博、衛藤晟一など郵政造反組・落選議員(中・後者は政界復帰)の資金援助を行っている事実も報じられた。同年12月14日には郵政落選組の一人、小泉龍司前衆議院議員の後援会に出席、小泉に対する応援演説を行った。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た高村正彦

    1980年(昭和55年)の第36回衆議院議員総選挙にて、旧岡山1区で自民党から立候補して初当選する(当選同期に古賀誠・太田誠一・久間章生・川崎二郎・森田一・高村正彦・柿沢弘治など)。以後10回連続当選。この間石原慎太郎、亀井静香、中川昭一といった中川一郎に近い保守派の議員らと行動をともにする。1995年(平成7年)、村山改造内閣で運輸大臣として初入閣。その後も第2次森内閣で通商産業大臣に、第2次森内閣 (中央省庁再編)で初代経済産業大臣に、第1次小泉内閣でも再び経済産業大臣に任命された。自民党では中川率いる自由革新同友会に所属し、中川の死後は石原らとともに清和会(福田赳夫→安倍晋太郎→三塚博派)へ合流した。清和会を離脱した亀井グループと中曽根康弘が率いていた旧渡辺派が合流し、志帥会が発足。名称は初代事務総長である平沼の命名による。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た中川昭一

    1980年(昭和55年)の第36回衆議院議員総選挙にて、旧岡山1区で自民党から立候補して初当選する(当選同期に古賀誠・太田誠一・久間章生・川崎二郎・森田一・高村正彦・柿沢弘治など)。以後10回連続当選。この間石原慎太郎、亀井静香、中川昭一といった中川一郎に近い保守派の議員らと行動をともにする。1995年(平成7年)、村山改造内閣で運輸大臣として初入閣。その後も第2次森内閣で通商産業大臣に、第2次森内閣 (中央省庁再編)で初代経済産業大臣に、第1次小泉内閣でも再び経済産業大臣に任命された。自民党では中川率いる自由革新同友会に所属し、中川の死後は石原らとともに清和会(福田赳夫→安倍晋太郎→三塚博派)へ合流した。清和会を離脱した亀井グループと中曽根康弘が率いていた旧渡辺派が合流し、志帥会が発足。名称は初代事務総長である平沼の命名による。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

257件中 21 - 30件表示

「平沼赳夫」のニューストピックワード