257件中 31 - 40件表示
  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た綿貫民輔

    郵政と選挙における行動によって、自民党から平沼に対して離党勧告処分が下った。ただ、法案に再び反対した平沼には除名処分が確実といわれていたが、首班指名選挙では小泉純一郎に投票したため離党勧告処分にとどまった(野呂田は首班指名選挙で国民新党代表の綿貫民輔(当時)に投票したため、除名処分となった)。自民党党紀委員長の森山眞弓(当時)は、平沼が他の造反無所属衆議院議員と同じ離党勧告という処分だったことについて「自民党の行動にすべて反対しているわけではない。『政治的信念を変えられない』ということで、理解できないこともない」と説明した。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た亀井静香

    1980年(昭和55年)の第36回衆議院議員総選挙にて、旧岡山1区で自民党から立候補して初当選する(当選同期に古賀誠・太田誠一・久間章生・川崎二郎・森田一・高村正彦・柿沢弘治など)。以後10回連続当選。この間石原慎太郎、亀井静香、中川昭一といった中川一郎に近い保守派の議員らと行動をともにする。1995年(平成7年)、村山改造内閣で運輸大臣として初入閣。その後も第2次森内閣で通商産業大臣に、第2次森内閣 (中央省庁再編)で初代経済産業大臣に、第1次小泉内閣でも再び経済産業大臣に任命された。自民党では中川率いる自由革新同友会に所属し、中川の死後は石原らとともに清和会(福田赳夫→安倍晋太郎→三塚博派)へ合流した。清和会を離脱した亀井グループと中曽根康弘が率いていた旧渡辺派が合流し、志帥会が発足。名称は初代事務総長である平沼の命名による。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た鳩山由紀夫

    2010年(平成22年)1月16日、岡山県津山市で開かれた後援会新年会にて、次期参院選に向けた対応について「自民党としっかり連携していくとともに、新しい流れ、新しい政党をつくる」と述べ、参院選前に新党を結成する考えを明言し、自民党との連携も明言した。また、民主党政権について「自民党以上に金権体質を持っている。鳩山由紀夫首相は母親から12億円もらっておきながら知らなかったと平気で嘘をつく。小沢一郎幹事長も秘書が逮捕されても幹事長を続けている」「民主党は衆院で多数を取って、やりたい放題やっている。その上、参院で単独過半数を取ったら日本に全体主義が生まれる恐れがある。そうなったら日本はおしまいだ」と述べた。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た古賀誠

    1980年(昭和55年)の第36回衆議院議員総選挙にて、旧岡山1区で自民党から立候補して初当選する(当選同期に古賀誠・太田誠一・久間章生・川崎二郎・森田一・高村正彦・柿沢弘治など)。以後10回連続当選。この間石原慎太郎、亀井静香、中川昭一といった中川一郎に近い保守派の議員らと行動をともにする。1995年(平成7年)、村山改造内閣で運輸大臣として初入閣。その後も第2次森内閣で通商産業大臣に、第2次森内閣 (中央省庁再編)で初代経済産業大臣に、第1次小泉内閣でも再び経済産業大臣に任命された。自民党では中川率いる自由革新同友会に所属し、中川の死後は石原らとともに清和会(福田赳夫→安倍晋太郎→三塚博派)へ合流した。清和会を離脱した亀井グループと中曽根康弘が率いていた旧渡辺派が合流し、志帥会が発足。名称は初代事務総長である平沼の命名による。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た野田聖子

    外国人地方参政権、人権擁護法案(人権侵害救済法案)に明確に反対している。北朝鮮による日本人拉致問題についても、拉致被害者の早期の救出を目指している。平沼が人権擁護法案(および人権侵害救済法案)に反対するのは、人権侵害の定義が曖昧、拡大解釈が可能、人権委員に令状なしで立ち入り捜索や押収などの強力な調査権を与え、強力なメディア規制条項を備えており、治安維持法化する危険性と問題を持っているため。真の人権擁護を考える懇談会の会長を務める。保守色を前面に打ち出している政治家の1人。同党の石原慎太郎、橋下徹、自民党の野田聖子と違って、徴兵制には反対している。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た中川秀直

    2006年(平成18年)10月以降に注目された郵政造反組復党問題では無所属造反議員の中心となり、自民党執行部との交渉役となっていたが、自民党幹事長の中川秀直(当時)から要求された復党条件に反発した。中川と平沼の交渉が注目され、2人がかつて同じ三塚派に所属していた時代の過去の確執も取り上げられた。結局、復党では誓約書にただ一人署名せず、他の11人の復党を先行させるかたわら自らの復党は見送る判断をした。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た政治家

    平沼 赳夫(ひらぬま たけお、1939年(昭和14年)8月3日 - )は、日本の政治家平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た慶應義塾大学

    麻布中学校、麻布高等学校を経て慶應義塾大学法学部を卒業。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た日本長期信用銀行

    経済政策は左派的傾向が強く、小沢一郎、小泉純一郎、安倍晋三等が推進する新自由主義・新保守主義経済政策には反対している。小渕恵三内閣時代(2000年(平成12年)3月)にアメリカの企業再生ファンド・リップルウッドに日本長期信用銀行が売却された経緯や、小泉政権下でおこなわれた郵政民営化、建築基準法改正、司法制度改革について、「アメリカからの年次改革要望書に沿ったもの」と主張している。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た講談社

    『七人の政治家の七つの大罪』(講談社、2009年 ISBN 4062154048)平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

257件中 31 - 40件表示

「平沼赳夫」のニューストピックワード