257件中 41 - 50件表示
  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た麻生太郎

    12月2日、自民党岡山県連は平沼へ自民党への復党を要請した。県連幹部から復党要請に対し平沼は「同志とよく相談したい。拙速を避けてじっくりと考えたい」と述べ、復党に慎重な考えを示した。平沼は総選挙直後にも安倍や麻生太郎から、自民党への復党と2009年自由民主党総裁選挙への立候補を打診されたが、「自民党に戻れば、推薦人20人は集まるかもしれないが、総裁選に勝つことはできないだろう」としてこれを断った。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た福田康夫

    清和会の創始者である福田赳夫は、自身と同じ名前を持ち、長男・福田康夫の中学・高校の3年後輩である平沼を公私に渡って可愛がった。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た福田赳夫

    1980年(昭和55年)の第36回衆議院議員総選挙にて、旧岡山1区で自民党から立候補して初当選する(当選同期に古賀誠・太田誠一・久間章生・川崎二郎・森田一・高村正彦・柿沢弘治など)。以後10回連続当選。この間石原慎太郎、亀井静香、中川昭一といった中川一郎に近い保守派の議員らと行動をともにする。1995年(平成7年)、村山改造内閣で運輸大臣として初入閣。その後も第2次森内閣で通商産業大臣に、第2次森内閣 (中央省庁再編)で初代経済産業大臣に、第1次小泉内閣でも再び経済産業大臣に任命された。自民党では中川率いる自由革新同友会に所属し、中川の死後は石原らとともに清和会(福田赳夫→安倍晋太郎→三塚博派)へ合流した。清和会を離脱した亀井グループと中曽根康弘が率いていた旧渡辺派が合流し、志帥会が発足。名称は初代事務総長である平沼の命名による。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た中川一郎

    佐藤栄作、中川一郎の秘書を経て、1976年(昭和51年)の第34回衆議院議員総選挙、1979年(昭和54年)の第35回衆議院議員総選挙に立候補するが、連続して落選。落選の最大の理由は、当時タブーとされた憲法改正を前面に掲げて戦ったためである。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た憲法改正

    佐藤栄作、中川一郎の秘書を経て、1976年(昭和51年)の第34回衆議院議員総選挙、1979年(昭和54年)の第35回衆議院議員総選挙に立候補するが、連続して落選。落選の最大の理由は、当時タブーとされた憲法改正を前面に掲げて戦ったためである。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た官僚

    東京市渋谷区代々木大山町にて、中川恭四郎・節子夫妻の長男として生まれる。父・恭四郎は群馬県知事、特許庁長官などを歴任した内務官僚中川友次郎の四男で、農林中央金庫に勤めていた。その後、三井生命、学校経営、大協石油と職を変え、大協石油の特約店・朝日商販の社長となった。母・節子は早稲田大学総長を務めた平沼淑郎(平沼騏一郎の兄)の孫娘であった。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た早稲田大学

    東京市渋谷区代々木大山町にて、中川恭四郎・節子夫妻の長男として生まれる。父・恭四郎は群馬県知事、特許庁長官などを歴任した内務官僚中川友次郎の四男で、農林中央金庫に勤めていた。その後、三井生命、学校経営、大協石油と職を変え、大協石油の特約店・朝日商販の社長となった。母・節子は早稲田大学総長を務めた平沼淑郎(平沼騏一郎の兄)の孫娘であった。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た岡山県選挙区

    2007年(平成19年)7月の第21回参議院議員通常選挙では岡山県選挙区でかつて所属していた自民党候補である片山虎之助への支持を表明した。選挙では、平沼の選挙区である岡山3区内での投票では片山は民主党候補姫井由美子より約4000票上回ったものの、他の地域では姫井が片山より票で上回る地域が多かったため、片山が落選する結果となった。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た小泉龍司

    同年9月29日の読売新聞らマスコミの報道により、政治資金収支報告書の内訳が報じられ、平沼の集金力は亀井静香、中川秀直に次3番手であった。また、平沼が城内実や川上義博、衛藤晟一など郵政造反組・落選議員(中・後者は政界復帰)の資金援助を行っている事実も報じられた。同年12月14日には郵政落選組の一人、小泉龍司前衆議院議員の後援会に出席、小泉に対する応援演説を行った。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た太田誠一

    1980年(昭和55年)の第36回衆議院議員総選挙にて、旧岡山1区で自民党から立候補して初当選する(当選同期に古賀誠・太田誠一・久間章生・川崎二郎・森田一・高村正彦・柿沢弘治など)。以後10回連続当選。この間石原慎太郎、亀井静香、中川昭一といった中川一郎に近い保守派の議員らと行動をともにする。1995年(平成7年)、村山改造内閣で運輸大臣として初入閣。その後も第2次森内閣で通商産業大臣に、第2次森内閣 (中央省庁再編)で初代経済産業大臣に、第1次小泉内閣でも再び経済産業大臣に任命された。自民党では中川率いる自由革新同友会に所属し、中川の死後は石原らとともに清和会(福田赳夫→安倍晋太郎→三塚博派)へ合流した。清和会を離脱した亀井グループと中曽根康弘が率いていた旧渡辺派が合流し、志帥会が発足。名称は初代事務総長である平沼の命名による。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

257件中 41 - 50件表示

「平沼赳夫」のニューストピックワード