234件中 81 - 90件表示
  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た国民新党

    郵政と選挙における行動によって、自民党から平沼に対して離党勧告処分が下った。ただ、法案に再び反対した平沼には除名処分が確実といわれていたが、首班指名選挙では小泉純一郎に投票したため離党勧告処分にとどまった(野呂田は首班指名選挙で国民新党代表の綿貫民輔(当時)に投票したため、除名処分となった)。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た質問主意書

    5月、占領下の1949年(昭和24年)にGHQが出した、国公立の小中学生に靖国神社の参拝および宗教的施設への訪問禁止に対する通達について、質問主意書を送付した。これについて政府側は、「1952年(昭和27年)の主権回復に伴い、同通達は失効しており、小中学生の靖国神社訪問は問題はない」との回答を平沼側に行った。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た人権擁護法案

    人権擁護法案(人権侵害救済法案)に反対。反対理由は、人権侵害の定義が曖昧、拡大解釈が可能、人権委員に令状なしで立ち入り捜索や押収などの強力な調査権を与え、強力なメディア規制条項を備えており、治安維持法化する危険性と問題を持っているためで、真の人権擁護を考える懇談会の会長を務める。また、外国人住民基本法案にも逸早く反対の姿勢を示している。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た岡山県選挙区

    3月19日、自民党幹事長の大島理森と会談した。会談で平沼は、次期参院選で地元の岡山県選挙区から出馬する自民党候補への支援を約束したとされる。実際、たちあがれ日本は第22回参議院議員通常選挙において岡山県選挙区の自民党新人候補に推薦を出している。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た桶谷秀昭

    (岡崎久彦・蔡焜燦・遠藤浩一・藍川由美・福田逸・高島俊男・桶谷秀昭・稲田朋美・鷲尾英一郎・小堀桂一郎・笹原宏之・松本徹・市村真一・早川聞多・土田龍太郎・山谷えり子・石川忠久・平沼赳夫・田中英道・井上雅夫)『今昔秀歌百撰』(コンジヤクシウカヒヤクセン)不出售(フシユツシウ)(特定非営利活動法人文字文化協會、2012年 ISBN 978-49905312-25)平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た日米同盟

    慰安婦問題については、「旧日本軍が慰安婦に対して性的搾取および強制的に動員した」という「性奴隷説」を「全くの事実無根」と否定、2007年6月14日のワシントンポストへの全面広告にも賛同者として名を連ねた。アメリカ合衆国下院121号決議可決後に記者会見を行い、改めて日米同盟の重要性と慰安婦問題に対する自己の主張を述べた。菅談話については、元首相の安倍晋三らと共に「断固反対」を表明し、談話発表後は「(談話が出されたことについて)甚だ遺憾である」と抗議した。ただし、村山内閣の閣僚として村山談話に署名した(内閣法第1条第2項)。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た養子

    母・節子(山口県士族飯田信臣養子包亮の娘、平沼淑郎の孫娘)平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見た国会議員

    2012年11月17日、太陽の党はいわゆる第三極の結集を目指すため、日本維新の会と合併して解散することになった。衆議院の解散で国会議員は失職したものの、新たに国会議員団代表に就くことになった。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見たキャンペーンガール

    行政刷新会議が実施した事業仕分けを批判し、仕分け人の一人であった民主党参議院議員の蓮舫が次世代スーパーコンピュータ開発費について「世界一にする理由は何か? 2位じゃダメか?」と発言したことについて、「言った本人は元々日本人じゃない」「キャンペーンガールだった女性が帰化して日本の国会議員になって、事業仕分けでそんなことを言っている。そんな政治でいいのか」と批判し、その表現を逆に批判された。平沼は発言の意図について、「テレビ受けするセンセーショナルな政治は駄目だということ。彼女は日本国籍を取っており人種差別ではない」などと釈明している。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平沼赳夫

    平沼赳夫から見たスーパーコンピュータ

    行政刷新会議が実施した事業仕分けを批判し、仕分け人の一人であった民主党参議院議員の蓮舫が次世代スーパーコンピュータ開発費について「世界一にする理由は何か? 2位じゃダメか?」と発言したことについて、「言った本人は元々日本人じゃない」「キャンペーンガールだった女性が帰化して日本の国会議員になって、事業仕分けでそんなことを言っている。そんな政治でいいのか」と批判し、その表現を逆に批判された。平沼は発言の意図について、「テレビ受けするセンセーショナルな政治は駄目だということ。彼女は日本国籍を取っており人種差別ではない」などと釈明している。平沼赳夫 フレッシュアイペディアより)

234件中 81 - 90件表示

「平沼赳夫」のニューストピックワード