前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示
  • せやねん!

    せやねん!から見た平田勝男平田勝男

    当コーナーから、スポーツ関係者が解説者として登場する。2005年1月から八木裕(当時はMBS野球解説者)がレギュラーで出演していたが、阪神タイガース2軍打撃コーチへの就任が決まったため、2009年1月末で降板。同年2月からは、八木の後任で中根がほぼ毎週登場するほか、同紙の記者が取材で得た極秘情報(主に阪神タイガース関連)や同紙の1面を随所で紹介している。また、2009年までは、野球関連の話題で佐々木恭介(当時はMBSプロ野球解説者)がたびたび登場していた。2011年6月末で、異動により中根が降板したため、7月からは当コーナーに出演経験のある平田勝男(当時はMBSプロ野球解説者)が登場。平田が注目した選手をピックアップする「勝男の一本釣り」が新設された。なお、平田が芦屋大学の客員教授に就任した2012年4月からは、「勝男の一本釣り」に代わって勝負所での作戦や配球を深く掘り下げる企画「平田教授の野球脳トレーニング」を放送していたが、阪神タイガース2軍監督への就任が決まったため、2012年10月13日で降板。2013年1月12日からは今岡誠(MBSプロ野球解説者)が登場している。せやねん! フレッシュアイペディアより)

  • 消えたエース

    消えたエースから見た平田勝男平田勝男

    平井(新人選手):平田勝男消えたエース フレッシュアイペディアより)

  • 酒井圭一

    酒井圭一から見た平田勝男平田勝男

    長崎・海星高校時代、高校3年の夏に、長崎・西九州大会の予選計7試合で70奪三振、失点1、ノーヒットノーランは2試合記録し、長崎大会3回戦の島原中央戦では16連続奪三振を記録した。1976年夏の選手権3回戦で、黒田真二・應武篤良・山崎隆造・小川達明らを擁して春夏連覇を目指した崇徳高校を完封し、ベスト4進出を果たす。甲子園ではサッシー旋風を巻き起こした。高校の一年後輩に平田勝男がいる。酒井圭一 フレッシュアイペディアより)

  • 1959年のスポーツ

    1959年のスポーツから見た平田勝男平田勝男

    7月31日 - 平田勝男(長崎県、野球)1959年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 第58回全国高等学校野球選手権大会

    第58回全国高等学校野球選手権大会から見た平田勝男平田勝男

    平田勝男(海星?明治大学?阪神)第58回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦真一郎

    三浦真一郎から見た平田勝男平田勝男

    江夏豊、江本孟紀、大矢明彦(元ヤクルト)、中畑清といったセ・リーグのスター選手と親交が深く、フジテレビの「珍プレー好プレー大賞」や映画「プロ野球を10倍楽しく見る方法」シリーズでもその姿を見られることが多かった。また、江夏、江本、掛布の他、川藤幸三、古沢憲司、平田勝男など阪神の選手とは特に親交が深かった。地味だったプロ野球審判のイメージを変えた、ショーアップ審判の走りといえるだろう。また大変な女好きであり、そのためか現役中に離婚歴がある。グラウンド内外でよくそのことを野次られていたようである。また、1993年にはチケット売買で530万円を騙し取ったとして詐欺容疑で逮捕されている。三浦真一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2012年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た平田勝男平田勝男

    TBSラジオ(JRN/MBSラジオ) - 実況・近藤亨、解説・平田勝男 レポーター・森本栄浩(パ・リーグサイド)、井上雅雄(セ・リーグサイド)2012年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 亀新フィーバー

    亀新フィーバーから見た平田勝男平田勝男

    また、このシーズン前に大洋から獲得したジム・パチョレックは勝負強い打撃で、前年から加入したトーマス・オマリーとあわせて攻撃力を向上させた。新人では、久慈照嘉が高い守備力でベテランとなっていた平田勝男に代わって遊撃手に定着した。亀新フィーバー フレッシュアイペディアより)

  • 立石充男

    立石充男から見た平田勝男平田勝男

    2006年には、シーズン途中から島野育夫に代わり、二軍監督代行を務めた(シーズン終了後、平田勝男が正式に二軍監督就任した)。2010年から2012年までは育成チーフコーチを務めた。立石充男 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の日本シリーズ

    1985年の日本シリーズから見た平田勝男平田勝男

    その小野は立ち上がりから捕まり、1死1、2塁からここまで不振だった掛布がバックスクリーンに3点本塁打を放ち先制。なおも長崎に四球を与えた所で小野は27球で降板、広岡監督の期待を裏切った。代わった石井毅から続く平田勝男が中前適時打を放ち4-0に。しかし池田も本調子ではなく、2回に大田卓司にソロ本塁打を浴び、さらに3回にはスティーブに適時打を打たれ4回途中で降板。だがリリーフした福間が1死満塁のピンチの場面、第4戦で決勝2ランを打たれた西岡を遊ゴロ併殺打で切り抜け雪辱を果たす。阪神は5回に長崎がライトスタンドへの2点本塁打を放ち突き放し、さらに7回には吉竹の犠飛で7-2とした。5点リードの阪神は8回から中西を登板させる盤石の継投でゲームセット。ロングリリーフの2番手福間が勝ち投手。1985年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示

「平田勝男」のニューストピックワード