58件中 11 - 20件表示
  • ゴールデングラブ賞

    ゴールデングラブ賞から見た平田勝男平田勝男

    1985年優勝時の正遊撃手である平田勝男(阪神)が初受賞(その後1987年まで4年連続受賞)した。しかし、遊撃手守備率日本記録(.991)を樹立した水谷新太郎(ヤクルト)が選ばれなかったことに対する批判がある。ゴールデングラブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見た平田勝男平田勝男

    10月22日 - 阪神は二軍監督の平田勝男と来季の契約を結ばないことを発表2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴直人

    鶴直人から見た平田勝男平田勝男

    はウエスタン・リーグで17試合に登板して1勝3敗2セーブ、防御率5.00。9月27日に下柳剛と入れ替えで一軍昇格。翌9月28日の東京ヤクルトスワローズ戦で5番手としてシーズン初登板、1回を無失点で抑えた。シーズン後のフェニックスリーグでは3試合に先発して2勝0敗を記録し、平田勝男二軍監督から「今、一軍がシーズン中なら間違いなく、鶴が一軍昇格NO.1候補になっているよ」と評価された。鶴直人 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊ますだスポーツ

    週刊ますだスポーツから見た平田勝男平田勝男

    2013年のシーズン終了後に現役引退を表明したばかりの桜井広大(元・阪神→香川オリーブガイナーズ外野手)を、同年11月21日放送分の『週刊版』に登場させるなど、阪神のOBが登場することもある。その一方で、放送回によっては、他球団出身でMBS以外のラジオ局と契約中の解説者が出演する。2015年の『号外』第2回(9月12日放送分)では、増田と平田勝男(阪神一軍ヘッドコーチ、元・毎日放送野球解説者)による対談の音源(同月8日の阪神対巨人戦の試合前に阪神甲子園球場で収録)を特別に放送した。週刊ますだスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一の熱血・仙一夜

    星野仙一の熱血・仙一夜から見た平田勝男平田勝男

    レギュラー放送の最終回には、星野と同じ明治大学野球部のOBで、プロ野球でも(コーチなどで)監督時代の星野に仕えた経験のある一枝修平・平田勝男(いずれも放送時点でMBS野球解説者)が事前収録で星野へのコメントを寄せた。なお平田は、『星野仙一の熱血仙一夜!?2012年新春スペシャル?』にもスペシャルゲストで出演している。星野仙一の熱血・仙一夜 フレッシュアイペディアより)

  • ちちんぷいぷい (テレビ番組)

    ちちんぷいぷい (テレビ番組)から見た平田勝男平田勝男

    ちなみに、「運動部」が発足する前の2011年には、阪神関連の話題で平田勝男(当時・毎日放送野球解説者)が不定期で出演。同年から阪神ファンであることを放送で名乗り始めた西の「師匠」として、阪神の戦い振りをスタジオで解説したり、西による同球団のキャンプ・公式戦取材に同行したりしていた。ちちんぷいぷい (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の阪神タイガース

    2010年の阪神タイガースから見た平田勝男平田勝男

    10月22日 - 二軍監督の平田勝男と来季の契約を結ばないことを発表2010年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 山口重幸

    山口重幸から見た平田勝男平田勝男

    同年のドラフト6位で阪神タイガースに入団。内野手に転向するがなかなか一軍に上がれなかった。しかしには7月半ばに掛布雅之が故障で離脱。その後を受けて三塁手として起用され、初出場初先発を果たす。同年は平田勝男と併用され、20試合に先発出場した。翌も遊撃手、一塁手として12試合に先発。その後は外野手も兼ねユーティリティプレイヤーとして起用されるが、打撃面では低迷しには出場機会がなくなる。山口重幸 フレッシュアイペディアより)

  • 中西清起

    中西清起から見た平田勝男平田勝男

    現役時代には、中西・平田勝男・木戸克彦の3人で「NHKトリオ」と呼ばれていた。この3人は、現役引退後も長らく、阪神のコーチとして顔を揃えていた。中西清起 フレッシュアイペディアより)

  • 橘高淳

    橘高淳から見た平田勝男平田勝男

    9回表、阪神の攻撃。阪神の中村豊の本塁突入の際のクロスプレーの判定を巡り、阪神監督の岡田彰布らによる抗議で試合が一時中断した。さらに9回裏、中日の攻撃。無死二・三塁の場面で、打者・谷繁元信の打球は二塁方向へのゴロで、セカンドを守っていた阪神の関本健太郎はスタートを切った三塁走者のアレックス・オチョアをアウトにしようと本塁に送球したが、球審の橘高はセーフと判定した。平田勝男ヘッドコーチはこれを不服としてベンチから飛び出し、橘高に暴力行為を働いたため、橘高は平田ヘッドコーチに退場を宣告した。岡田監督が選手全員を一旦ベンチに引き上げさせ、試合は18分間中断した。橘高淳 フレッシュアイペディアより)

58件中 11 - 20件表示

「平田勝男」のニューストピックワード