45件中 21 - 30件表示
  • 栗本 慎一郎

    栗本慎一郎から見た平田勝男平田勝男

    明大時代の教え子にタレントの大川豊や元野球選手の平田勝男がいる。栗本慎一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 島野育夫

    島野育夫から見た平田勝男平田勝男

    、二軍監督を平田勝男に譲って現場から離れ総合特命コーチに就任。翌年からは球団アドバイザーに就く予定だったが、12月15日胃癌のため兵庫県西宮市の病院で死去した。。島野育夫 フレッシュアイペディアより)

  • 海星中学校・高等学校 (長崎県)

    海星中学校・高等学校 (長崎県)から見た平田勝男平田勝男

    平田勝男 元プロ野球選手海星中学校・高等学校 (長崎県) フレッシュアイペディアより)

  • 安藤統男

    安藤統男から見た平田勝男平田勝男

    監督就任後最初のドラフト会議で明治大学の平田勝男を指名した際、プロ入りに難色を示していた野球部監督の島岡吉郎と直接交渉し、入団に導いた(詳細は平田の項目を参照)。安藤統男 フレッシュアイペディアより)

  • 広澤 克実

    広澤克実から見た平田勝男平田勝男

    元ダイエーの藤本博史らと並び、プロ野球選手には珍しい柔道の有段者である。小山高校から明治大学に進学。同期には竹田光訓がいる。下級生時代は監督の島岡吉郎からスパルタ教育を受け、練習の辛さや人間関係から、何度も辞めようと思ったことがあるというが、先輩の平田勝男が悩んでいる広澤を部屋に呼び、蕎麦などをごちそうし、「食べたら街にでも遊びに行って来い、夜まで帰ってこなくていいぞ」と気を遣ってくれて、広澤は涙が止まらなかったという。大活躍へのスタートを切ったきっかけは、紺白戦(明大では紅白戦のことをこう呼ぶ)に出られず島岡の横で焚き火と焼き芋(選手用ではなく、もちろん監督用)の当番をしていたところ、島岡から「お前打ってみろ」といきなり代打に指名されたことであった。ここで快打を飛ばし、即ベンチ入りが決まる。に、韓国籍から帰化し史上2人目の2シーズン連続首位打者を獲得した他、4試合連続本塁打のリーグ新記録を達成した。翌年、ロサンゼルスオリンピックで野球日本代表チームの一員として出場。決勝戦で本塁打を打ち、金メダル獲得に貢献。東京六大学リーグ通算69試合に出場し248打数87安打、打率.351、18本塁打、47打点。ベストナイン3回。広澤克実 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴直人

    鶴直人から見た平田勝男平田勝男

    はウエスタン・リーグで17試合に登板して1勝3敗2セーブ、防御率5.00。9月27日に下柳剛と入れ替えで一軍昇格。翌9月28日の東京ヤクルトスワローズ戦で5番手としてシーズン初登板、1回を無失点で抑えた。シーズン後のフェニックスリーグでは3試合に先発して2勝0敗を記録し、平田勝男二軍監督から「今、一軍がシーズン中なら間違いなく、鶴が一軍昇格NO.1候補になっているよ」と評価された。鶴直人 フレッシュアイペディアより)

  • 猛虎ファイル

    猛虎ファイルから見た平田勝男平田勝男

    2011年度には、選手へのインタビューパートに、当該選手の関係者がVTRで出演する「阪神虎(とら)ベラー」を放送(題字には当該選手の書を採用)。さらに、番組の途中には、同球団で選手・広報・コーチ・二軍監督を歴任した平田勝男(同局の野球解説者)が独自の目線で選手を評価するコーナー「平田勝男の勝っ!」を挿入している。猛虎ファイル フレッシュアイペディアより)

  • 虎バン

    虎バンから見た平田勝男平田勝男

    ファームで調整する主力選手や、一軍入りを目指す若手選手の近況を、VTRと藤崎のナレーションで紹介。平田勝男二軍監督(当時)など、ファーム首脳陣のコメントも随時放送された。虎バン フレッシュアイペディアより)

  • 橘高淳

    橘高淳から見た平田勝男平田勝男

    9回表の阪神の攻撃では、中村豊の本塁突入の際のクロスプレーを巡って阪神の岡田彰布監督らの抗議で試合が一時中断した。さらに9回裏中日の攻撃、無死二・三塁の場面で、打者・谷繁の打球は二塁方向へのゴロで、関本健太郎二塁手はスタートを切った三塁走者のアレックス・オチョアをアウトにしようと本塁に送球したが、球審の橘高はセーフと判定した。阪神の平田勝男ヘッドコーチはこれを不服としてベンチから飛び出し、橘高に暴力行為を働いたため、橘高は平田に退場を宣告した。岡田が選手全員を一旦ベンチに引き上げさせ、試合は18分間中断した。橘高淳 フレッシュアイペディアより)

  • 山本和行

    山本和行から見た平田勝男平田勝男

    1983年5月5日の対巨人戦(後楽園球場)で、1点リードの9回二死一塁から原辰徳に逆転サヨナラ本塁打を浴びる。このとき、三塁手の掛布雅之は遊撃手の平田勝男と「ここは絶対にインコースはない」と話していたところにインコースのストレートを投げて被弾したことに驚き、試合後山本から「ストレートで抑えられる自信があった」と聞かされたことが強烈な印象として残っているという。山本和行 フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示

「平田勝男」のニューストピックワード