58件中 41 - 50件表示
  • 明治大学硬式野球部

    明治大学硬式野球部から見た平田勝男平田勝男

    平田勝男 - 内野手、1981年度主将、長崎海星高出身明治大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 熱血!!タイガース党

    熱血!!タイガース党から見た平田勝男平田勝男

    番組途中のCM前に放送されたVTR収録コーナー。平田勝男2軍監督(当時)が注目の若手選手を紹介する趣向で、毎回1名の選手が登場していた。熱血!!タイガース党 フレッシュアイペディアより)

  • こんちわコンちゃんお昼ですょ!

    こんちわコンちゃんお昼ですょ!から見た平田勝男平田勝男

    平田勝男(2011年・2012年)こんちわコンちゃんお昼ですょ! フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2012年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た平田勝男平田勝男

    MBSラジオ≪JRN…TBS・HBC・CBC・RKB他≫実況・近藤亨、解説・平田勝男 レポーター・森本栄浩(パ・リーグサイド)、井上雅雄(セ・リーグサイド)2012年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 村山実

    村山実から見た平田勝男平田勝男

    大野久・和田豊・中野佐資の若手選手3人を「少年隊」と命名して売り出し、話題を作るが成績は6位・5位と低迷した。この3人を相手にキャンプで打撃投手を自ら買って出たが、この無茶がたたって股関節を痛め、人工関節手術を受けることになった。当時阪神の選手だった岡田彰布は「当時阪神は前年が大惨敗だったので、村山監督はチームをガラリと変えようとしたのかもしれないが、話をした時はあそこまで激変させるとは思わんかった。最たるものが、大野、和田、中野の「少年隊」だ。この3人をレギュラーに抜擢したのだが、ポジションを与えるのならある程度の実力がないと戦力として機能しない。一方で、平田、佐野さんらの出番が減り、チーム内はいつもモヤモヤしていて、ひとつの方向に向かうという雰囲気ではなかった。阪神は日本一になった85年をピークにチーム力はガクッと落ちていたから、村山監督の2年間も6位、5位と低迷した」と述べている。当時阪神の選手だった嶋尾康史は「村山監督の時は大変だった。ブルペンに電話する前に投手交代がしょっちゅうありました」、投手コーチだった若生智男も「あったね。ブルペンに伝わっていないことが」と語っている村山実 フレッシュアイペディアより)

  • 広澤克実

    広澤克実から見た平田勝男平田勝男

    卒業後は明治大学に進学。同期には竹田光訓、善波達也(東京ガス?明大監督)がいる。下級生時代は監督の島岡吉郎からスパルタ教育を受け、練習の辛さや人間関係から、何度も辞めようと思ったことがあるというが、先輩の平田勝男が悩んでいる広澤を部屋に呼び、蕎麦などをごちそうし、「食べたら街にでも遊びに行って来い、夜まで帰ってこなくていいぞ」と気を遣ってくれて、広澤は涙が止まらなかったという。大活躍へのスタートを切ったきっかけは、紺白戦(明大では紅白戦のことをこう呼ぶ)に出られず島岡の横で焚き火と焼き芋(選手用ではなく、もちろん監督用)の当番をしていたところ、島岡から「お前打ってみろ」といきなり代打に指名されたことであった。ここで快打を飛ばし、即ベンチ入りが決まる。東京六大学リーグでは春季リーグで2年ぶりの優勝に貢献。同年は史上2人目の2シーズン連続首位打者を獲得した他、4試合連続本塁打のリーグ新記録を達成した。翌にはロサンゼルスオリンピックで野球日本代表チームの一員として出場。決勝戦で本塁打を打ち、金メダル獲得に貢献。同年秋季リーグでも在学中3度目の優勝を飾る。リーグ通算69試合に出場し248打数87安打、打率.351、18本塁打、47打点。ベストナイン3回。1983年、1984年には日米大学野球選手権大会日本代表に選出されている。広澤克実 フレッシュアイペディアより)

  • 今成亮太

    今成亮太から見た平田勝男平田勝男

    実父の泰章は、駒澤大学の硬式野球部時代に、亮太と同じく捕手を経験。卒業後に新卒のスカウトとして阪神に採用されると、1979年に藤原仁をドラフト外で入団させたことを皮切りに、2015年までの一軍監督だった和田、現在もコーチとして在籍している平田勝男、2015年までコーチを務めていた中西清起・関川浩一、2013年まで亮太のチームメートであった桧山進次郎などの獲得に尽力した。1999年から2002年までチーフスカウトを務めた後に、2003年からは、日本ハムの関東・東北担当スカウトとして須永英輝、ダルビッシュ有、大谷翔平などの入団交渉を担当。獲得が難しいと見られる選手まで入団に導くほどの交渉手腕から、「マムシの今成」という異名を持つ。今成亮太 フレッシュアイペディアより)

  • SAMURAI BASEBALL

    SAMURAI BASEBALLから見た平田勝男平田勝男

    平田勝男(1995年 - 1996年、2011年 - 2012年。「トラのお祭り男」)SAMURAI BASEBALL フレッシュアイペディアより)

  • 7月31日

    7月31日から見た平田勝男平田勝男

    1959年 - 平田勝男、元プロ野球選手7月31日 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の日本シリーズ

    1985年の日本シリーズから見た平田勝男平田勝男

    小野は立ち上がりから捕まり一死一、二塁からここまで不振だった掛布の3点本塁打で先制を許すと、なおも長崎に四球を与えた所で27球で降板。代わった石井毅から続く平田勝男が中前適時打を放ち4-0に。しかし池田も2回に大田卓司にソロ本塁打を浴び、さらに3回にはスティーブに適時打を打たれ4回途中で降板。しかし、一死満塁のピンチの場面で起用された福間が、第4戦で決勝2ランを打たれた西岡を遊ゴロ併殺打で切り抜け雪辱を果たす。阪神は5回に長崎の2点本塁打、さらに7回には吉竹の犠飛で7-2とした。5点リードの阪神は8回から中西を登板させる継投でゲームセット。ロングリリーフの2番手福間が勝ち投手。1985年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

58件中 41 - 50件表示

「平田勝男」のニューストピックワード