63件中 11 - 20件表示
  • 平田勝男

    平田勝男から見た毎日放送

    引退後は毎日放送・スポーツニッポンにて評論家活動をしていたが、よりコーチとして阪神に復帰。、大学の先輩である星野仙一監督就任を機に、監督専属広報及び専属運転手に就任。その際、送迎車のナンバープレートの数字を「1001」(仙一)などいろいろ考えた末に「731」にして、星野監督に「何で731なんだ?」と聞かれ、「僕の誕生日です」と答えて星野監督に怒られかけた。星野監督が勇退したからヘッドコーチとして岡田彰布監督を支える。9月7日の対中日ドラゴンズ戦では、9回裏本塁のクロスプレーでの微妙な判定に対し、球審の橘高淳を突き飛ばして退場処分を受けた。10月、二軍監督に就任した。には4年ぶりのウエスタン・リーグ優勝を果たしたが、10月中旬に更迭。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見た客員教授

    平田 勝男(ひらた かつお、1959年7月31日 - )は、長崎県松浦市出身の元プロ野球選手(内野手)で阪神タイガースの二軍監督。野球解説者時代の2012年から、芦屋大学の客員教授を務めている。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見たゴールデングラブ賞

    当時、阪神には好守の遊撃手として真弓明信がいたが、チーム事情もあって真弓を二塁(のちに外野)にまわす形で後半から正遊撃手に定着し、からまでダイヤモンドグラブ賞・ゴールデングラブ賞を獲得する名手として活躍した。同じく阪神の名遊撃手として活躍した吉田義男に付けられた「蝶が舞い蜂が刺す」を受け継ぐほどであった。 阪神が21年ぶりのセ・リーグ制覇、そして初の日本一に輝いたには打撃も好調で、一時的ながら打率トップにも躍り出て、最終的には7番打者ながら50打点以上をマークした。また、この年の10月10日に甲子園でのヤクルトスワローズ戦でプロ初・野球人生初の満塁ホームランを放っている。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見た東京ヤクルトスワローズ

    当時、阪神には好守の遊撃手として真弓明信がいたが、チーム事情もあって真弓を二塁(のちに外野)にまわす形で後半から正遊撃手に定着し、からまでダイヤモンドグラブ賞・ゴールデングラブ賞を獲得する名手として活躍した。同じく阪神の名遊撃手として活躍した吉田義男に付けられた「蝶が舞い蜂が刺す」を受け継ぐほどであった。 阪神が21年ぶりのセ・リーグ制覇、そして初の日本一に輝いたには打撃も好調で、一時的ながら打率トップにも躍り出て、最終的には7番打者ながら50打点以上をマークした。また、この年の10月10日に甲子園でのヤクルトスワローズ戦でプロ初・野球人生初の満塁ホームランを放っている。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見た阪神タイガース

    平田 勝男(ひらた かつお、1959年7月31日 - )は、長崎県松浦市出身の元プロ野球選手(内野手)で阪神タイガースの二軍監督。野球解説者時代の2012年から、芦屋大学の客員教授を務めている。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見た中日ドラゴンズ

    引退後は毎日放送・スポーツニッポンにて評論家活動をしていたが、よりコーチとして阪神に復帰。、大学の先輩である星野仙一監督就任を機に、監督専属広報及び専属運転手に就任。その際、送迎車のナンバープレートの数字を「1001」(仙一)などいろいろ考えた末に「731」にして、星野監督に「何で731なんだ?」と聞かれ、「僕の誕生日です」と答えて星野監督に怒られかけた。星野監督が勇退したからヘッドコーチとして岡田彰布監督を支える。9月7日の対中日ドラゴンズ戦では、9回裏本塁のクロスプレーでの微妙な判定に対し、球審の橘高淳を突き飛ばして退場処分を受けた。10月、二軍監督に就任した。には4年ぶりのウエスタン・リーグ優勝を果たしたが、10月中旬に更迭。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見た阪神甲子園球場

    当時、阪神には好守の遊撃手として真弓明信がいたが、チーム事情もあって真弓を二塁(のちに外野)にまわす形で後半から正遊撃手に定着し、からまでダイヤモンドグラブ賞・ゴールデングラブ賞を獲得する名手として活躍した。同じく阪神の名遊撃手として活躍した吉田義男に付けられた「蝶が舞い蜂が刺す」を受け継ぐほどであった。 阪神が21年ぶりのセ・リーグ制覇、そして初の日本一に輝いたには打撃も好調で、一時的ながら打率トップにも躍り出て、最終的には7番打者ながら50打点以上をマークした。また、この年の10月10日に甲子園でのヤクルトスワローズ戦でプロ初・野球人生初の満塁ホームランを放っている。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見た宇田東植

    初出場:1982年4月7日、対中日ドラゴンズ3回戦(ナゴヤ球場)、6回表に宇田東植の代打として出場平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見た酒井圭一

    長崎海星高校時代には2年生でレギュラーとなり、1年先輩の好投手酒井圭一を擁して1976年夏の甲子園大会に出場し、ベスト4となる。翌1977年にも主将として春の甲子園に出場。このとき、くじを引き当てて開会式の選手宣誓を行っている。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見た島岡吉郎

    卒業後は明治大学に進み、当時の野球部監督・島岡吉郎の指導を受ける。大学時代から犠牲バントの技術があり、出場した日米大学野球では、解説者に「平田のバントは百発百中」と紹介されていた。リーグ通算83試合に出場し307打数96安打、打率.313、2本塁打、39打点。ベストナイン4回。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

63件中 11 - 20件表示

「平田勝男」のニューストピックワード