71件中 51 - 60件表示
  • 平田勝男

    平田勝男から見た第58回全国高等学校野球選手権大会

    長崎・海星高校時代には2年生で遊撃手のレギュラーとなり、1年先輩の好投手酒井圭一を擁して夏の甲子園大会に出場。準決勝に進むがPL学園に延長11回の熱戦の末に敗れる。翌にも主将として春の選抜に出場。このとき、くじを引き当てて開会式の選手宣誓を行っている。2回戦(初戦)で中村高の山沖之彦投手に抑えられ敗退。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見たウエスタン・リーグ

    引退後は毎日放送・スポーツニッポンにて評論家活動をしていたが、よりコーチとして阪神に復帰。、大学の先輩である星野仙一監督就任を機に、監督専属広報及び専属運転手に就任。その際、送迎車のナンバープレートの数字を「1001」(仙一)などいろいろ考えた末に「731」にして、星野監督に「何で731なんだ?」と聞かれ、「僕の誕生日です」と答えて星野監督に怒られかけた。星野監督が勇退したからヘッドコーチとして岡田彰布監督を支える。9月7日の対中日ドラゴンズ戦では、9回裏本塁のクロスプレーでの微妙な判定に対し、球審の橘高淳を突き飛ばして退場処分を受けた。10月、二軍監督に就任した。には4年ぶりのウエスタン・リーグ優勝を果たしたが、10月中旬に更迭。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見た第49回選抜高等学校野球大会

    長崎・海星高校時代には2年生で遊撃手のレギュラーとなり、1年先輩の好投手酒井圭一を擁して夏の甲子園大会に出場。準決勝に進むがPL学園に延長11回の熱戦の末に敗れる。翌にも主将として春の選抜に出場。このとき、くじを引き当てて開会式の選手宣誓を行っている。2回戦(初戦)で中村高の山沖之彦投手に抑えられ敗退。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見たナゴヤ球場

    初出場:1982年4月7日、対中日ドラゴンズ3回戦(ナゴヤ球場)、6回表に宇田東植の代打として出場平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見た主将

    長崎・海星高校時代には2年生で遊撃手のレギュラーとなり、1年先輩の好投手酒井圭一を擁して夏の甲子園大会に出場。準決勝に進むがPL学園に延長11回の熱戦の末に敗れる。翌にも主将として春の選抜に出場。このとき、くじを引き当てて開会式の選手宣誓を行っている。2回戦(初戦)で中村高の山沖之彦投手に抑えられ敗退。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見た1981年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    ドラフト2位で阪神タイガースに入団。当時の平田は守備は一級品であったが打撃に関しては非力で、島岡監督は「プロに入っても成功しない」と考えていた。平田も島岡の考えに従い社会人野球へ進むことを決めており、入団交渉の際も別室で控え島岡に交渉を任せていた。島岡は阪神側に「平田はプロには行かせない」と断りを入れる。しかし阪神の安藤統男新監督(慶大OB)が「六大学時代は島岡さんによくやられました」などとしきりに持ち上げたことに機嫌を良くした島岡は、別室に控えさせていた平田を呼び、「お前、阪神に行け」とその場で命令したと平田本人が後に語っている。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見たPL学園中学校・高等学校

    長崎・海星高校時代には2年生で遊撃手のレギュラーとなり、1年先輩の好投手酒井圭一を擁して夏の甲子園大会に出場。準決勝に進むがPL学園に延長11回の熱戦の末に敗れる。翌にも主将として春の選抜に出場。このとき、くじを引き当てて開会式の選手宣誓を行っている。2回戦(初戦)で中村高の山沖之彦投手に抑えられ敗退。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見た慶應義塾体育会野球部

    のドラフト2位で阪神タイガースに入団。当時の平田は守備は一級品であったが打撃に関しては非力で、島岡監督は「プロに入っても成功しない」と考えていた。平田も島岡の考えに従い社会人野球へ進むことを決めており、入団交渉の際も別室で控え島岡に交渉を任せていた。島岡は阪神側に「平田はプロには行かせない」と断りを入れる。しかし阪神の安藤統男新監督(慶大OB)が「六大学時代は島岡さんによくやられました」などとしきりに持ち上げたことに機嫌を良くした島岡は、別室に控えさせていた平田を呼び、「お前、阪神に行け」とその場で命令したと平田本人が後に語っている。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見たセントラル・リーグ

    当時、阪神には好守の遊撃手として真弓明信がいたが、チーム事情もあって真弓を二塁(のちに外野)にまわす形で後半から正遊撃手に定着し、からまでダイヤモンドグラブ賞・ゴールデングラブ賞を獲得する名手として活躍した。同じく阪神の名遊撃手として活躍した吉田義男に付けられた「蝶が舞い蜂が刺す」を受け継ぐほどであった。 阪神が21年ぶりのセ・リーグ制覇、そして初の日本一に輝いたには打撃も好調で、一時的ながら打率トップにも躍り出て、最終的には7番打者ながら50打点以上をマークした。また、この年の10月10日に甲子園でのヤクルトスワローズ戦でプロ初・野球人生初の満塁ホームランを放っている。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

  • 平田勝男

    平田勝男から見た社会人野球

    のドラフト2位で阪神タイガースに入団。当時の平田は守備は一級品であったが打撃に関しては非力で、島岡監督は「プロに入っても成功しない」と考えていた。平田も島岡の考えに従い社会人野球へ進むことを決めており、入団交渉の際も別室で控え島岡に交渉を任せていた。島岡は阪神側に「平田はプロには行かせない」と断りを入れる。しかし阪神の安藤統男新監督(慶大OB)が「六大学時代は島岡さんによくやられました」などとしきりに持ち上げたことに機嫌を良くした島岡は、別室に控えさせていた平田を呼び、「お前、阪神に行け」とその場で命令したと平田本人が後に語っている。平田勝男 フレッシュアイペディアより)

71件中 51 - 60件表示

「平田勝男」のニューストピックワード