前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • 天皇特例会見

    天皇特例会見から見た平野博文平野博文

    2009年11月30日、外務省が鳩山由紀夫首相と平野博文内閣官房長官に「会見は不可能」と伝える。日本政府は中国政府に天皇の健康状態を理由として会見を断る。天皇特例会見 フレッシュアイペディアより)

  • 政権公約を実現する会

    政権公約を実現する会から見た平野博文平野博文

    2012年(平成24年)1月13日に発足した野田第1次改造内閣では平野博文が文部科学大臣に任命され、松原仁が国家公安委員会委員長・消費者及び食品安全担当大臣として初入閣した。この際、平野は一部報道で鳩山グループ所属と報じられたが、鳩山グループ事務局からメンバーではないとの見解が示された。政権公約を実現する会 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の歴史

    鳩山由紀夫内閣の歴史から見た平野博文平野博文

    民主党の政策である配偶者控除と扶養控除の廃止について、自民党の細田博之幹事長が「年間14万2000円の増税」とテレビ番組で指摘したことについて、平野博文民主党役員室長(のちに官房長官)は、「民主党が主張している配偶者控除と扶養控除の廃止は所得税のみであり、住民税は含んでいない」と反論し、誤解と偏見に満ちた批判を繰り返して国民に誤解を与えたことは極めて不当であると自民党を非難する抗議文を民主党のホームページに掲載した。鳩山由紀夫内閣の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の政策

    鳩山由紀夫内閣の政策から見た平野博文平野博文

    閣僚委員会及び政務三役会議は原則として非公開とされ、議事録も作成しないこととされた。このことについて内閣官房長官の平野博文は公開により「政治家同士の自由な意見交換が妨げられる」ことを理由に挙げている。閣議・閣僚懇談会についても歴代内閣同様に非公開としているが、閣議等での発言がこれまで以上に重要な意味を持つなか、政治主導の検証が困難になっているとの指摘もある。鳩山由紀夫内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年日本における口蹄疫の流行

    2010年日本における口蹄疫の流行から見た平野博文平野博文

    平野博文内閣官房長官と福島瑞穂内閣府特命担当大臣(消費者行政担当/当時)が宮崎県入りし、東国原知事と相次いで会談。東国原知事は平野官房長官との会談で、畜産農家の損失支援措置を求める要望書を手渡す。また東国原知事と福島特命大臣との会談では知事が風評被害対策を要請、これを受けて福島大臣も「人体に影響がないことを消費者に理解してもらうようにしたい」と応じた。2010年日本における口蹄疫の流行 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間基地移設問題

    普天間基地移設問題から見た平野博文平野博文

    11月13日に行われた日米首脳会談で鳩山首相はオバマ大統領に対し、" Trust me."(私を信じて)と語って2010年12月末までに移設問題の解決を約束し、「ハイレベル(閣僚級)のワーキンググループを設置」を提案した。しかし翌11月14日、オバマ大統領が「(ワーキンググループは)日米合意を履行するためのもの」とする会見を行ったところ、鳩山首相は「日米合意が前提ならワーキンググループを作る必要がない」として、日米合意に拘束されないと発言した。12月に開催されたワーキンググループ会合で社民党・国民新党の反発を恐れた鳩山側が翌年6月の参院選後の解決を伝達し、具体的な移設先の交渉は行われなかった。これらの鳩山の対応に米国政府の失望感は強く、日本側が日米首脳会談の開催を申し入れても、米国側は「立ち話程度なら」という消極的な態度を示した。日米関係の悪化を懸念する岡田克也外務大臣は問題の年内解決を主張すると、鳩山由紀夫総理大臣は「何でそんなことを言うんだ」と不快感を漏らし、12月10日、官房長官の平野博文は住民を基地から遠い場所に移動させる案を示すなど閣内不一致が表面化した。普天間基地移設問題 フレッシュアイペディアより)

  • モスクワ地下鉄爆破テロ (2010年)

    モスクワ地下鉄爆破テロ (2010年)から見た平野博文平野博文

    日本では平野官房長官が3月29日の記者会見で「テロだということであれば断じて許されない。強く非難しなければならない」と述べ、30日には鳩山首相がメドベージェフ大統領に哀悼の意のメッセージを送り、その中で「テロ行為による無差別殺人は断じて許されず、いかなる理由をもってしても正当化されるものではない」と語った。モスクワ地下鉄爆破テロ (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年消費税増税法案

    2012年消費税増税法案から見た平野博文平野博文

    網屋信介((比)九州)、荒井聰(北海道3)、五十嵐文彦(埼玉9)、池田元久(神奈川6)、石井登志郎(兵庫7)、石毛えい子((比)東京都)、石田勝之(埼玉2)、石津政雄(茨城2)、泉健太(京都3)、磯谷香代子((比)東海)、市村浩一郎(兵庫6)、井戸まさえ(兵庫1)、糸川正晃((比)北陸信越)、稲富修二(福岡2)、稲見哲男(大阪5)、今井雅人((比)東海)、打越あかし((比)九州)、生方幸夫(千葉6)、枝野幸男(埼玉5)、江端貴子(東京10)、大泉ひろこ(茨城6)、大串博志(佐賀2)、逢坂誠二(北海道8)、大島敦(埼玉6)、大谷信盛(大阪9)、大西健介(愛知13)、大西孝典((比)近畿)、大畠章宏(茨城5)、岡田克也(三重3)、岡田康裕(兵庫10)、緒方林太郎(福岡9)、岡本充功(愛知9)、小川淳也(香川1)、奥田建(石川1)、奥野総一郎(千葉9)、奥村展三(滋賀4)、小野塚勝俊(埼玉8)、小原舞((比)近畿)、海江田万里(東京1)、柿沼正明(群馬3)、勝又恒一郎((比)南関東)、加藤公一(東京20)、金森正((比)東海)、鹿野道彦(山形1)、神山洋介(神奈川17)、川口浩((比)北関東)、川口博(秋田2)、川越孝洋((比)九州)、川端達夫(滋賀1)、川村秀三郎(宮崎1)、菅直人(東京18)、城井崇(福岡10)、菊田真紀子(新潟4)、岸本周平(和歌山1)、北神圭朗(京都4)、吉良州司(大分1)、櫛渕万里(東京23)、楠田大蔵(福岡5)、沓掛哲男((比)北陸信越)、工藤仁美((比)北海道)、黒岩宇洋(新潟3)、桑原功((比)北関東)、玄葉光一郎(福島3)、郡和子(宮城1)、古賀一成((比)九州)、小平忠正(北海道10)、後藤斎(山梨3)、後藤祐一(神奈川16)、小宮山洋子(東京6)、小室寿明((比)中国)、小山展弘(静岡3)、近藤和也(石川3)、近藤昭一(愛知3)、近藤洋介(山形2)、斉木武志((比)東海)、斉藤進(静岡8)、齋藤勁((比)南関東)、坂口岳洋(山梨2)、阪口直人(和歌山2)、佐々木隆博(北海道6)、笹木竜三((比)北陸信越)、柴橋正直(岐阜1)、下条みつ(長野2)、城島光力(神奈川10)、白石洋一(愛媛3)、神風英男(埼玉4)、末松義規(東京19)、杉本かずみ(愛知10)、首藤信彦(神奈川7)、仙谷由人(徳島1)、園田康博(岐阜3)、高井崇志((比)中国)、高井美穂(徳島2)、高木義明(長崎1)、高野守((比)北関東)、高橋昭一(兵庫4)、高橋英行((比)四国)、高邑勉((比)中国)、高山智司(埼玉15)、滝実(奈良2)、竹田光明((比)東京都)、武正公一(埼玉1)、田島一成(滋賀2)、田嶋要(千葉1)、田中けいしゅう(神奈川5)、田中眞紀子(新潟5)、田中美絵子((比)北陸信越)、田名部匡代((比)東北)、玉木朝子((比)北関東)、玉木雄一郎(香川2)、田村謙治(静岡4)、樽床伸二(大阪12)、津川祥吾(静岡2)、津島恭一((比)東北)、辻元清美(大阪10)、筒井信隆(新潟6)、津村啓介(岡山2)、手塚仁雄(東京5)、寺田学(秋田1)、道休誠一郎((比)九州)、富岡芳忠((比)北関東)、中井洽(三重1)、永江孝子((比)四国)、長尾敬(大阪14)、中川正春(三重2)、長島昭久(東京21)、長島一由(神奈川4)、中塚一宏(神奈川12)、長妻昭(東京7)、中根康浩(愛知12)、中野寛成(大阪8)、中野譲(埼玉14)、仲野博子((比)北海道)、中林美恵子(神奈川1)、中屋大介((比)九州)、長安豊(大阪19)、中山義活(東京2)、仁木博文((比)四国)、西村智奈美(新潟1)、野木実((比)北関東)、野田国義((比)九州)、野田佳彦(千葉4)、橋本博明(広島3)、鉢呂吉雄(北海道4)、花咲宏基((比)中国)、浜本宏((比)近畿)、早川久美子((比)東京都)、伴野豊(愛知8)、樋口俊一((比)近畿)、平岡秀夫(山口2)、平野博文(大阪11)、藤井裕久((比)南関東)、藤田一枝(福岡3)、藤田大助((比)東海)、藤田憲彦(東京4)、藤村修(大阪7)、古川元久(愛知2)、古本伸一郎(愛知11)、細川律夫(埼玉3)、細野豪志(静岡5)、本多平直(埼玉12)、前原誠司(京都2)、牧野聖修(静岡1)、松岡広隆((比)近畿)、松崎公昭(千葉8)、松原仁(東京3)、松宮勲((比)北陸信越)、松本大輔(広島2)、松本剛明(兵庫11)、松本龍(福岡1)、馬淵澄夫(奈良1)、三日月大造(滋賀3)、三谷光男(広島5)、三井辨雄(北海道2)、皆吉稲生((比)九州)、三村和也((比)南関東)、宮島大典(長崎4)、向山好一(兵庫2)、村越祐民(千葉5)、室井秀子((比)近畿)、1](神奈川14)、森岡洋一郎(埼玉13)、森本和義(愛知15)、森本哲生(三重4)、森山浩行(大阪16)、矢崎公二(長野4)、谷田川元(千葉10)、山尾志桜里(愛知7)、山口和之((比)東北)、山口壯(兵庫12)、山崎誠((比)南関東)、山崎摩耶((比)北海道)、山田良司((比)東海)、山井和則(京都6)、山花郁夫(東京22)、山本剛正((比)九州)、柚木道義(岡山4)、湯原俊二((比)中国)、横光克彦(大分3)、吉川政重(奈良3)、吉田泉(福島5)、吉田おさむ(大阪4)、吉田公一((比)東京都)、吉田統彦((比)東海)、笠浩史(神奈川9)、若井康彦(千葉13)、若泉征三((比)北陸信越)、鷲尾英一郎(新潟2)、和嶋未希((比)東北)、和田隆志(広島7)、渡部恒三(福島4)、渡辺周(静岡6)2012年消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 消費税増税法案

    消費税増税法案から見た平野博文平野博文

    網屋信介((比)九州)、荒井聰(北海道3)、五十嵐文彦(埼玉9)、池田元久(神奈川6)、石井登志郎(兵庫7)、石毛えい子((比)東京都)、石田勝之(埼玉2)、石津政雄(茨城2)、泉健太(京都3)、磯谷香代子((比)東海)、市村浩一郎(兵庫6)、井戸まさえ(兵庫1)、糸川正晃((比)北陸信越)、稲富修二(福岡2)、稲見哲男(大阪5)、今井雅人((比)東海)、打越あかし((比)九州)、生方幸夫(千葉6)、枝野幸男(埼玉5)、江端貴子(東京10)、大泉ひろこ(茨城6)、大串博志(佐賀2)、逢坂誠二(北海道8)、大島敦(埼玉6)、大谷信盛(大阪9)、大西健介(愛知13)、大西孝典((比)近畿)、大畠章宏(茨城5)、岡田克也(三重3)、岡田康裕(兵庫10)、緒方林太郎(福岡9)、岡本充功(愛知9)、小川淳也(香川1)、奥田建(石川1)、奥野総一郎(千葉9)、奥村展三(滋賀4)、小野塚勝俊(埼玉8)、小原舞((比)近畿)、海江田万里(東京1)、柿沼正明(群馬3)、勝又恒一郎((比)南関東)、加藤公一(東京20)、金森正((比)東海)、鹿野道彦(山形1)、神山洋介(神奈川17)、川口浩((比)北関東)、川口博(秋田2)、川越孝洋((比)九州)、川端達夫(滋賀1)、川村秀三郎(宮崎1)、菅直人(東京18)、城井崇(福岡10)、菊田真紀子(新潟4)、岸本周平(和歌山1)、北神圭朗(京都4)、吉良州司(大分1)、櫛渕万里(東京23)、楠田大蔵(福岡5)、沓掛哲男((比)北陸信越)、工藤仁美((比)北海道)、黒岩宇洋(新潟3)、桑原功((比)北関東)、玄葉光一郎(福島3)、郡和子(宮城1)、古賀一成((比)九州)、小平忠正(北海道10)、後藤斎(山梨3)、後藤祐一(神奈川16)、小宮山洋子(東京6)、小室寿明((比)中国)、小山展弘(静岡3)、近藤和也(石川3)、近藤昭一(愛知3)、近藤洋介(山形2)、斉木武志((比)東海)、斉藤進(静岡8)、齋藤勁((比)南関東)、坂口岳洋(山梨2)、阪口直人(和歌山2)、佐々木隆博(北海道6)、笹木竜三((比)北陸信越)、柴橋正直(岐阜1)、下条みつ(長野2)、城島光力(神奈川10)、白石洋一(愛媛3)、神風英男(埼玉4)、末松義規(東京19)、杉本かずみ(愛知10)、首藤信彦(神奈川7)、仙谷由人(徳島1)、園田康博(岐阜3)、高井崇志((比)中国)、高井美穂(徳島2)、高木義明(長崎1)、高野守((比)北関東)、高橋昭一(兵庫4)、高橋英行((比)四国)、高邑勉((比)中国)、高山智司(埼玉15)、滝実(奈良2)、竹田光明((比)東京都)、武正公一(埼玉1)、田島一成(滋賀2)、田嶋要(千葉1)、田中けいしゅう(神奈川5)、田中眞紀子(新潟5)、田中美絵子((比)北陸信越)、田名部匡代((比)東北)、玉木朝子((比)北関東)、玉木雄一郎(香川2)、田村謙治(静岡4)、樽床伸二(大阪12)、津川祥吾(静岡2)、津島恭一((比)東北)、辻元清美(大阪10)、筒井信隆(新潟6)、津村啓介(岡山2)、手塚仁雄(東京5)、寺田学(秋田1)、道休誠一郎((比)九州)、富岡芳忠((比)北関東)、中井洽(三重1)、永江孝子((比)四国)、長尾敬(大阪14)、中川正春(三重2)、長島昭久(東京21)、長島一由(神奈川4)、中塚一宏(神奈川12)、長妻昭(東京7)、中根康浩(愛知12)、中野寛成(大阪8)、中野譲(埼玉14)、仲野博子((比)北海道)、中林美恵子(神奈川1)、中屋大介((比)九州)、長安豊(大阪19)、中山義活(東京2)、仁木博文((比)四国)、西村智奈美(新潟1)、野木実((比)北関東)、野田国義((比)九州)、野田佳彦(千葉4)、橋本博明(広島3)、鉢呂吉雄(北海道4)、花咲宏基((比)中国)、浜本宏((比)近畿)、早川久美子((比)東京都)、伴野豊(愛知8)、樋口俊一((比)近畿)、平岡秀夫(山口2)、平野博文(大阪11)、藤井裕久((比)南関東)、藤田一枝(福岡3)、藤田大助((比)東海)、藤田憲彦(東京4)、藤村修(大阪7)、古川元久(愛知2)、古本伸一郎(愛知11)、細川律夫(埼玉3)、細野豪志(静岡5)、本多平直(埼玉12)、前原誠司(京都2)、牧野聖修(静岡1)、松岡広隆((比)近畿)、松崎公昭(千葉8)、松原仁(東京3)、松宮勲((比)北陸信越)、松本大輔(広島2)、松本剛明(兵庫11)、松本龍(福岡1)、馬淵澄夫(奈良1)、三日月大造(滋賀3)、三谷光男(広島5)、三井辨雄(北海道2)、皆吉稲生((比)九州)、三村和也((比)南関東)、宮島大典(長崎4)、向山好一(兵庫2)、村越祐民(千葉5)、室井秀子((比)近畿)、本村賢太郎(神奈川14)、森岡洋一郎(埼玉13)、森本和義(愛知15)、森本哲生(三重4)、森山浩行(大阪16)、矢崎公二(長野4)、谷田川元(千葉10)、山尾志桜里(愛知7)、山口和之((比)東北)、山口壯(兵庫12)、山崎誠((比)南関東)、山崎摩耶((比)北海道)、山田良司((比)東海)、山井和則(京都6)、山花郁夫(東京22)、山本剛正((比)九州)、柚木道義(岡山4)、湯原俊二((比)中国)、横光克彦(大分3)、吉川政重(奈良3)、吉田泉(福島5)、吉田おさむ(大阪4)、吉田公一((比)東京都)、吉田統彦((比)東海)、笠浩史(神奈川9)、若井康彦(千葉13)、若泉征三((比)北陸信越)、鷲尾英一郎(新潟2)、和嶋未希((比)東北)、和田隆志(広島7)、渡部恒三(福島4)、渡辺周(静岡6)消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 記者会見オープン化

    記者会見オープン化から見た平野博文平野博文

    また、この「締め出し」は記者クラブだけではなく、既存メディアや平野博文官房長官の意向を汲んでいるとの指摘もある。記者会見オープン化 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「平野博文」のニューストピックワード