51件中 21 - 30件表示
  • 城島光力

    城島光力から見た平野博文平野博文

    2010年6月、菅直人執行部で党政策調査会長代理に就任(政策調査会長は玄葉光一郎)。翌2011年9月に発足した野田内閣では入閣も有力視されていたが、輿石東幹事長の下で幹事長代理に起用された。2012年1月、平野博文国会対策委員長の文部科学大臣就任に伴い、後任の民主党国会対策委員長に就任した。城島光力 フレッシュアイペディアより)

  • 照屋寛徳

    照屋寛徳から見た平野博文平野博文

    沖縄県名護市の市長選で米軍基地移設に反対する稲嶺進が当選したことを受けて、平野博文内閣官房長官が「民意を斟酌しなければならない理由はない」と発言したことに対して、照屋は「けしからんどころか、ぶん殴りたい。政治家としての感覚を疑う」と平野を激しく非難した。照屋寛徳 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た平野博文平野博文

    2011年9月、野田内閣で国土交通副大臣に就任。あわせて、拉致問題担当大臣を兼任する山岡賢次国家公安委員会委員長の要請により、拉致問題担当副大臣を兼任したが、自民党から反発を受けたため担当から外れた。2011年12月、雄志会(平野博文グループ)の結成に参加し、同会副会長に就任する。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 第174回国会

    第174回国会から見た平野博文平野博文

    28日 - 米軍普天間飛行場移設問題をめぐり、沖縄県名護市辺野古崎への移設に反対して政府方針に署名しないことを明言していた社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相を罷免、後任に平野博文内閣官房長官を兼務させる人事を臨時閣議で決定したことが発表される。第174回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 閣議

    閣議から見た平野博文平野博文

    閣議及び閣僚懇談会には、公式的な議事録はない。記録を残すと、外に出た場合、閣内不一致を指摘される恐れがあるからである。鳩山由紀夫内閣の官房長官・平野博文は2009年12月1日の記者会見で、「閣僚間の忌憚ない意見交換ができる場だから作成していない」、「かならず記者会見などを行うことで透明性は確保される」と理由を述べ、公式的な議事録は今後も作成する予定はないとしている。だが、内閣官房長官など閣議に関わる複数の役職を務めた後藤田正晴は、著書の中で、「閣議では事務担当の官房副長官が議事について、メモ(非公式議事録)を取る慣行になっていた」ことを明かしている。また、自身が官房副長官時代は自身がメモを取ることを嫌いだったため、同じく陪席していた吉國一郎内閣法制局長官に、「君がメモを取ればいい」(なお、後藤田は元内務官僚として吉國の先輩に当たる)と指示し、吉國がメモを取っていた。ちなみに、この法制局長官がメモを取る慣行が後藤田・吉國以降も続いたかは不明である。閣議 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東信久

    伊東信久から見た平野博文平野博文

    2012年12月16日に行われた、第46回衆院選に大阪11区から日本維新の会公認で出馬し、大物の前職で元官房長官の平野博文らを破り、当選。伊東信久 フレッシュアイペディアより)

  • 野田内閣 (第1次改造)

    野田内閣 (第1次改造)から見た平野博文平野博文

    改造による初入閣の国務大臣は、小川敏夫、田中直紀、松原仁の3名であり、再入閣の国務大臣は、岡田克也と平野博文の2名である。その他、閣僚12人が留任し、内閣改造での留任人数としては歴代最多記録となった。野田内閣 (第1次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜県立岐南工業高等学校

    岐阜県立岐南工業高等学校から見た平野博文平野博文

    2012年(平成24年) - キャリア教育優良学校として文部科学大臣より表彰を受ける。岐阜県立岐南工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 副総理

    副総理から見た平野博文平野博文

    2009年9月に発足した鳩山由紀夫内閣は、それまでの自公内閣の慣例を破って内閣官房長官に就任する平野博文を「内閣法9条に基づく臨時代理予定者順位」第2位とし、国務大臣(国家戦略担当)・内閣府特命担当大臣(経済財政政策)に就任する菅直人を同第1位に指定した。その上で政権側は菅を「副総理」と称し、マスコミ等がそれに追従した。このことにより「副総理」という呼称が、かつての意味以上の重みをもって復活することとなった。副総理 フレッシュアイペディアより)

  • 松野頼久

    松野頼久から見た平野博文平野博文

    民主党では鳩山由紀夫の最側近の1人であり、松野、平野博文、小沢鋭仁の3人は「鳩山由紀夫側近3人衆」と称された。尚、松野、小沢はいずれも民主党を離党し、日本維新の会に入党して第46回衆議院議員総選挙で比例復活(小沢は山梨県第1区で落選し、比例南関東ブロックで復活)。民主党に残留した平野は落選した(鳩山は不出馬により引退)。松野頼久 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「平野博文」のニューストピックワード