63件中 21 - 30件表示
  • 平野博文

    平野博文から見た内閣改造

    同年6月4日、野田佳彦内閣総理大臣により再度行われた内閣改造で発足した野田第2次改造内閣では文部科学大臣として留任した。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た徳之島

    官房長官としては、新政権が志向した官邸主導の政治体制のなかで、政権交代後の政府・与党が抱えるさまざまな諸問題に対応した。特に困難を極めた普天間飛行場移設問題を巡っては中心的役割を果たし、徳之島移転案の策定と推進に深く関与したとされる。政権への批判が強まるにつれて、党との調整や国会答弁を巡って批判を浴びることもあり、党内の一部からは、内閣改造による更迭を求める声が起きていたが、具体化することはなかった。本人は批判を浴びた折にも、「俺の屍を越えて行け」、「自らの進退は首相にあずけている」と発言していた。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た週刊文春

    週刊文春』によると、これまで歴代民主党代表は政権交代後もすべてのメディアに記者会見を開放することを公言していたにもかかわらず、官房長官に内定した平野は早々に既存の大手メディアの記者クラブと結託して、2009年9月16日の総理大臣鳩山由紀夫の就任記者会見を記者クラブと一部の雑誌・外国人特派員のみ参加を認めたが、フリーランスのジャーナリストやインターネットメディアの参加は一切認めずに排除したという。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た名護市

    普天間基地移設問題において、沖縄県民の負担の軽減策として、普天間飛行場のヘリコプターの機数削減やヘリ部隊の沖縄県外などへの移転を挙げたほか、「極端な話」と前置きした上で、普天間飛行場周辺の住民移転(事実上の強制移住)も挙げた。2010年1月の沖縄県名護市の市長選で米軍基地移設に反対する稲嶺進が当選したことを受けて、選挙の直後、平野は「民意を斟酌しなければならない理由はない」と発言した。これに対して、当時の民主党と連立を組んでいた社民党の照屋寛徳は、「けしからんどころか、ぶん殴りたい。政治家としての感覚を疑う」と平野を激しく非難した。1月26日の記者会見で「理解は求めなくてはいけないが、合意が取れないと物事を進められないものなのか。日本の安全保障にかかわってくる問題だ」と述べ、沖縄県民の同意の必要性はないとの認識を示した。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た普天間飛行場

    官房長官としては、新政権が志向した官邸主導の政治体制のなかで、政権交代後の政府・与党が抱えるさまざまな諸問題に対応した。特に困難を極めた普天間飛行場移設問題を巡っては中心的役割を果たし、徳之島移転案の策定と推進に深く関与したとされる。政権への批判が強まるにつれて、党との調整や国会答弁を巡って批判を浴びることもあり、党内の一部からは、内閣改造による更迭を求める声が起きていたが、具体化することはなかった。本人は批判を浴びた折にも、「俺の屍を越えて行け」、「自らの進退は首相にあずけている」と発言していた。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た記者クラブ

    『週刊文春』によると、これまで歴代民主党代表は政権交代後もすべてのメディアに記者会見を開放することを公言していたにもかかわらず、官房長官に内定した平野は早々に既存の大手メディアの記者クラブと結託して、2009年9月16日の総理大臣鳩山由紀夫の就任記者会見を記者クラブと一部の雑誌・外国人特派員のみ参加を認めたが、フリーランスのジャーナリストやインターネットメディアの参加は一切認めずに排除したという。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た中央大学

    和歌山県伊都郡かつらぎ町出身。和歌山県立笠田高等学校、中央大学理工学部電気工学科(現・電気電子情報通信工学科)卒業後、松下電器産業(現・パナソニック)入社。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た2009年

    2009年5月、党総務委員長代理(役員室担当)に就任し、代表の鳩山由紀夫を支えた。同年8月30日の第45回衆議院議員総選挙では井脇ノブ子をダブルスコアで下し、5選を決めた。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た衆議院

    衆議院議員(5期)、内閣官房長官(第77代)、衆議院安全保障委員長、民主党国会対策委員長(第16代)、文部科学大臣(第16代)、衆議院国土交通委員長などを歴任した。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た安全保障委員会

    衆議院議員(5期)、内閣官房長官(第77代)、衆議院安全保障委員長、民主党国会対策委員長(第16代)、文部科学大臣(第16代)、衆議院国土交通委員長などを歴任した。平野博文 フレッシュアイペディアより)

63件中 21 - 30件表示

「平野博文」のニューストピックワード