63件中 31 - 40件表示
  • 平野博文

    平野博文から見た雄志会

    平野 博文(ひらの ひろふみ、1949年3月19日 - )は、日本の政治家。民主党大阪府総支部連合会常任顧問、雄志会会長(初代)。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た内閣官房長官

    衆議院議員(5期)、内閣官房長官(第77代)、衆議院安全保障委員長、民主党国会対策委員長(第16代)、文部科学大臣(第16代)、衆議院国土交通委員長などを歴任した。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た堀江メール問題

    鳩山由紀夫内閣発足にともない内閣官房長官に就任した。当初は菅直人の就任が有力視されたポストだが、鳩山の最側近であることに加え、堀江メール問題や党衆議院議員前田雄吉のマルチ商法業界との癒着問題など、党を揺るがす事件で収拾に手腕を発揮、危機を救ったことで危機管理のエキスパートとして評価を高めていたことが就任につながった。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た日本社会党

    日本社会党の中村正男衆議院議員の秘書を経て、1996年第41回衆議院議員総選挙に電機労連の支持を背景に無所属で初当選。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た第22回参議院議員通常選挙

    退任後一時的に表立った活動を控えていたが、7月の第22回参議院議員通常選挙で参院の与党の議席数が過半数を割る敗北を喫したため、徐々に菅ら執行部への批判を強め、9月の民主党代表選挙への小沢一郎擁立に向けて活発に動いた。当初は菅支持を示唆していた鳩山が小沢と連携するきっかけとなった8月24日の両者会談も平野が仲介したとされる。9月1日の小沢の代表選出馬決起集会ではスピーチを行った。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た理工学部

    和歌山県伊都郡かつらぎ町出身。和歌山県立笠田高等学校、中央大学理工学部電気工学科(現・電気電子情報通信工学科)卒業後、松下電器産業(現・パナソニック)入社。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た首相補佐官

    枝野幸男の首相補佐官人事が棚上げになっていることに関して、平野が嫉妬しているからではという報道がなされた(2月に枝野は行政刷新担当大臣に起用された)。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た第41回衆議院議員総選挙

    日本社会党の中村正男衆議院議員の秘書を経て、1996年第41回衆議院議員総選挙に電機労連の支持を背景に無所属で初当選。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た政権公約を実現する会

    2012年1月13日、野田第1次改造内閣の文部科学大臣に就任する。なお、野田改造内閣発足にともない、マスコミ各社は新閣僚名簿を報じたが、一部のマスコミは平野が鳩山グループに所属していると報じた。これに対し、所謂「鳩山グループ」と通称される「政権公約を実現する会」の事務局では、マスコミ各社に対して「平野氏は鳩山グループではない」と訂正を申し入れる騒動となった。産業経済新聞社では「民主党は議員が複数のグループに所属する傾向があり、こうした混乱を招いたようだ」などと釈明している。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た日本における外国人参政権

    外国人参政権問題については、地方自治体での決議で外国人参政権付与に反対の決議が多数出されるなか、「自治体のみなさんの決議・意見は承知していないが、そのことと、この問題とは根本的に違う問題だ」、「地方自治体の問題ではなく、わが国に住んでいる住民の権利としてどうなのかという概念だ」と主張し、政権公約に掲げられている「地方主権」とは別問題であるとの見解をしめしている。平野博文 フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「平野博文」のニューストピックワード