88件中 61 - 70件表示
  • 平野博文

    平野博文から見た日本

    平野 博文(ひらの ひろふみ、1949年3月19日 - )は、日本の政治家。院内会派「無所属の会」所属の衆議院議員(7期)、民進党国会対策委員長(第4代)。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た刺客

    2014年の第47回衆議院議員総選挙に民主党公認で大阪11区から出馬。前回敗れた維新の党の伊東信久の得票数は上回ったものの、平野自身への刺客を目的として同じ大阪11区に鞍替えし、参議院議員を辞職して立候補した佐藤ゆかりに敗れ、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活。2年ぶりに国政に復帰した。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た比例復活

    2012年10月1日、野田第3次改造内閣の発足に伴い、文科相を退任し、衆議院国土交通委員長に就任。同年の第46回衆議院議員総選挙では、大阪11区で日本維新の会の伊東信久に敗れ、初当選以来守り続けてきた議席を失い、比例復活もできず落選した。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た和歌山県立笠田高等学校

    和歌山県伊都郡かつらぎ町生まれ。かつらぎ町立妙寺中学校、和歌山県立笠田高等学校、中央大学理工学部電気工学科卒業。1971年、大学を卒業し、松下電器産業(現パナソニック)に入社。1983年より日本社会党の中村正男衆議院議員の秘書を務める。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た会期延長

    2011年8月、党代表に選出された野田佳彦の下で民主党国会対策委員長に起用される。同年9月7日、与野党国対委員長会談の席で「今の内閣は不完全な状態で、十分な国会答弁ができない」と発言し、野党の反発を受けた。また9月16日には、第178回国会の会期延長をめぐって民主党内が混乱し、松本剛明・加藤公一両国会対策委員長代理、松野頼久国対副委員長の3人が辞表を提出した(のちに撤回)。2012年1月13日、野田第1次改造内閣で文部科学大臣に任命された。平野の入閣に際し、一部のマスコミは平野が鳩山グループ(政権公約を実現する会)に所属していると報じたが、鳩山グループ事務局はこの報道に対し「平野氏は鳩山グループではない」と訂正を申し入れた。1月28日、入閣に伴い大阪府連代表を辞任し、常任顧問に就任した。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た村山内閣総理大臣談話「戦後50周年の終戦記念日にあたって」

    村山談話の見直しに反対。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た罷免

    2010年5月28日、普天間基地移設問題に関して辺野古への移設に反対し、閣議決定への署名を拒否した福島瑞穂内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全・男女共同参画・少子化対策)が罷免された際は事務代理を兼任し、6月4日の内閣総辞職まで務めた。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た憲法改正論議

    日本国憲法の改正に賛成であり、日本国憲法第9条の改正にも賛成している。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た日本国憲法

    日本国憲法の改正に賛成であり、日本国憲法第9条の改正にも賛成している。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た大阪府第11区

    1996年の第41回衆議院議員総選挙に大阪11区から無所属で出馬し、初当選した。1998年、民主党結党に参加。党務では副幹事長、国会対策委員長代理、幹事長代理等を務める。2003年、民主党大阪府連代表に就任。2005年、堀江メール問題が発覚した際も民主党幹事長代理を務めており、事態の収拾に尽力した。平野博文 フレッシュアイペディアより)

88件中 61 - 70件表示

「平野博文」のニューストピックワード